ローマ人への手紙15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 わたしたちつよものは、つよくないものたちのよわさをになうべきであって、自分じぶんだけをよろこばせることをしてはならない。

    2 わたしたちひとりびとりは、となひととくたかめるために、そのえきはかってかれらをよろこばすべきである。

    3 キリストさえ、ご自身じしんよろこばせることはなさらなかった。むしろ「あなたをそしるもののそしりが、わたしにりかかった」といてあるとおりであった。

    4 これまでにかれたことがらは、すべてわたしたちのおしえのためにかれたのであって、それは聖書せいしょあたえる忍耐にんたいなぐさめとによって、のぞみをいだかせるためである。

    5 どうか、忍耐にんたいなぐさめとのかみが、あなたがたに、キリスト・イエスにならってたがいおなおもいをいだかせ、

    6 こうして、こころひとつにし、こえわせて、わたしたちのしゅイエス・キリストのちちなるかみをあがめさせてくださるように。

    7 こういうわけで、キリストもわたしたちをけいれてくださったように、あなたがたもたがいけいれて、かみ栄光えいこうをあらわすべきである。

    8 わたしはう、キリストはかみ真実しんじつあきらかにするために、割礼かつれいのあるものしもべとなられた。それは父祖ふそたちのけた約束やくそく保証ほしょうするとともに、

    9 異邦人いほうじんもあわれみをけてかみをあがめるようになるためである、「それゆえ、わたしは、異邦人いほうじんなかであなたにさんびをささげ、また、御名みなをほめうたう」といてあるとおりである。

    10 また、こうっている、「異邦人いほうじんよ、しゅたみともよろこべ」。

    11 また、「すべての異邦人いほうじんよ、しゅをほめまつれ。もろもろのたみよ、しゅをほめたたえよ」。

    12 またイザヤはっている、「エッサイのからて、異邦人いほうじんおさめるためにがるものる。異邦人いほうじんかれのぞみをおくであろう」。

    13 どうか、のぞみのかみが、信仰しんこうからるあらゆるよろこびと平安へいあんとを、あなたがたにたし、聖霊せいれいちからによって、あなたがたを、のぞみにあふれさせてくださるように。

    14 さて、わたしの兄弟きょうだいたちよ。あなたがた自身じしんが、善意ぜんいにあふれ、あらゆる知恵ちえたされ、そしてたがい訓戒くんかいちからのあることを、わたしはかたしんじている。

    15 しかし、わたしはあなたがたの記憶きおくあらたにするために、ところどころ、かなりおもいきっていた。それは、かみからわたしにたまわっためぐみによって、いたのである。

    16 このようにめぐみをけたのは、わたしが異邦人いほうじんのためにキリスト・イエスにつかえるものとなり、かみ福音ふくいんのために祭司さいしやくつとめ、こうして異邦人いほうじんを、聖霊せいれいによってきよめられた、御旨みむねにかなうささげものとするためである。

    17 だから、わたしはかみへの奉仕ほうしについては、キリスト・イエスにあってほこりうるのである。

    18 わたしは、異邦人いほうじん従順じゅうじゅんにするために、キリストがわたしをもちいて、言葉ことばとわざ、

    19 しるしと不思議ふしぎとのちから聖霊せいれいちからによって、はたらかせてくださったことのほかには、あえてなにかたろうとはおもわない。こうして、わたしはエルサレムからはじまり、めぐりめぐってイルリコにいたるまで、キリストの福音ふくいんたしてきた。

    20 そのさい、わたしのせつのぞんだところは、他人たにん土台どだいうえてることをしないで、キリストの御名みながまだとなえられていないところ福音ふくいんつたえることであった。

    21 すなわち、「かれのことをつたえられていなかった人々ひとびといていなかった人々ひとびとさとるであろう」といてあるとおりである。

    22 こういうわけで、わたしはあなたがたのところくことを、たびたびさまたげられてきた。

    23 しかしいまでは、この地方ちほうにはもはやはたら余地よちがなく、かつイスパニヤにおもむ場合ばあい、あなたがたのところくことを、多年たねん熱望ねつぼうしていたので、——

    24 その途中とちゅうあなたがたにい、まず幾分いくぶんでもわたしのねがいがあなたがたによってたされたら、あなたがたにおくられてそこへくことを、のぞんでいるのである。

    25 しかしいま場合ばあい聖徒せいとたちにつかえるために、わたしはエルサレムにこうとしている。

    26 なぜなら、マケドニヤとアカヤとの人々ひとびとは、エルサレムにおる聖徒せいとなかまずしい人々ひとびと援助えんじょすることに賛成さんせいしたからである。

    27 たしかに、かれらは賛成さんせいした。しかし同時どうじに、かれらはかの人々ひとびと負債ふさいがある。というのは、もし異邦人いほうじんかれらのれいものにあずかったとすれば、にくものをもってかれらにつかえるのは、当然とうぜんだからである。

    28 そこでわたしは、この仕事しごとませてかれらにこの手渡てわたしたのち、あなたがたのところをとおって、イスパニヤにこうとおもう。

    29 そしてあなたがたのところときには、キリストのちあふれる祝福しゅくふくをもってくことと、しんじている。

    30 兄弟きょうだいたちよ。わたしたちのしゅイエス・キリストにより、かつ御霊みたまあいによって、あなたがたにおねがいする。どうか、ともちからをつくして、わたしのためにかみいのってほしい。

    31 すなわち、わたしがユダヤにおる不信ふしんからすくわれ、そしてエルサレムにたいするわたしの奉仕ほうし聖徒せいとたちにけいれられるものとなるように、

    32 また、かみ御旨みむねにより、よろこびをもってあなたがたのところき、ともになぐさめうことができるようにいのってもらいたい。

    33 どうか、平和へいわかみがあなたがた一同いちどうともにいますように、アァメン。