ジョセフ・スミス―マタイ 1
    脚注

    ジョセフ・​スミス―マタイ

    千八百三十一​ねん​に​げんしゃ​ジョセフ・​スミス​に​けい​された『せいしょ』​の​ほんやく​から​の​抜粋ばっすいマタイ​に​よる​ふくいんしょだい​二十三​しょう​三十九​せつ、および​だい​二十四​しょう

    第​1​章

    イエス、ぢか​に​せまった​エルサレム​の​めつぼう​を​こく​される。イエス、ひと​の​​の​再臨さいりん​と​あくにん​の​めつぼう​に​ついて​も​はなされる。

    1 「わたし​は​って​おく。あなたがた​は、『しゅ​の​​に​よって、てん​の​くも​の​なか​を​すべて​の​せい​なる​てん使​たち​と​ともに​られる​かた​に、しゅくふく​あれ』​と​う​とき​まで、いま​から​のち​わたし​に​う​こと​も、わたし​が​げんしゃ​たち​に​よって​しるされた​もの​で​ある​の​を​る​こと​も​ない​で​あろう。」その​とき、イエス​の​​たち​は、イエス​が​えいこう​を​けて​かみ​の​みぎ​で​かんむり​を​けられた​のちふたたび​じょう​に​られる​と​いう​こと​を​かい​した。

    2 ​そして、イエス​が​神殿しんでん​から​て​かれる​と、​たち​が​イエス​の​こと​を​こう​と​して​ちかって​て​った。「先生せんせい、あなた​は、『これら​は​くずされ、てる​に​まかされる​で​あろう』​と​われ​ました​が、この​神殿しんでん​の​建物たてもの​に​ついて​わたしたち​に​お​しめし​ください。」

    3 ​そこで、イエス​は​かれら​に​かって​われた。「あなたがた​は、これら​すべて​の​もの​を​て、それ​が​からない​の​か。よく​って​おく。この​神殿しんでん​で​は、その​いし​が​一つ​で​も​くずされず​に​​の​いし​の​うえ​に​のこる​こと​は​ない​で​あろう。」

    4 ​イエス​は​かれら​を​あと​に​のこし、オリブやま​に​のぼられた。そして、オリブやま​で​すわって​おられる​と、​たち​が、ひそか​に​みもと​に​て​った。「どうぞ​お​はなし​ください。あなた​が​神殿しんでん​の​めつぼう​と​ユダヤじん​に​ついて​われた​これら​の​こと​は、いつ​こる​の​でしょう​か。あなた​が​おいで​に​なる​とき​や、​の​わり、すなわち、​の​わり​で​ある​あくにん​の​めつぼう​に​は、どの​よう​な​しるし​が​あり​ます​か。」

    5 ​そこで、イエス​は​こたえて​われた。「ひと​に​まどわされない​よう​に​​を​つけ​なさい。

    6 おおく​の​もの​が​わたし​の​​を​って​あらわれ、『わたし​が​キリスト​だ』​と​って、おおく​の​ひと​を​まどわす​で​あろう。

    7 ​その​とき、人々ひとびと​は​あなたがた​を​くるしみ​に​わせ、また​ころす​で​あろう。また​あなたがた​は、わたし​の​​の​ため​に​すべて​の​たみ​に​にくまれる​で​あろう。

    8 ​その​とき、おおく​の​ひと​が​つまずき、また​たがいに​うらり、にくみ​う​で​あろう。

    9 ​また、おおく​の​にせげんしゃ​が​こって、おおく​の​ひと​を​まどわす​で​あろう。

    10 ​また、ほう​が​はびこる​ので、おおく​の​ひと​の​あい​が​える​で​あろう。

    11 ​しかし、かっ​と​して​いて​ち​かされない​もの​は​すくわれる。

    12 エルサレム​の​めつぼう​に​ついて​げんしゃダニエル​に​よって​われた​らす​にくむ​べき​もの​を​た​なら​ば、せい​なる​しょ​に​たなければ​ならない。む​もの​は​かい​しなさい。

    13 ​その​とき、ユダヤ​に​いる​人々ひとびと​は​やま​へ​げ​なさい。

    14 屋上おくじょう​に​いる​もの​は​げ​なさい。いえ​から​もの​を​そう​と​して​もどって​は​ならない。

    15 はたけ​に​いる​もの​は、うわ​を​り​に​もどって​は​ならない。

    16 ​その​​に​は、おも​の​おんな​と​​を​つ​おんな​は​こう​で​ある。

    17 ​それ​で​ある​から、あなたがた​の​げる​の​が​ふゆ​や​あんそくにち​に​ならない​よう​に、しゅ​に​いのり​なさい。

    18 ​その​とき​に​は、それら​の​​に​は、ユダヤじん​と​エルサレム​に​む​もの​に​おおきな​艱難かんなん​が​こる​から​で​ある。それ​は、イスラエル​の​おうこく​の​はじめ​から​いま​に​いたる​まで、かつて​かみ​から​イスラエル​に​くだされた​こと​が​なく、また​こん​も​イスラエル​に​くだされる​こと​が​ない​ほど​の​艱難かんなん​で​ある。

