テモテヘの第一の手紙6
戻る 次へ

第6章

1 くびきのしたにある奴隷どれいはすべて、自分じぶん主人しゅじんを、しん尊敬そんけいすべきものとしてあおぐべきである。それは、かみ御名みなおしえとが、そしりをけないためである。

2 信者しんじゃである主人しゅじんっているものたちは、その主人しゅじん兄弟きょうだいであるというので軽視けいししてはならない。むしろ、ますますはげんでつかえるべきである。そのえきける主人しゅじんは、信者しんじゃでありあいされているひとだからである。あなたは、これらのことおしえかつすすめなさい。

3 もしちがったことをおしえて、わたしたちのしゅイエス・キリストの健全けんぜん言葉ことば、ならびに信心しんじんにかなうおしえ同意どういしないようなものがあれば、

4 かれ高慢こうまんであって、なにらず、ただ論議ろんぎ言葉ことばあらそいとにやまいみついているものである。そこから、ねたみ、あらそい、そしり、さいぎのこころしょうじ、

5 また知性ちせいくさって、真理しんりにそむき、信心しんじん利得りとくこころものどものあいだに、はてしのないいがみいがおこるのである。

6 しかし、信心しんじんがあってることをるのは、おおきな利得りとくである。

7 わたしたちは、なにひとつたないでこのにきた。また、なにひとつたないでこのってく。

8 ただ衣食いしょくがあれば、それでれりとすべきである。

9 むことをねがもとめるものは、誘惑ゆうわくと、わなとにおちいり、また、ひとほろびと破壊はかいとにしずませる、無分別むふんべつおそろしいさまざまの情欲じょうよくおちいるのである。

10 金銭きんせんあいすることは、すべてのあくである。ある人々ひとびとよくばって金銭きんせんもとめたため、信仰しんこうからまよて、おおくの苦痛くつうをもって自分じぶん自身じしんしとおした。

11 しかし、かみひとよ。あなたはこれらのことけなさい。そして、信心しんじん信仰しんこうあい忍耐にんたい柔和にゅうわとをもとめなさい。

12 信仰しんこうたたかいをりっぱにたたかいぬいて、永遠えいえんのいのちを獲得かくとくしなさい。あなたは、そのためにされ、おおくの証人しょうにんまえで、りっぱなあかしをしたのである。

13 わたしはすべてのものをかしてくださるかみのみまえと、またポンテオ・ピラトの面前めんぜんでりっぱなあかしをなさったキリスト・イエスのみまえで、あなたにめいじる。

14 わたしたちのしゅイエス・キリストの出現しゅつげんまで、そのいましめをけがすことがなく、また、それを非難ひなんのないようにまもりなさい。

15 ときがくれば、祝福しゅくふくちた、ただひとりのちからあるかた、もろもろのおうおう、もろもろのしゅしゅが、キリストを出現しゅつげんさせてくださるであろう。

16 かみはただひとりたもち、ちかづきがたいひかりなかみ、人間にんげんなかでだれもものがなく、ることもできないかたである。ほまれと永遠えいえん支配しはいとが、かみにあるように、アァメン。

17 このんでいるものたちに、めいじなさい。高慢こうまんにならず、たよりにならないとみのぞみをおかず、むしろ、わたしたちにすべてのものゆたかにそなえてたのしませてくださるかみに、のぞみをおくように、

18 また、おこないをし、いわざにとみみ、しみなくほどこし、ひとあたえることをよろこび、

19 こうして、しんのいのちをるために、未来みらいそなえてよい土台どだい自分じぶんのためにきずげるように、めいじなさい。

20 テモテよ。あなたにゆだねられていることをまもりなさい。そして、俗悪ぞくあくなむだはなしと、いつわりの「知識ちしき」による反対はんたいろんとをけなさい。

21 ある人々ひとびとはそれに熱中ねっちゅうして、信仰しんこうからそれてしまったのである。めぐみが、あなたがたとともにあるように。