ローマ人への手紙10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 兄弟きょうだいたちよ。わたしのこころねがい、かれらのためにかみにささげるいのりは、かれらがすくわれることである。

    2 わたしは、かれらがかみたいして熱心ねっしんであることはあかしするが、その熱心ねっしんふか知識ちしきによるものではない。

    3 なぜなら、かれらはかみらないで、自分じぶんてようとつとめ、かみしたがわなかったからである。

    4 キリストは、すべてしんじるものさせるために、律法りっぽうおわりとなられたのである。

    5 モーセは、律法りっぽうによるおこなひとは、そのによってきる、といている。

    6 しかし、信仰しんこうによるは、こうっている、「あなたはこころのうちで、だれがてんのぼるであろうかとうな」。それは、キリストをろすことである。

    7 また、「だれがそこれぬところくだるであろうかとうな」。それは、キリストを死人しにんなかからげることである。

    8 では、なんとっているか。「言葉ことばはあなたのちかくにある。あなたのくちにあり、こころにある」。この言葉ことばとは、わたしたちがつたえている信仰しんこう言葉ことばである。

    9 すなわち、自分じぶんくちで、イエスはしゅであると告白こくはくし、自分じぶんこころで、かみ死人しにんなかからイエスをよみがえらせたとしんじるなら、あなたはすくわれる。

    10 なぜなら、ひとこころしんじてとされ、くち告白こくはくしてすくわれるからである。

    11 聖書せいしょは、「すべてかれしんじるものは、失望しつぼうおわることがない」とっている。

    12 ユダヤじんとギリシヤじんとの差別さべつはない。同一どういつしゅ万民ばんみんしゅであって、かれもとめるすべてのひとゆたかにめぐんでくださるからである。

    13 なぜなら、「しゅ御名みなもとめるものは、すべてすくわれる」とあるからである。

    14 しかし、しんじたことのないものを、どうしてもとめることがあろうか。いたことのないものを、どうしてしんじることがあろうか。つたえるものがいなくては、どうしてくことがあろうか。

    15 つかわされなくては、どうしてつたえることがあろうか。「ああ、うるわしいかな、きおとずれをげるものあしは」といてあるとおりである。

    16 しかし、すべてのひと福音ふくいんしたがったのではない。イザヤは、「しゅよ、だれがわたしたちからいたことをしんじましたか」とっている。

    17 したがって、信仰しんこうくことによるのであり、くことはキリストの言葉ことばからるのである。

    18 しかしわたしはう、かれらにはきこえなかったのであろうか。いな、むしろ「そのこえぜんにひびきわたり、その言葉ことば世界せかいのはてにまでおよんだ」。

    19 なお、わたしはう、イスラエルはらなかったのであろうか。まずモーセはっている、「わたしはあなたがたに、国民こくみんでないものたいしてねたみをおこさせ、無知むち国民こくみんたいして、いかりをいだかせるであろう」。

    20 イザヤも大胆だいたんっている、「わたしは、わたしをもとめないものたちにいだされ、わたしをたずねないものに、自分じぶんあらわした」。

    21 そして、イスラエルについては、「わたしは服従ふくじゅうせずに反抗はんこうするたみに、終日しゅうじつわたしのをさしべていた」とっている。