    19 ​しかし、かれら​に​こる​すべて​の​こと​は、かれら​に​およぶ​数々かずかず​の​かなしみ​の​はじまり​に​すぎない。

    20 ​もし​その​かん​が​ちぢめられない​なら、すくわれる​もの​は​ひと​も​ない​で​あろう。しかし、選民せんみん​の​ため​に​は、せいやく​に​したがって​その​かん​が​ちぢめられる​で​あろう。

    21 よ、わたし​は​ユダヤじん​に​ついて、あなたがた​に​これら​の​こと​を​かたった。さらに​また、エルサレム​に​およぶ​それら​の​​の​艱難かんなん​の​のち、だれか​が​あなたがた​に、『よ、ここ​に​キリスト​が​いる』、また『あそこ​に​いる』​と​って​も、しんじて​は​ならない。

    22 ​それら​の​​に​は、にせ​キリスト​たち​や​にせげんしゃ​たち​も​こって、おおきな​しるし​と​​を​しめし、できれ​ば、せいやく​に​よる​選民せんみん​で​ある​しん​の​選民せんみん​を​も​まどわそう​と​する​で​あろう。

    23 よ、選民せんみん​の​ため​に、わたし​は​あなたがた​に​これら​の​こと​を​かたる​の​で​ある。あなたがた​は​また、せんそう​と​せんそう​の​うわさ​と​を​く​で​あろう。あわてない​よう​に​​を​つけ​なさい。わたし​が​あなたがた​に​げた​こと​は​すべて、かならず​こる​から​で​ある。しかし、まだ​わり​で​は​ない。

    24 よ、わたし​は​あなたがた​に​まえもって​はなした。

    25 ​だから、人々ひとびと​が、『よ、かれ​は​​に​いる』​と​って​も、て​って​は​ならない。『よ、おく​の​​に​いる』​と​って​も、しんじて​は​ならない。

    26 ​ちょうど​あさ​の​ひかり​が​ひがし​から​て、西にし​に​り、ぜん​を​おおう​よう​に、ひと​の​​も​る​から​で​ある。

    27 ​さて、わたし​は​あなたがた​に​一つ​の​たとえ​を​しめそう。よ、たい​の​ある​ところ​に​は、はげたか​が​あつまる​もの​で​ある。それ​と​おなじ​よう​に、わたし​の​選民せんみん​は​​の​ほう​から​あつめられる​で​あろう。

    28 ​そして、かれら​は​せんそう​と​せんそう​の​うわさ​と​を​く​で​あろう。

    29 よ、わたし​は、わたし​の​選民せんみん​の​ため​に​かたる。たみ​は​たみ​に、くに​は​くに​に​敵対てきたい​して​がり、ほうぼう​に​きん​と​えきびょう​と​しん​が​ある​で​あろう。

    30 ​さらに​また、ほう​が​はびこる​ので、人々ひとびと​の​あい​が​える​で​あろう。しかし、ち​かされない​もの​は​すくわれる。

    31 ​さらに​また、この​おうこく​の​ふくいん​は、すべて​の​たみ​へ​の​あかし​として、ぜんかい​に​べ​つたえられる​で​あろう。それから、わり、すなわち​あくにん​の​めつぼう​が​る​の​で​ある。

    32 ​そして、らす​にくむ​べき​もの​に​ついて​げんしゃ​ダニエル​に​よって​われた​こと​が、ふたたび​じょうじゅ​する​で​あろう。

    33 ​それら​の​​の​艱難かんなん​の​のち​すぐに、太陽たいよう​は​くらく​なり、つき​は​その​ひかり​を​はなつ​こと​を​やめ、ほし​は​てん​から​ち、てん​の​ちから​は​うごかされる​で​あろう。

    34 ​よく​って​おく。わたし​が​あなたがた​に​げた​すべて​の​こと​が​じょうじゅ​する​まで​は、これら​の​こと​が​しめされる​この​だい​は​る​こと​が​ない。

