聖典
エペソ人への手紙4
戻る 次へ

第4章

1 さて、しゅにある囚人しゅうじんであるわたしは、あなたがたにすすめる。あなたがたがされたそのしにふさわしくあるき、

2 できるかぎ謙虚けんきょで、かつ柔和にゅうわであり、寛容かんようしめし、あいをもってたがいしのびあい、

3 平和へいわのきずなでむすばれて、聖霊せいれいによる一致いっちまもつづけるようにつとめなさい。

4 からだは一つ、御霊みたまも一つである。あなたがたがされたのは、一つののぞみをざしてされたのと同様どうようである。

5 しゅは一つ、信仰しんこうは一つ、バプテスマは一つ。

6 すべてのもののうえにあり、すべてのものをつらぬき、すべてのもののうちにいます、すべてのもののちちなるかみは一つである。

7 しかし、キリストからたまわる賜物たまもののはかりにしたがって、わたしたちひとりびとりに、めぐみがあたえられている。

8 そこで、こうわれている、「かれたかいところにのぼったとき、とりこをとらえてき、人々ひとびと賜物たまものあたえた」。

9 さて「のぼった」と以上いじょう、また地下ちかひくそこにもりてこられたわけではないか。

10 りてこられたもの自身じしんは、同時どうじに、あらゆるものにちるために、もろもろのてんうえにまでのぼられたかたなのである。

11 そしてかれは、あるひと使徒しととし、あるひと預言者よげんしゃとし、あるひと伝道者でんどうしゃとし、あるひと牧師ぼくし教師きょうしとして、おてになった。

12 それは、聖徒せいとたちをととのえて奉仕ほうしのわざをさせ、キリストのからだをてさせ、

13 わたしたちすべてのものが、かみしんじる信仰しんこう一致いっちかれ知識ちしき一致いっちとに到達とうたつし、まったひととなり、ついに、キリストのちみちたとくたかさにまでいたるためである。

14 こうして、わたしたちはもはや子供こどもではないので、だましまどわす策略さくりゃくにより、人々ひとびと悪巧わるだくみによっておこ様々さまざまおしえかぜきまわされたり、もてあそばれたりすることがなく、

15 あいにあって真理しんりかたり、あらゆるてんにおいて成長せいちょうし、かしらなるキリストにたっするのである。

16 また、キリストをもといとして、全身ぜんしんはすべての節々ふしぶしたすけにより、しっかりとわされむすわされ、それぞれの部分ぶぶんぶんおうじてはたらき、からだを成長せいちょうさせ、あいのうちにそだてられていくのである。

17 そこで、わたしはしゅにあっておごそかにすすめる。あなたがたは今後こんご異邦人いほうじんがむなしいこころあるいているようにあるいてはならない。

18 かれらの知力ちりょくくらくなり、そのうちなる無知むちこころ硬化こうかとにより、かみのいのちからとおはなれ、

19 みずか無感覚むかんかくになって、ほしいままにあらゆる不潔ふけつおこないをして、放縦ほうじゅうをゆだねている。

20 しかしあなたがたは、そのようにキリストにまなんだのではなかった。

21 あなたがたはたしかにかれき、かれにあっておしえられて、イエスにある真理しんりをそのまままなんだはずである。

22 すなわち、あなたがたは、以前いぜん生活せいかつぞくする、情欲じょうよくまよってほろふるひとて、

23 こころふかみまであらたにされて、

24 しんせいとをそなえたかみにかたどってつくられたあたらしきひとるべきである。

25 こういうわけだから、あなたがたはいつわりをてて、おのおのとなひとたいして、真実しんじつかたりなさい。わたしたちは、おたがい肢体したいなのであるから。

26 いかることがあっても、つみおかしてはならない。いきどおったままで、れるようであってはならない。

27 また、悪魔あくま機会きかいあたえてはいけない。

28 ぬすんだものは、今後こんごぬすんではならない。むしろ、まずしい人々ひとびとあたえるようになるために、自分じぶん正当せいとうはたらきをしなさい。

29 わる言葉ことばをいっさい、あなたがたのくちからしてはいけない。必要ひつようがあれば、ひととくたかめるのに役立やくだつような言葉ことばかたって、いているものえきになるようにしなさい。

30 かみ聖霊せいれいかなしませてはいけない。あなたがたは、あがないののために、聖霊せいれい証印しょういんけたのである。

31 すべての無慈悲むじひいきどおり、いかり、さわぎ、そしり、また、いっさいの悪意あくいりなさい。

32 たがい情深なさけぶかく、あわれみぶかものとなり、かみがキリストにあってあなたがたをゆるしてくださったように、あなたがたもたがいにゆるしいなさい。