教義と聖約の学習
「あなたは……選ばれた婦人である」
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「あなたは……選ばれた婦人である」

教義と聖約第24252627章

Emma Hale Smith

1830年4月にキリストの教会(末日聖徒イエス・キリスト教会の当時の呼び名)が組織されてからの数か月間,エマ・ヘイル・スミスは,夫の預言者としての召しが自分や幼い子供たちにとってどのような意味を持つかを,さらによく理解し始めました。1830年7月10日,26歳になったエマは,両親であるアイザック・ヘイルとエリザベス・ルイス・ヘイルの反対を押し切ってジョセフと結婚してから,3年が過ぎていました。1エマは,夫が受けた示現や啓示を信じていました。また,それまでの3年間の様々な出来事を通して,夫が確かに預言者であるという確信を抱いていました。

結婚するときには,ジョセフはすでにニューヨーク州パルマイラ近くの丘で3年間,毎年天使モロナイにまみえ,金版について語られ,その金版からモルモン書を翻訳することになると告げられていました。1827年の秋,エマはジョセフに同行し,彼が金版を受け取る間,馬車で待っていました。エマはやがて,書記として翻訳作業を手伝い始めました。「わたしは来る日も来る日も,頻繁に記録しました。たいていはジョセフのそばのテーブルに座って作業をしました。ジョセフはテーブルに座り,石を中に入れた帽子で顔を隠し,何時間も口頭で翻訳を伝えていました。わたしたちをさえぎるものは何もありませんでした。彼は手書きの原稿や本から読み上げていたわけではありません。もしそのようなものを持っていたとしたら,わたしから見えないようにしておくことはできませんでした。たいてい,金版は隠そうとせずにテーブルに置かれ,綿のテーブルクロスで覆われていました。……わたしはテーブルに置かれた状態で,布の上から金版の輪郭や形を触ってみました。」

何十年も経って,その出来事について驚嘆しました。エマは,結婚した当時のジョセフについて「きちんとした,論理的な文章を書くことも,書き移すこともできませんでした。ましてや,モルモン書のような本を口述することなど不可能でした」と記録しています。2

エマの試練

しかし,このような霊的な経験と共に,不自由な出来事や苦しみにも見舞われました。ジョセフとエマは,結婚した当初は,ニューヨーク州マンチェスターのジョセフの両親の家に住んでいました。その後,ペンシルベニア州ハーモニーの,エマが育ったエマの両親の家に移り住みました。結婚してからの数年間,二人はハーモニーとニューヨーク北部の間の地域内で少なくとも4回は引っ越し,毎回約300マイル(480キロ)以上の距離を移動しました。1828年6月,エマは男の子を生みましたが,生まれて「1時間後に亡くな〔り〕」ました。3結婚した当時,二人は常に貧困な状態でした。ジョセフは1829年に,自分たちが非常に貧しく,「持ち物はひどく少なくなった」と書いています。また,エマの父親に「家から追い出されそうになり,わたしは行くあてもなかった。主から命じられたことを成し遂げられるように必要な物資を与えてくださるように,主に嘆願した」と記しています。4二人の困窮した状況を見かねた忠実な友人,ジョサイア・ストーウェル,マーティン・ハリス,オリバー・カウドリらは,しばしばジョセフとエマに経済的な援助を与えました。

このような苦難に遭っても,エマはバプテスマを受けたいと望み,1830年6月,ジョセフとエマはニューヨーク州コールズビルに赴き,エマはほかの改宗者とともにバプテスマを受けることにしました。その中には,モルモン書の翻訳が行われている間,経済的にジョセフとエマを支援したナイト家の数人もいました。しかし,誕生したばかりの教会に反対する者たちは,水をせき止めて作ったバプテスマ用のダムを,6月27日の日曜日の夕方,破壊しました。その翌日の早朝について,ジョセフ・スミスの記録にはこう記されています。「危険を感じたわたしたちは,バプテスマ用のダムを修理したことを敵に知られる前に,バプテスマを施した。」オリバー・カウドリがエマを含む13人にバプテスマを施しました。バプテスマ会が終わる前に,「暴徒が再び結集し始め,わたしたちが帰ったすぐ後には,敵は50人にも膨れ上がって」いました。ジョセフとエマ,そしてほかの教会員たちは,ジョセフ・ナイト・シニアの家に隠れましたが,すぐに「怒りに燃え,明らかにわたしたちに暴力を働こうと考えている」男たちに取り囲まれました。ジョセフ・スミスの記録には続けてこう書かれています。「質問をする者もいれば,脅す者もいた。そのため,そこを去って,ニューエル・ナイトの家に行った方がよいと考えた。」しかし,聖徒たちは暴徒たちに追われ,暴虐は続きました。5