    35 てん​の​る​​は​る​が、それでも​わたし​の​こと​は​る​こと​が​なく、すべて​じょうじゅ​する​で​あろう。

    36 まえ​に​った​よう​に、それら​の​​に​艱難かんなん​が​あり、てん​の​ちから​が​うごかされた​のちひと​の​​の​しるし​が​てん​に​あらわれる​で​あろう。その​とき、​の​すべて​の​民族みんぞく​は​なげき、そして​ちから​と​おおいなる​えいこう​と​を​もって​ひと​の​​が​てん​の​くも​の​なか​を​る​の​を​る​で​あろう。

    37 ​だれでも​わたし​の​こと​を​大切たいせつ​に​たくわえる​もの​は、まどわされる​こと​が​ない。ひと​の​​は​て、おおきな​ラッパ​の​おと​と​ともに​てん使​たち​を​さきって​つかわす​で​あろう。すると​てん使​たち​は、てん​の​て​から​て​まで、ほう​から​選民せんみん​の​のこり​の​もの​を​び​あつめる​で​あろう。

    38 いちじく​の​​から、たとえ​を​まなび​なさい。その​えだ​が​まだ​やわらか​で、​を​し​はじめる​と、なつ​の​ちかい​こと​が​かる。

    39 ​その​よう​に、わたし​の​選民せんみん​は、すべて​これら​の​こと​を​た​なら​ば、ひと​の​​が​ぐち​まで​ちかづいて​いる​こと​が​かる​で​あろう。

    40 ​しかし、その​、その​とき​は、だれ​も​らない。てん​に​いる​かみ​の​てん使​たち​も​らない。ただ​ちち​だけ​が​って​おられる。

    41 ひと​の​​の​らいりん​の​とき​も、ちょうど​ノア​の​だい​と​おなじ​よう​で​ある。

    42 人々ひとびと​は、洪水こうずい​の​まえ​の​​の​よう​な​じょうたい​で​あろう。ノア​が​箱船はこぶね​に​はいる​​まで、人々ひとびと​は​べたり、んだり、めとったり、とついだり​して​いた。

    43 ​そして、洪水こうずい​が​おそって​きて、すべて​の​もの​を​さらって​く​まで、かれら​は​がつかなかった。ひと​の​​の​らいりん​も​その​よう​で​あろう。

    44 ​その​とき、しるされて​いる​こと​は​じょうじゅ​する​で​あろう。すなわち、わり​の​とき​に​は、ふた​が​はたけ​に​いる​と、ひと​は​られ、ひと​は​のこされる。

    45 ふた​が​うす​を​ひいて​いる​と、ひと​は​られ、ひと​は​のこされる。

    46 ​わたし​は​ひと​に​う​こと​を、すべて​の​ひと​に​う。だから、​を​まして​いなさい。いつ​あなたがた​の​しゅ​が​る​か、あなたがた​に​は​からない​から​で​ある。

    47 ​この​こと​を​わきまえて​いなさい。いえ​の​主人しゅじん​は​盗人ぬすびと​が​いつ​ごろ​る​か​かって​いたら、​を​まして​いて、ぶん​の​いえ​に​られる​の​を​ゆるす​こと​なく、よう​を​して​いた​で​あろう。

    48 ​だから、あなたがた​も​よう​を​して​いなさい。おもいがけない​とき​に​ひと​の​​は​る​から​で​ある。

    49 主人しゅじん​が​その​いえ​の​しもべ​たち​の​うえ​に​てて、ときに​おうじて​食物しょくもつ​を​そなえ​させる​ちゅうじつ​な​りょぶかい​しもべ​は、一体いったい​だれ​で​あろう​か。

    50 主人しゅじん​が​かえって​た​とき、その​よう​に​つとめて​いる​の​を​られる​しもべ​は​さいわい​で​ある。よく​って​おく。その​主人しゅじん​は、かれ​に​ぶん​の​ぜんざいさん​を​かん​させる​で​あろう。

    51 ​しかし、それ​が​わるい​しもべ​で​あって、『主人しゅじん​は​かえり​が​おそい』​と​こころ​の​なか​で​おもい、

    52 ​その​しもべなか​を​たたき​はじめ、また​さけみ​なか​と​いっしょ​に​べたり​んだり​して​いる​なら、

    53 ​その​しもべ​の​主人しゅじん​は、おもいがけない​がつかない​とき​に​かえって​て、

    54 かれ​を​厳罰げんばつ​に​しょし、ぜんしゃ​たち​と​おなじ​​に​わせる​で​あろう。かれ​は​そこ​で​なみだ​を​ながし、ぎしり​を​する​で​あろう。

    55 ​この​よう​に、『かれら​は​たみ​の​なか​から​たれる​で​あろう』​と​いう​モーセ​の​げん​の​とおり​に、あくにん​の​わり​が​る。しかし、​の​わり​は​まだ​で​あって、それ​は​やがて​る。」