テモテヘの第一の手紙2
    脚注
    Theme

    第2章

    1 そこで、まずだい一にすすめる。すべてのひとのために、おうたちとうえっているすべての人々ひとびとのために、ねがいと、いのりと、とりなしと、感謝かんしゃとをささげなさい。

    2 それはわたしたちが、やすらかでしずかな一生いっしょうを、しん信心しんじんぶかくまた謹厳きんげんごすためである。

    3 これは、わたしたちの救主すくいぬしであるかみのみまえにいことであり、また、みこころにかなうことである。

    4 かみは、すべてのひとすくわれて、真理しんりさとるにいたることをのぞんでおられる。

    5 かみ唯一ゆいいつであり、かみひととのあいだ仲保者ちゅうほしゃもただひとりであって、それはひとなるキリスト・イエスである。

    6 かれは、すべてのひとのあがないとしてご自身じしんをささげられたが、それは、さだめられたときになされたあかしにほかならない。

    7 そのために、わたしはてられて宣教者せんきょうしゃ使徒しととなり(わたしは真実しんじつっている、いつわってはいない)、また異邦人いほうじん信仰しんこう真理しんりとをおしえる教師きょうしとなったのである。

    8 おとこは、いかったりあらそったりしないで、どんな場所ばしょでも、きよいをあげていのってほしい。

    9 また、おんなはつつましいなりをし、適度てきどつつしぶかかざるべきであって、かみんだり、きん真珠しんじゅをつけたり、高価こうか着物きものたりしてはいけない。

    10 むしろ、いわざをもってかざりとすることが、信仰しんこういあらわしているおんなつかわしい。

    11 おんなしずかにしていて、万事ばんじにつけ従順じゅうじゅんおしえまなぶがよい。

    12 おんなおしえたり、おとこうえったりすることを、わたしはゆるさない。むしろ、しずかにしているべきである。

    13 なぜなら、アダムがさきにつくられ、それからエバがつくられたからである。

    14 またアダムはまどわされなかったが、おんなまどわされて、あやまちをおかした。

    15 しかし、おんなつつしぶかく、信仰しんこうあいきよさとをつづけるなら、むことによってすくわれるであろう。