聖徒たちはその晩,エマや新たにバプテスマを受けた会員たちに聖霊の賜物を授け,教会員として確認するために集会を計画しました。しかし,彼らが集まったとき,保安官がジョセフ・スミスを捕らえ,「モルモン書を説いて地域に騒動を起こして治安を乱した罪状により」逮捕しました。保安官は,暴徒たちが,ジョセフが逮捕された後で待ち伏せして奇襲しようとしていたと説明しました。しかし,保安官は「わたしは彼を必ず暴徒の手から助け出そうと決めていた。なぜなら,噂に聞いていたような人物でないことがわかったからだ」と語りました。保安官とジョセフの前に暴徒が姿を現しましたが,暴徒たちが非常にがっかりしたことに,保安官は「馬に鞭を打ち,わたしが彼らの手に落ちないように」してくれたのでした。シェナンゴ郡のサウス・ベインブリッジに到着した晩,保安官はジョセフ・スミスと共に宿屋の2階に泊まりました。保安官はジョセフを守るために「夜は脇に銃を抱え,ジョセフの足元で扉を背にして眠」りました。6

ジョセフ・スミスはサウス・ベインブリッジで裁判を受け,無罪を宣告されましたが,すぐに近隣のブルーム郡で再び逮捕され,同様の罪状で裁判にかけられました。二人目の保安官は,はじめはジョセフに対してひどい扱いをしました。ブルーム郡に到着した時,「彼はわたしを宿屋に連れて行き,そこに集まった多くの男たちは,あらゆる手段を使ってわたしを虐待し,あざけり,侮辱した」と記録されています。彼らはジョセフにつばを吐きかけ,彼らに向かって預言するように命じました。家から比較的近い場所だったため,ジョセフは「家に戻って妻と一晩過ごさせてくれるように」頼みましたが,「保安官はその頼みを聞き入れ」ませんでした。翌日の2度目の裁判においても,ジョセフは無罪となりました。その時,保安官は「わたしに赦しを願った」とジョセフは記録しています。暴徒がジョセフにタールと鳥の羽を付ける計画をしていることを知り,保安官はジョセフの逃亡を助けてくれました。ジョセフは,近くの,エマの姉妹であるエリザベス・ヘイル・ワッソンの家に無事到着しました。7

夫が不在の間,エマは「暴虐な裁判の行方について非常に心配しながら待ってい」ました。8エマはほかの女性たちと共に,夫が「釈放されるように祈るために」集まりました。9再会したジョセフとエマは,7月初旬,ペンシルベニア州ハーモニーの自宅に戻るために旅をしました。ジョセフはオリバー・カウドリとともに,新たにバプテスマを受けた聖徒たちに確認の儀式を施すため,コールズビルに向かいましたが,再び反対勢力に遭い,急いでハーモニーに戻りました。10

あふれる啓示

ハーモニーに戻った後の1830年7月,ジョセフ・スミスは3つの啓示を受けました。最初の啓示は現在教義と聖約24章として知られていますが,ジョセフとオリバー・カウドリに与えられたもので,「彼らの召しについて告げる」内容でした。啓示によって,彼らは「『モルモン書』を記し,またわたしの務めに携わるために」召されたと知らされました。啓示の中では,その時彼らが受けていた迫害についても述べられ,続けて,次のように告げられました。「わたしはあなたを苦難の中から引き上げ,またあなたに勧告したので,あなたはすべての敵から救い出され,サタンの力と暗闇からも救い出された。」(教義と聖約24:1,3参照)

啓示にはまた,ジョセフ・スミスの物質的な状況についても述べられ,「畑に種をま〔い〕てから」コールズビルと,フェイエットと,マンチェスターの教会員を訪れるようにと告げられています(教義と聖約24:3参照)。啓示によって,ジョセフは「シオンにおいてすべての務めに献身」できるように,教会員の助けを受けなければならないと明らかにされています。ジョセフは「世俗の働きについては,あなたは力を持たないであろう」と告げられました(教義と聖約24:7,9参照)。この啓示により,ジョセフとエマは経済的な苦境に陥ること,また教会の務めに献身するために教会員の支援に頼る必要に迫られることを理解しました。11

エマが結婚生活にどのような望みを抱いていたかは分かりませんが,新たに組織された教会に敵対する者によって,これほどまでに身の危険にさらされ,法的にも親族一同が悩ませられるとは,予想もできなかったでしょう。また,福音を教え,教会を管理するために,夫が畑や家族を後にして出かけなければならず,家庭生活はままならず,家族の命が危険にさらされることも,思いもよらないことだったでしょう。

