テモテヘの第一の手紙5
戻る 次へ

第5章

1 老人ろうじんをとがめてはいけない。むしろ父親ちちおやたいするように、はなしてあげなさい。わかおとこには兄弟きょうだいたいするように、

2 としとったおんなには母親ははおやたいするように、わかおんなには、しん純潔じゅんけつおもいをもって、姉妹しまいたいするように、勧告かんこくしなさい。

3 やもめについては、しんにたよりのないやもめたちを、よくしてあげなさい。

4 やもめにまごかがある場合ばあいには、これらのものに、まず自分じぶんいえ孝養こうようをつくし、おやおんむくいることをまなばせるべきである。それが、かみのみこころにかなうことなのである。

5 しんにたよりのない、ひとりぐらしのやもめは、のぞみをかみにおいて、日夜にちや、たえずねがいといのりとに専心せんしんするが、

6 これにはんして、みだらな生活せいかつをしているやもめは、けるしかばねにすぎない。

7 これらのことをめいじて、彼女かのじょたちを非難ひなんのないものとしなさい。

8 もしあるひとが、その親族しんぞくを、ことに自分じぶん家族かぞくをかえりみない場合ばあいには、その信仰しんこうてたことになるのであって、不信者ふしんじゃ以上いじょうにわるい。

9 やもめとして登録とうろくさるべきものは、六十さい以下いかのものではなくて、ひとりのおっとつまであったもの

10 また子女しじょをよく養育よういくし、旅人たびびとをもてなし、聖徒せいとあしあらい、こまっているひとたすけ、種々しゅじゅ善行ぜんこうつとめるなど、そのよいわざでひろくみとめられているものでなければならない。

11 わかいやもめはじょがいすべきである。彼女かのじょたちがキリストにそむいてままになると、結婚けっこんをしたがるようになり、

12 はじめのちかいを無視むししたという非難ひなんけねばならないからである。

13 そのうえ彼女かのじょたちはなまけていて、家々いえいえあそあるくことをおぼえ、なまけるばかりか、むだごとをしゃべって、いたずらにうごきまわり、くちにしてはならないことをう。

14 そういうわけだから、わかいやもめは結婚けっこんしてみ、いえをおさめ、そして、反対者はんたいしゃにそしられるすきをつくらないようにしてほしい。

15 彼女かのじょたちのうちには、サタンのあとをってみちみはずしたものもある。

16 おんな信者しんじゃいえにやもめをっている場合ばあいには、自分じぶんでそのやもめの世話せわをしてあげなさい。教会きょうかいのやっかいになってはいけない。教会きょうかいは、しんにたよりのないやもめの世話せわをしなければならない。

17 よい指導しどうをしている長老ちょうろうとく宣教せんきょうおしえとのためにろうしている長老ちょうろうは、二ばい尊敬そんけいけるにふさわしいものである。

18 聖書せいしょは、「穀物こくもつをこなしているうしに、くつこをかけてはならない」また「はたらびとがその報酬ほうしゅうけるのは当然とうぜんである」とっている。

19 長老ちょうろうたいする訴訟そしょうは、ふたりか三にん証人しょうにんがない場合ばあいには、受理じゅりしてはならない。

20 つみおかしたものたいしては、ほかの人々ひとびとおそれをいだくにいたるために、すべてのひとまえでそのつみをとがむべきである。

21 わたしは、かみとキリスト・イエスとえらばれた御使みつかいたちとのまえで、おごそかにあなたにめいじる。これらのことを偏見へんけんなしにまもり、何事なにごとについても、公平こうへい仕方しかたをしてはならない。

22 軽々かるがるしくひとをおいてはならない。また、ほかのひとつみくわわってはいけない。自分じぶんをきよくまもりなさい。

23 (これからは、みずばかりをまないで、のため、また、たびたびのいたみをやわらげるために、少量しょうりょうのぶどうしゅもちいなさい。)

24 あるひとつみ明白めいはくであって、すぐ裁判さいばんにかけられるが、ほかのひとつみは、あとになってわかってる。

25 それとおなじく、いわざもすぐあきらかになり、そうならない場合ばあいでも、かくれていることはありない。