ローマ人への手紙12
戻る 次へ

第12章

1 兄弟きょうだいたちよ。そういうわけで、かみのあわれみによってあなたがたにすすめる。あなたがたのからだを、かみよろこばれる、きた、せいなるそなものとしてささげなさい。それが、あなたがたのなすべき霊的れいてき礼拝れいはいである。

2 あなたがたは、この妥協だきょうしてはならない。むしろ、こころあらたにすることによって、つくりかえられ、なにかみ御旨みむねであるか、なにぜんであって、かみよろこばれ、かつまったきことであるかを、わきまえるべきである。

3 わたしは、自分じぶんあたえられためぐみによって、あなたがたひとりびとりにう。おもうべき限度げんどえておもいあがることなく、むしろ、かみ各自かくじあたえられた信仰しんこうはかりにしたがって、つつしふかおもうべきである。

4 なぜなら、一つのからだにたくさんの肢体したいがあるが、それらの肢体したいがみなおなはたらきをしてはいないように、

5 わたしたちもかずおおいが、キリストにあって一つのからだであり、また各自かくじたがい肢体したいだからである。

6 このように、わたしたちはあたえられためぐみによって、それぞれことなった賜物たまものっているので、もし、それが預言よげんであれば、信仰しんこう程度ていどおうじて預言よげんをし、

7 奉仕ほうしであれば奉仕ほうしをし、またおしえるものであればおしえ、

8 すすめをするものであればすすめ、寄附きふするものしみなく寄附きふし、指導しどうするもの熱心ねっしん指導しどうし、慈善じぜんをするものこころよ慈善じぜんをすべきである。

9 あいにはいつわりがあってはならない。あくにく退しりぞけ、ぜんにはしたしみむすび、

10 兄弟きょうだいあいをもってたがいにいつくしみ、すすんでたがい尊敬そんけいいなさい。

11 熱心ねっしんで、うむことなく、れいえ、しゅつかえ、

12 のぞみをいだいてよろこび、患難かんなんえ、つねいのりなさい。

13 まずしい聖徒せいとたすけ、つとめて旅人たびびとをもてなしなさい。

14 あなたがたを迫害はくがいするもの祝福しゅくふくしなさい。祝福しゅくふくして、のろってはならない。

15 よろこものともよろこび、ものともきなさい。

16 たがいおもうことをひとつにし、たかぶったおもいをいだかず、かえってひくものたちとまじわるがよい。自分じぶん知者ちしゃだとおもいあがってはならない。

17 だれにたいしてもあくをもってあくむくいず、すべてのひとたいしてぜんはかりなさい。

18 あなたがたは、できるかぎりすべてのひと平和へいわごしなさい。

19 あいするものたちよ。自分じぶん復讐ふくしゅうをしないで、むしろ、かみいかりにまかせなさい。なぜなら、「しゅわれる。復讐ふくしゅうはわたしのすることである。わたし自身じしん報復ほうふくする」といてあるからである。

20 むしろ、「もしあなたのてきえるなら、かれわせ、かわくなら、かれませなさい。そうすることによって、あなたはかれあたまえさかる炭火すみびむことになるのである」。

21 あくけてはいけない。かえって、ぜんをもってあくちなさい。