これらの心配や失望について,ジョセフはエマのために与えられた啓示である教義と聖約25章を受けました。その中で次のように告げられています。「まことに,わたしはあなたに言う。あなたはこの世のものを捨てて,この世に勝る世のものを求めなければならない。」(教義と聖約25:10参照)この啓示を通して,エマは慰めと指示の言葉を受けました。エマは次のように告げられました。「あなたは見ていないもののことでつぶやいてはならない。それらのものは,あなたにも世の人々にも見せられないからである。」これはおそらく,金版のことを指しており,エマは後に,ある折に触れたけれども見なかったと記しています。(教義と聖約25:4参照)啓示の中で,エマは「選ばれた婦人」と呼ばれ,「あなたが召された務めは,わたしの僕,すなわちあなたの夫であるジョセフ・スミス・ジュニアを,彼が苦難に遭うときに,慰めの言葉をもって柔和な心で慰めることである」と告げられました(教義と聖約25:3,5参照)。啓示の中で,教会におけるエマの業について告げ,エマは「聖文を説き明かし,教会員に説き勧めるために」夫の手の下で「聖任を受け」るとも約束されました。12教義と聖約25:7参照)さらに,エマは夫のために筆記者となり,賛美歌を編纂するようにと指示されました。ジョセフ・スミスは後に,エマがそのとき「聖任され」13,啓示が与えられたのは,聖文をすべての人に説き明かし,地域における女性の役割を教え,エマだけでなくほかの人々もまた同じ祝福に預かるようにするためだと説明しています。14

1830年7月にジョセフ・スミスに与えられた3つ目の啓示は,教義と聖約26章でした。その啓示は,ジョセフとオリバー・カウドリ,ジョン・ホイットマーに,「聖文を研究することと,教えを説くことと,コールズビルの教会を強めることと,必要に応じてその地で仕事に携わることに」時間を捧げるように告げるものでした15教義と聖約26:1参照)。これら3つの啓示を受けて数週間後の8月初旬,ニューエル・ナイトとサリー・ナイトがニューヨーク州コールズビルからジョセフとエマを訪れるためにペンシルベニア州ハーモニーに来ました。サリー・ナイトはエマと同じ日にバプテスマを受けましたが,二人ともまだ確認を受けていませんでした。それについて,ジョセフ・スミスの記録にはこのように記されています。「ナイト夫妻がここを出る前に,エマとサリーの二人に確認の儀式を執行し,共に聖餐を取ることが提案された。この準備のために,ワインを買いに出かけたのだが,ほんの少しの距離を行ったところで,天の使いに会い,次の啓示を受けた。」16

天使はジョセフ・スミスに「敵からぶどう酒も,強い飲み物も買ってはならない」と告げました。17教義と聖約27:3参照)その後ジョセフは家に帰り,確認の儀式の集会のために「自分たちで作ったワインを準備し」ました。そこには,スミス夫妻とナイト夫妻,そしてジョン・ホイットマーが出席しました。ジョセフ・スミスの記録には次のように記録されています。「わたしたちは共に聖餐を取り,その後でこの二人の姉妹を教会の会員に確認し,素晴らしい形でその夕べを過ごした。主の御霊が注がれ,わたしたちは主なる神をほめたたえ,大いに喜び合った。」181830年7月から9月にかけて与えられたこれら4つの啓示を通して,教会が組織され,築き上げていく中で,ジョセフ・スミスとエマ,そしてほかの会員たちにとっても,非常に重要な指示を与えられました。

エマは特に,自分自身に与えられた啓示を大切にしました。ウィリアム・W・フェルプスの助けを得て,エマはその指示に従って教会の最初の賛美歌集を編纂しました。191842年,ジョセフ・スミスは扶助協会を設立する集会において,エマに与えられた啓示を読み上げました。ジョセフはまた,「選ばれた婦人」という表現が出てくる2ヨハネ1章を読み,エマが「選ばれた婦人」と呼ばれたのは,「管理するために選ばれた」からであると説明しました。20ジョセフは「エマ姉妹が扶助協会の会長に選ばれたことで,この啓示は成就した」と述べました。21

1830年の夏に起こった騒動の最中に与えらえたエマ・スミスに関する啓示は,19世紀を通して,扶助協会の集会において,祈りや話し合いの中でしばしば引用されました。例えば,1892年にソルトレークのタバナクルで開かれた扶助協会設立15周年を記念する「創立記念祭」において,「ジーナ・Y.W. カード……が,非常にはっきりとした声で,聖見者ジョセフ・スミスを通してエマ・スミスに与えられた啓示を読み上げた。……その中で,エマ姉妹は選ばれた婦人と呼ばれた」と記録されています。22初期の扶助協会会長は「選ばれた婦人」と呼ばれることがありました。例えば,ジーナ・D.H. ヤングが中央扶助協会会長になったとき,エメリン・B・ウェルズ(後に中央扶助協会会長として奉仕した)から手紙をもらい,そこには「わたしの愛する姉妹であるあなたが預言者ジョセフの言葉を用いるなら,『選ばれた婦人』となったことに,お祝いの言葉を贈ります」と書かれていました。23