6.神権と神権の鍵
戻る 次へ

6.神権と神権の鍵,『マスター教義に関する基本文書』(2018年)

6.神権と神権の鍵

6.1.神権は神の永遠の力と権能です。神権によって神は天地を創造し,統治しておられます。この力を通して,神はその子供たちを贖い,昇栄できるようにしてくださいます。神権は教会のふさわしい男性会員に授けらます。また,神権の祝福は福音の儀式と聖約を通して,すべての神の子供たちに与えられます。

6.2.神権の鍵は長の職に伴う権利,すなわち神が地上における神の王国を統治し導くために人に与えられる力です(マタイ16:15-19参照)。神権の鍵は,福音を宣べ伝え,救いの儀式を執行する業を導くために欠かせません。

6.3.イエス・キリストは,御自身の教会にかかわるすべての神権の鍵を持っておられます。主はその使徒一人一人に,地上における神の王国にかかわるすべての鍵を授けてこられました。教会の大管長は,これらすべての神権の鍵を行使する権限を持っている唯一の人です。神殿会長,伝道部会長,ステーク会長,ビショップ,定員会会長もまた,委任されている業を管理し導くことのできる神権の鍵を持っています。

6.4.教会で奉仕するすべての男女は,神権の鍵を持つ人の指示の下で召されます(教義と聖約42:11参照)。十二使徒定員会のダリン・H・オークス長老は,次のように教えています。「神権の鍵を持っている人から受ける職や召しにおいて働く人はだれでも,割り当てられた義務を果たす際に神権の権能を行使するのです。」(「神権の鍵と権能」『リアホナ』2014年5月号,51)神権の権能は,義にかなうときのみ行使することができます(教義と聖約121:36,41-42参照)。

6.5.メルキゼデク神権に聖任される人は,神権の誓詞と聖約を交わします。召しを尊んで大いなるものとし,忠実に主とその僕を受け入れるならば,彼らは昇栄の祝福にあずかるでしょう。女性も同様に,主と交わした聖約に忠実であるならば,昇栄の祝福を受けると約束されています。

関連聖句—ヨハネ15:16エペソ2:19-20

関連テーマ—回復;預言者と啓示;儀式と聖約

アロン神権

6.6.アロン神権は,しばしば備えの神権と呼ばれます。アロン神権は,「天使の働きの鍵と,悔い改めの福音の鍵と,……バプテスマの鍵を持〔ち〕」ます(教義と聖約13:1)。この神権を行使することにより,聖餐が準備され,祝福され,執行されるのです。アロン神権には,執事,教師,祭司,ビショップの職があります。

メルキゼデク神権

6.7.メルキゼデク神権は「管理する権利を有し,この世のあらゆる時代に,教会におけるすべての職を管理し,霊的な事柄をつかさどる力と権能を持つ」,より高い位の,より偉大な神権です(教義と聖約107:8)。あらゆる祝福,儀式,聖約,教会の組織は,メルキゼデク神権をつかさどる会長である教会の大管長の権能の下で管理されます。この神権はアダムに授けられ,主が福音を明らかにされたときにはいつでも地上にありました。メルキゼデク神権には,長老,大祭司,祝福師,七十人,使徒の職があります。

関連参照聖句—エペソ4:11-14