聖典
ローマ人への手紙8

第8章

1 こういうわけで、いまやキリスト・イエスにあるものつみさだめられることがない。

2 なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊みたま法則ほうそくは、つみとの法則ほうそくからあなたを解放かいほうしたからである。

3 律法りっぽうにくにより無力むりょくになっているためになしなかったことを、かみはなしげてくださった。すなわち、御子みこを、つみにくさまつみのためにつかわし、にくにおいてつみばっせられたのである。

4 これは律法りっぽう要求ようきゅうが、にくによらずれいによってあるくわたしたちにおいて、たされるためである。

5 なぜなら、にくしたがものにくのことをおもい、れいしたがものれいのことをおもうからである。

6 にくおもいはであるが、れいおもいは、いのちと平安へいあんとである。

7 なぜなら、にくおもいはかみてきするからである。すなわち、それはかみ律法りっぽうしたがわず、いなしたがないのである。

8 また、にくにあるものは、かみよろこばせることができない。

9 しかし、かみ御霊みたまがあなたがたのうち宿やどっているなら、あなたがたはにくにおるのではなく、れいにおるのである。もし、キリストのれいたないひとがいるなら、そのひとはキリストのものではない。

10 もし、キリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだはつみのゆえにんでいても、れいのゆえにきているのである。

11 もし、イエスを死人しにんなかからよみがえらせたかたの御霊みたまが、あなたがたのうち宿やどっているなら、キリスト・イエスを死人しにんなかからよみがえらせたかたは、あなたがたのうち宿やどっている御霊みたまによって、あなたがたのぬべきからだをも、かしてくださるであろう。

12 それゆえに、兄弟きょうだいたちよ。わたしたちは、はたすべき責任せきにんっているものであるが、にくしたがってきる責任せきにんにくたいしてっているのではない。

13 なぜなら、もし、にくしたがってきるなら、あなたがたはほかはないからである。しかし、れいによってからだのはたらきをころすなら、あなたがたはきるであろう。

14 すべてかみ御霊みたまみちびかれているものは、すなわち、かみである。

15 あなたがたはふたたおそれをいだかせる奴隷どれいれいけたのではなく、たる身分みぶんさづけるれいけたのである。そのれいによって、わたしたちは「アバ、ちちよ」とぶのである。

16 御霊みたまみずから、わたしたちのれいともに、わたしたちがかみであることをあかししてくださる。

17 もしであれば、相続人そうぞくにんでもある。かみ相続人そうぞくにんであって、キリストと栄光えいこうともにするために苦難くなんをもともにしている以上いじょう、キリストと共同きょうどう相続人そうぞくにんなのである。

18 わたしはおもう。いまのこのときくるしみは、やがてわたしたちにあらわされようとする栄光えいこうくらべると、うにりない。

19 造物ぞうぶつは、じつに、せつなるおもいでかみたちの出現しゅつげんのぞんでいる。

20 なぜなら、造物ぞうぶつ虚無きょむふくしたのは、自分じぶん意志いしによるのではなく、服従ふくじゅうさせたかたによるのであり、

21 かつ、造物ぞうぶつ自身じしんにも、ほろびのなわめから解放かいほうされて、かみたちの栄光えいこう自由じゆうはいのぞみがのこされているからである。

22 じつに、造物ぞうぶつ全体ぜんたいが、いまいたるまで、ともにうめきともみのくるしみをつづけていることを、わたしたちはっている。

23 それだけではなく、御霊みたま最初さいしょっているわたしたち自身じしんも、こころうちでうめきながら、たる身分みぶんさづけられること、すなわち、からだのあがなわれることをのぞんでいる。

24 わたしたちは、こののぞみによってすくわれているのである。しかし、えるのぞみはのぞみではない。なぜなら、げんていることを、どうして、なおのぞひとがあろうか。

25 もし、わたしたちがないことをのぞむなら、わたしたちは忍耐にんたいして、それをのぞむのである。

26 御霊みたまもまたおなじように、よわいわたしたちをたすけてくださる。なぜなら、わたしたちはどういのったらよいかわからないが、御霊みたまみずから、言葉ことばにあらわせないせつなるうめきをもって、わたしたちのためにとりなしてくださるからである。

27 そして、ひとこころさぐるかたは、御霊みたまおもうところがなんであるかをっておられる。なぜなら、御霊みたまは、聖徒せいとのために、かみ御旨みむねにかなうとりなしをしてくださるからである。

28 かみは、かみあいするものたち、すなわち、ご計画けいかくしたがってされたものたちとともはたらいて、万事ばんじえきとなるようにしてくださることを、わたしたちはっている。

29 かみはあらかじめっておられるものたちを、さら御子みこのかたちにたものとしようとして、あらかじめさだめてくださった。それは、御子みこおおくの兄弟きょうだいなか長子ちょうしとならせるためであった。

30 そして、あらかじめさだめたものたちをさらし、したものたちをさらとし、としたものたちには、さら栄光えいこうあたえてくださったのである。

31 それでは、これらのことについて、なんとおうか。もし、かみがわたしたちの味方みかたであるなら、だれがわたしたちにてきようか。

32 自身じしん御子みこをさえしまないで、わたしたちすべてのもののためにわたされたかたが、どうして、御子みこのみならず万物ばんぶつをもたまわらないことがあろうか。

33 だれが、かみえらばれたものたちをうったえるのか。かみかれらをとされるのである。

34 だれが、わたしたちをつみさだめるのか。キリスト・イエスは、んで、いな、よみがえって、かみみぎし、また、わたしたちのためにとりなしてくださるのである。

35 だれが、キリストのあいからわたしたちをはなれさせるのか。患難かんなんか、苦悩くのうか、迫害はくがいか、えか、はだかか、危難きなんか、つるぎか。

36 「わたしたちはあなたのために終日しゅうじつさだめられており、ほふられるひつじのようにられている」といてあるとおりである。

37 しかし、わたしたちをあいしてくださったかたによって、わたしたちは、これらすべてのことにおいてあまりがある。

38 わたしは確信かくしんする。せいも、天使てんし支配者しはいしゃも、現在げんざいのものも将来しょうらいのものも、ちからあるものも、

39 たかいものもふかいものも、そのどんな造物ぞうぶつも、わたしたちのしゅキリスト・イエスにおけるかみあいから、わたしたちをはなすことはできないのである。