エペソ人への手紙2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 さてあなたがたは、さきには自分じぶん罪過ざいかつみとによってんでいたものであって、

    2 かつてはそれらのなかで、こののならわしにしたがい、空中くうちゅうけんをもつきみ、すなわち、従順じゅうじゅんらのなかいまはたらいているれいしたがって、あるいていたのである。

    3 また、わたしたちもみな、かつてはかれらのなかにいて、にくよくしたがってごし、にくとそのおもいとのほっするままをおこない、ほかの人々ひとびとおなじく、うまれながらのいかりのであった。

    4 しかるに、あわれみにかみは、わたしたちをあいしてくださったそのおおきなあいをもって、

    5 罪過ざいかによってんでいたわたしたちを、キリストとともかし——あなたがたのすくわれたのは、めぐみによるのである——

    6 キリスト・イエスにあって、ともによみがえらせ、とも天上てんじょうにつかせてくださったのである。

    7 それは、キリスト・イエスにあってわたしたちにたまわった慈愛じあいによるかみめぐみの絶大ぜつだいとみを、きたるべき世々よよしめすためであった。

    8 あなたがたのすくわれたのは、じつに、めぐみにより、信仰しんこうによるのである。それは、あなたがた自身じしんからたものではなく、かみ賜物たまものである。

    9 けっしておこないによるのではない。それは、だれもほこることがないためなのである。

    10 わたしたちはかみ作品さくひんであって、おこないをするように、キリスト・イエスにあってつくられたのである。かみは、わたしたちが、おこないをしてごすようにと、あらかじめそなえてくださったのである。

    11 だから、記憶きおくしておきなさい。あなたがたは以前いぜんには、にくによれば異邦人いほうじんであって、おこなったにく割礼かつれいあるものしょうせられる人々ひとびとからは、割礼かつれいものばれており、

    12 またその当時とうじは、キリストをらず、イスラエルの国籍こくせきがなく、約束やくそくされたいろいろの契約けいやくえんがなく、このなか希望きぼうもなくかみもないものであった。

    13 ところが、あなたがたは、このように以前いぜんとおはなれていたが、いまではキリスト・イエスにあって、キリストのによってちかいものとなったのである。

    14 キリストはわたしたちの平和へいわであって、二つのものを一つにし、敵意てきいというへだての中垣なかがきのぞき、ご自分じぶんにくによって、

    15 数々かずかず規定きていからっているいましめの律法りっぽう廃棄はいきしたのである。それは、かれにあって、二つのものをひとりのあたらしいひとつくりかえて平和へいわをきたらせ、

    16 十字架じゅうじかによって、二つのものを一つのからだとしてかみ和解わかいさせ、敵意てきい十字架じゅうじかにかけてほろぼしてしまったのである。

    17 それからかれは、こられたうえで、とおはなれているあなたがたに平和へいわつたえ、またちかくにいるものたちにも平和へいわつたえられたのである。

    18 というのは、かれによって、わたしたち両方りょうほうものが一つの御霊みたまなかにあって、ちちのみもとにちかづくことができるからである。

    19 そこであなたがたは、もはや異国人いこくじんでも宿やどびとでもなく、聖徒せいとたちとおな国籍こくせきものであり、かみ家族かぞくなのである。

    20 またあなたがたは、使徒しとたちや預言者よげんしゃたちという土台どだいうえてられたものであって、キリスト・イエスご自身じしんすみのかしらいしである。

    21 このキリストにあって、建物たてもの全体ぜんたいわされ、しゅにあるせいなるみや成長せいちょうし、

    22 そしてあなたがたも、しゅにあってともてられて、れいなるかみのすまいとなるのである。