聖典
テモテヘの第一の手紙3
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第3章

1 「もしひと監督かんとくしょくのぞむなら、それは仕事しごとねがうことである」とはただしい言葉ことばである。

2 さて、監督かんとくは、非難ひなんのないひとで、ひとりのつまおっとであり、みずからをせいし、つつしぶかく、礼儀れいぎただしく、旅人たびびとをもてなし、よくおしえることができ、

3 さけこのまず、乱暴らんぼうでなく、寛容かんようであって、ひとあらそわず、かね淡泊たんぱくで、

4 自分じぶんいえをよくおさめ、謹厳きんげんであって、子供こどもたちを従順じゅうじゅんものそだてているひとでなければならない。

5 自分じぶんいえおさめることも心得こころえていないひとが、どうしてかみ教会きょうかいあづかることができようか。

6 かれはまた、信者しんじゃになってあいだもないものであってはならない。そうであると、高慢こうまんになって、悪魔あくまおな審判しんぱんけるかもれない。

7 さらにまた、教会外きょうかいがい人々ひとびとにもよくおもわれているひとでなければならない。そうでないと、そしりをけ、悪魔あくまのわなにかかるであろう。

8 それと同様どうように、執事しつじ謹厳きんげんであって、二枚舌にまいじた使つかわず、大酒おおざけまず、をむさぼらず、

9 きよい良心りょうしんをもって、信仰しんこう奥義おくぎたもっていなければならない。

10 かれらはまず調しらべられて、不都合ふつごうなことがなかったなら、それから執事しつじしょくにつかすべきである。

11 おんなたちも、同様どうよう謹厳きんげんで、他人たにんをそしらず、みずからをせいし、すべてのことに忠実ちゅうじつでなければならない。

12 執事しつじはひとりのつまおっとであって、子供こども自分じぶんいえとをよくおさめるものでなければならない。

13 執事しつじしょくをよくつとめたものは、地位ちい、さらにキリスト・イエスをしんじる信仰しんこうによる、おおいなる確信かくしんるであろう。

14 わたしは、あなたのところにすぐきたいとのぞみながら、この手紙てがみいている。

15 万一まんいちわたしが遅れる場合ばあいには、かみいえでいかに生活せいかつすべきかを、あなたにってもらいたいからである。かみいえというのは、けるかみ教会きょうかいのことであって、それは真理しんりはしら真理しんり基礎きそなのである。

16 たしかに偉大いだいなのは、この信心しんじん奥義おくぎである、「キリストはにくにおいてあらわれ、れいにおいてとせられ、御使みつかいたちにられ、しょ国民こくみんあいだつたえられ、世界せかいなかしんじられ、栄光えいこうのうちにてんげられた」。