聖典
テモテヘの第一の手紙1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

テモテヘのだい一の手紙てがみ

第1章

1 わたしたちの救主すくいぬしなるかみと、わたしたちののぞみであるキリスト・イエスとの任命にんめいによるキリスト・イエスの使徒しとパウロから、

2 信仰しんこうによるわたしの真実しんじつテモテへ。ちちなるかみとわたしたちのしゅキリスト・イエスから、めぐみとあわれみと平安へいあんとが、あなたにあるように。

3 わたしがマケドニヤにかって出発しゅっぱつするさいたのんでおいたように、あなたはエペソにとどまっていて、ある人々ひとびとに、ちがったおしえくことをせず、

4 つくばなしやはてしのない系図けいずなどにをとられることもないように、めいじなさい。そのようなことは信仰しんこうによるかみつとめはたすものではなく、むしろ論議ろんぎおこさせるだけのものである。

5 わたしのこの命令めいれいは、きよこころただしい良心りょうしんいつわりのない信仰しんこうとからてくるあい目標もくひょうとしている。

6 ある人々ひとびとはこれらのものからそれて空論くうろんはしり、

7 律法りっぽう教師きょうしたることをこころざしていながら、自分じぶんっていることも主張しゅちょうしていることも、わからないでいる。

8 わたしたちがっているとおり、律法りっぽうなるものは、ほうしたがってもちいるなら、いものである。

9 すなわち、律法りっぽうただしいひとのためにさだめられたのではなく、不法ふほうものほうふくさないもの不信心ふしんじんものつみあるもの神聖しんせいけがもの俗悪ぞくあくものちちころものははころものひところもの

10 不品行ふひんこうもの男色なんしょくをするものゆうかいするものいつわものいつわちかもの、そのほか健全けんぜんおしえにもとることがあれば、そのためにさだめられていることをみとむべきである。

11 これは、祝福しゅくふくちたかみ栄光えいこう福音ふくいんしめすところであって、わたしはこの福音ふくいんをゆだねられているのである。

12 わたしは、自分じぶんつよくしてくださったわたしたちのしゅキリスト・イエスに感謝かんしゃする。しゅはわたしを忠実ちゅうじつものて、このつとめにんじてくださったのである。

13 わたしは以前いぜんには、かみをそしるもの迫害はくがいするもの不遜ふそんものであった。しかしわたしは、これらのことを、信仰しんこうがなかったとき、無知むちなためにしたのだから、あわれみをこうむったのである。

14 そのうえ、わたしたちのしゅめぐみが、キリスト・イエスにある信仰しんこうあいとにともない、ますますくわわってきた。

15 「キリスト・イエスは、罪人つみびとすくうためにこのにきてくださった」という言葉ことばは、確実かくじつで、そのままけいれるにるものである。わたしは、その罪人つみびとのかしらなのである。

16 しかし、わたしがあわれみをこうむったのは、キリスト・イエスが、まずわたしにたいしてかぎりない寛容かんようしめし、そして、わたしが今後こんごかれしんじて永遠えいえんのいのちをけるもの模範もはんとなるためである。

17 世々よよ支配者しはいしゃ不朽ふきゅうにしてえざる唯一ゆいいつかみに、世々よよかぎりなく、ほまれと栄光えいこうとがあるように、アァメン。

18 わたしのテモテよ。以前いぜんあなたにたいしてなされた数々かずかず預言よげん言葉ことばしたがって、この命令めいれいあたえる。あなたは、これらの言葉ことばはげまされて、信仰しんこうただしい良心りょうしんとをたもちながら、りっぱにたたかいぬきなさい。

19 ある人々ひとびとは、ただしい良心りょうしんてたため、信仰しんこう破船はせんった。

20 そのなかに、ヒメナオとアレキサンデルとがいる。わたしは、かみけがさないことをまなばせるため、このふたりをサタンのわたしたのである。