ローマ人への手紙1
    脚注
    Theme

    ローマびとへの手紙てがみ

    第1章

    1 キリスト・イエスのしもべかみ福音ふくいんのためにえらわかたれ、されて使徒しととなったパウロから——

    2 この福音ふくいんは、かみが、預言者よげんしゃたちにより、聖書せいしょなかで、あらかじめ約束やくそくされたものであって、

    3 御子みこかんするものである。御子みこは、にくによればダビデの子孫しそんからうまれ、

    4 せいなるれいによれば、死人しにんからの復活ふっかつにより、ちからをもってかみ御子みこさだめられた。これがわたしたちのしゅイエス・キリストである。

    5 わたしたちは、その御名みなのために、すべての異邦人いほうじん信仰しんこう従順じゅうじゅんいたらせるようにと、かれによってめぐみと使徒しとつとめとをけたのであり、

    6 あなたがたもまた、かれらのなかにあって、されてイエス・キリストにぞくするものとなったのである——

    7 ローマにいる、かみあいされ、された聖徒せいと一同いちどうへ。わたしたちのちちなるかみおよびしゅイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

    8 まずだい一に、わたしは、あなたがたの信仰しんこうぜん世界せかいつたえられていることを、イエス・キリストによって、あなたがた一同いちどうのために、わたしのかみ感謝かんしゃする。

    9, 10 わたしは、いのりのたびごとに、えずあなたがたをおぼえ、いつかは御旨みむねにかなってみちひらかれ、どうにかして、あなたがたのところけるようにとねがっている。このことについて、わたしのためにあかしをしてくださるのは、わたしがれいにより、御子みこ福音ふくいんつたえてつかえているかみである。

    11 わたしは、あなたがたにうことを熱望ねつぼうしている。あなたがたにれい賜物たまもの幾分いくぶんでもあたえて、ちからづけたいからである。

    12 それは、あなたがたのなかにいて、あなたがたとわたしとのおたがい信仰しんこうによって、ともはげましうためにほかならない。

    13 兄弟きょうだいたちよ。このことをらずにいてもらいたくない。わたしはほかの異邦人いほうじんあいだたように、あなたがたのあいだでも幾分いくぶんかのるために、あなたがたのところこうとしばしばくわだてたが、いままでさまたげられてきた。

    14 わたしには、ギリシヤじんにも未開みかいひとにも、かしこものにも無知むちものにも、はたすべき責任せきにんがある。

    15 そこで、わたしとしてのせつなるねがいは、ローマにいるあなたがたにも、福音ふくいんつたえることなのである。

    16 わたしは福音ふくいんはじとしない。それは、ユダヤじんをはじめ、ギリシヤじんにも、すべてしんじるものに、すくいさせるかみちからである。

    17 かみは、その福音ふくいんなか啓示けいじされ、信仰しんこうはじまり信仰しんこういたらせる。これは、「信仰しんこうによる義人ぎじんきる」といてあるとおりである。

    18 かみいかりは、不義ふぎをもって真理しんりをはばもうとする人間にんげんのあらゆる不信心ふしんじん不義ふぎとにたいして、てんから啓示けいじされる。

    19 なぜなら、かみについてりうることがらは、かれらにはあきらかであり、かみがそれをかれらにあきらかにされたのである。

    20 かみえない性質せいしつ、すなわち、かみ永遠えいえんちから神性しんせいとは、天地てんち創造そうぞうこのかた、造物ぞうぶつにおいてられていて、あきらかにみとめられるからである。したがって、かれらには弁解べんかい余地よちがない。

    21 なぜなら、かれらはかみっていながら、かみとしてあがめず、感謝かんしゃもせず、かえってそのおもいはむなしくなり、その無知むちこころくらくなったからである。

    22 かれらはみずか知者ちしゃしょうしながら、おろかになり、

    23 不朽ふきゅうかみ栄光えいこうえて、ちる人間にんげんとりけものうもののぞうせたのである。

    24 ゆえに、かみは、かれらがこころ欲情よくじょうにかられ、自分じぶんのからだをたがいにはずかしめて、けがすままにまかせられた。

    25 かれらはかみ真理しんりえて虚偽きょぎとし、創造者そうぞうしゃかわりに造物ぞうぶつおがみ、これにつかえたのである。創造者そうぞうしゃこそ永遠えいえんにほむべきものである、アァメン。

    26 それゆえ、かみかれらをずべき情欲じょうよくまかせられた。すなわち、かれらのなかおんなは、その自然しぜん関係かんけい不自然ふしぜんなものにえ、

    27 おとこもまたおなじようにおんなとの自然しぜん関係かんけいてて、たがいにその情欲じょうよくほのおやし、おとこおとこたいしてずべきことをなし、そしてその乱行らんぎょう当然とうぜんむくいを、けたのである。

    28 そして、かれらはかみみとめることをただしいとしなかったので、かみかれらをただしからぬおもいにわたし、なすべからざることをなすにまかせられた。

    29 すなわち、かれらは、あらゆる不義ふぎあく貪欲どんよく悪意あくいとにあふれ、ねたみと殺意さついあらそいと詐欺さぎ悪念あくねんとにち、また、ざんげんするもの

    30 そしるものかみにくもの不遜ふそんもの高慢こうまんもの大言壮語たいげんそうごするもの悪事あくじをたくらむものおやさからうものとなり、

    31 無知むち不誠実ふせいじつ無情むじょう無慈悲むじひものとなっている。

    32 かれらは、こうしたことおこなものどもがあたいするというかみさだめをよくりながら、みずからそれをおこなうばかりではなく、それをおこなものどもを是認ぜにんさえしている。