聖典
テトスヘの手紙1
脚注

Hide Footnotes

テーマ

テトスヘの手紙てがみ

第1章

1 かみしもべ、イエス・キリストの使徒しとパウロから——わたしが使徒しととされたのは、かみえらばれたものたちの信仰しんこうつよめ、また、信心しんじんにかなう真理しんり知識ちしきかれらにさせるためであり、

2 いつわりのないかみ永遠えいえんむかし約束やくそくされた永遠えいえんのいのちののぞみにもとづくのである。

3 かみは、さだめられたときおよんで、御言みことば宣教せんきょうによってあきらかにされたが、わたしは、わたしたちの救主すくいぬしなるかみ任命にんめいによって、この宣教せんきょうをゆだねられたのである——

4 信仰しんこうおなじうするわたしの真実しんじつテトスへ。ちちなるかみとわたしたちの救主すくいぬしキリスト・イエスから、めぐみと平安へいあんとが、あなたにあるように。

5 あなたをクレテにおいてきたのは、わたしがあなたにめいじておいたように、そこにしのこしてあることを整理せいりしてもらい、また、町々まちまち長老ちょうろうててもらうためにほかならない。

6 長老ちょうろうは、められるてんがなく、ひとりのつまおっとであって、そのたちも不品行ふひんこうのうわさをたてられず、親不孝おやふこうをしない信者しんじゃでなくてはならない。

7 監督かんとくたるものは、かみつかえるものとして、められるてんがなく、わがままでなく、軽々かるがるしくいからず、さけこのまず、乱暴らんぼうでなく、をむさぼらず、

8 かえって、旅人たびびとをもてなし、ぜんあいし、つつしふかく、ただしく、信仰しんこうぶかく、せいするものであり、

9 おしえにかなった信頼しんらいすべき言葉ことばまもひとでなければならない。それは、かれ健全けんぜんおしえによってひとをさとし、また、反対者はんたいしゃあやまりを指摘してきすることができるためである。

10 じつは、ほうふくさないもの空論くうろんはしものひとこころまどわすものおおくおり、とくに、割礼かつれいのあるものなかおおい。

11 かれらのくちふうずべきである。かれらはずべきのために、おしえてはならないことをおしえて、数々かずかず家庭かてい破壊はかいしてしまっている。

12 クレテびとのうちのある預言者よげんしゃが「クレテびとは、いつもうそつき、たちのわるいけもの、なまけものいしんぼう」とっているが、

13 この非難ひなんはあたっている。だから、かれらをきびしくめて、その信仰しんこう健全けんぜんなものにし、

14 ユダヤじんつくばなしや、真理しんりからそれていった人々ひとびとさだめなどに、をとられることがないようにさせなさい。

15 きよいひとには、すべてのものがきよい。しかし、けがれている信仰しんこうひとには、きよいものは一つもなく、その知性ちせい良心りょうしんけがれてしまっている。

16 かれらはかみっていると、くちではうが、おこないではそれを否定ひていしている。かれらはまわしいもの、また従順じゅうじゅんものであって、いっさいのいわざにかんしては、失格者しっかくしゃである。