聖典
エペソ人への手紙5

第5章

1 こうして、あなたがたは、かみあいされている子供こどもとして、かみにならうものになりなさい。

2 またあいのうちをあるきなさい。キリストもあなたがたをあいしてくださって、わたしたちのために、ご自身じしんを、かみへのかんばしいかおりのささげもの、また、いけにえとしてささげられたのである。

3 また、不品行ふひんこうといろいろなけがれや貪欲どんよくなどを、聖徒せいとにふさわしく、あなたがたのあいだでは、くちにすることさえしてはならない。

4 また、いやしい言葉ことばおろかなはなしやみだらな冗談じょうだんけなさい。これらは、よろしくないことである。それよりは、むしろ感謝かんしゃをささげなさい。

5 あなたがたは、よくっておかねばならない。すべて不品行ふひんこうものけがれたことをするもの貪欲どんよくもの、すなわち、偶像ぐうぞう礼拝れいはいするものは、キリストとかみとのくにをつぐことができない。

6 あなたがたは、だれにも不誠実ふせいじつ言葉ことばでだまされてはいけない。これらのことから、かみいかりは従順じゅうじゅんらにくだるのである。

7 だから、かれらの仲間なかまになってはいけない。

8 あなたがたは、以前いぜんはやみであったが、いましゅにあってひかりとなっている。ひかりらしくあるきなさい——

9 ひかりはあらゆる善意ぜんい正義せいぎ真実しんじつとのむすばせるものである——

10 しゅよろこばれるものがなんであるかを、わきまえりなさい。

11 むすばないやみのわざにくわわらないで、むしろ、それを指摘してきしてやりなさい。

12 かれらがかくれておこなっていることは、くちにするだけでもずかしいことである。

13 しかし、ひかりにさらされるとき、すべてのものは、あきらかになる。

14 あきらかにされたものはみなひかりとなるのである。だから、こういてある、「ねむっているものよ、きなさい。死人しにんのなかから、がりなさい。そうすれば、キリストがあなたをてらすであろう」。

15 そこで、あなたがたのあるきかたによく注意ちゅういして、かしこくないもののようにではなく、かしこもののようにあるき、

16 いまときかしてもちいなさい。いまわる時代じだいなのである。

17 だから、おろかなものにならないで、しゅ御旨みむねがなんであるかをさとりなさい。

18 さけってはいけない。それは乱行らんぎょうのもとである。むしろ御霊みたまたされて、

19 とさんびとれいうたとをもってかたい、しゅにむかってこころからさんびのうたをうたいなさい。

20 そしてすべてのことにつき、いつも、わたしたちのしゅイエス・キリストの御名みなによって、ちちなるかみ感謝かんしゃし、

21 キリストにたいするおそれのこころをもって、たがいつかうべきである。

22 つまたるものよ。しゅつかえるように自分じぶんおっとつかえなさい。

23 キリストが教会きょうかいのかしらであって、みずからは、からだなる教会きょうかい救主すくいぬしであられるように、おっとつまのかしらである。

24 そして教会きょうかいがキリストにつかえるように、つまもすべてのことにおいて、おっとつかえるべきである。

25 おっとたるものよ。キリストが教会きょうかいあいしてそのためにご自身じしんをささげられたように、つまあいしなさい。

26 キリストがそうなさったのは、みずあらうことにより、言葉ことばによって、教会きょうかいをきよめてせいなるものとするためであり、

27 また、しみも、しわも、そのたぐいのものがいっさいなく、きよくてきずのない栄光えいこう姿すがた教会きょうかいを、ご自分じぶんむかえるためである。

28 それとおなじく、おっと自分じぶんつまを、自分じぶんのからだのようにあいさねばならない。自分じぶんつまあいするものは、自分じぶん自身じしんあいするのである。

29 自分じぶん自身じしんにくんだものは、いまだかつて、ひとりもいない。かえって、キリストが教会きょうかいになさったようにして、おのれをそだやしなうのがつねである。

30 わたしたちは、キリストのからだの肢体したいなのである。

31 「それゆえに、ひと父母ふぼはなれてそのつまむすばれ、ふたりのもの一体いったいとなるべきである」。

32 この奥義おくぎおおきい。それは、キリストと教会きょうかいとをさしている。

33 いずれにしても、あなたがたは、それぞれ、自分じぶんつま自分じぶん自身じしんのようにあいしなさい。つまもまたおっとうやまいなさい。