聖典
テモテヘの第一の手紙4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 しかし、御霊みたまあきらかにげてう。のちときになると、ある人々ひとびとは、まどわすれい悪霊あくりょうおしえとにをとられて、信仰しんこうからはなるであろう。

2 それは、良心りょうしんいんをおされているいつわもの偽善ぎぜんのしわざである。

3 これらのいつわものどもは、結婚けっこんきんじたり、食物しょくもつつことをめいじたりする。しかし食物しょくもつは、信仰しんこうがあり真理しんりみとめるものが、感謝かんしゃしてけるようにと、かみつくられたものである。

4 かみつくられたものは、みないものであって、感謝かんしゃしてけるなら、なにひとつてるべきものはない。

5 それらは、かみことばいのりとによって、きよめられるからである。

6 これらのことを兄弟きょうだいたちにおしえるなら、あなたは、信仰しんこう言葉ことばとあなたのしたがってきたおしえ言葉ことばとにやしなわれて、キリスト・イエスのよい奉仕者ほうししゃになるであろう。

7 しかし、俗悪ぞくあくにもつかないつくばなしけなさい。信心しんじんのために自分じぶん訓練くんれんしなさい。

8 からだの訓練くんれんすこしはえきするところがあるが、信心しんじんは、いまのいのちとのちのいのちとが約束やくそくされてあるので、万事ばんじえきとなる。

9 これは確実かくじつで、そのままけいれるに言葉ことばである。

10 わたしたちは、このためにろうくるしんでいる。それは、すべてのひと救主すくいぬしとくしんじるものたちの救主すくいぬしなるけるかみに、のぞみをいてきたからである。

11 これらのことめいじ、またおしえなさい。

12 あなたは、としわかいためにひとかろんじられてはならない。むしろ、言葉ことばにも、行状ぎょうじょうにも、あいにも、信仰しんこうにも、純潔じゅんけつにも、信者しんじゃ模範もはんになりなさい。

13 わたしがそちらにときまで、聖書せいしょ朗読ろうどくすることと、すすめをすることと、おしえることとにこころもちいなさい。

14 長老ちょうろう按手あんしゅけたとき預言よげんによってあなたにあたえられてうちっているめぐみの賜物たまものを、軽視けいししてはならない。

15 すべてのことにあなたの進歩しんぽがあらわれるため、これらのこと実行じっこうし、それをはげみなさい。

16 自分じぶんのこととおしえのこととにをつけ、それらをつねつとめなさい。そうすれば、あなたは、自分じぶん自身じしんとあなたのおしえものたちとを、すくうことになる。