ピリピ人への手紙4
    脚注

    第4章

    1 だから、わたしのあいしたっている兄弟きょうだいたちよ。わたしのよろこびでありかんむりであるあいするものたちよ。このように、しゅにあってかたちなさい。

    2 わたしはユウオデヤにすすめ、またスントケにすすめる。どうか、しゅにあって一つおもいになってほしい。

    3 ついては、真実しんじつ協力者きょうりょくしゃよ。あなたにおねがいする。このふたりのおんなたすけてあげなさい。かれらは、「いのちのしょ」にきとめられているクレメンスや、その同労者どうろうしゃたちと協力きょうりょくして、福音ふくいんのためにわたしとともたたかってくれたおんなたちである。

    4 あなたがたは、しゅにあっていつもよろこびなさい。かえしてうが、よろこびなさい。

    5 あなたがたの寛容かんようを、みんなのひとしめしなさい。しゅちかい。

    6 何事なにごとおもわずらってはならない。ただ、ことごとに、感謝かんしゃをもっていのりねがいとをささげ、あなたがたのもとめるところをかみもうげるがよい。

    7 そうすれば、人知じんちではとうていはかることのできないかみ平安へいあんが、あなたがたのこころおもいとを、キリスト・イエスにあってまもるであろう。

    8 最後さいごに、兄弟きょうだいたちよ。すべて真実しんじつなこと、すべてたっとぶべきこと、すべてただしいこと、すべて純真じゅんしんなこと、すべてあいすべきこと、すべてほまれあること、またとくといわれるもの、称賛しょうさんあたいするものがあれば、それらのものをこころにとめなさい。

    9 あなたがたが、わたしからまなんだこと、けたこと、いたこと、たことは、これを実行じっこうしなさい。そうすれば、平和へいわかみが、あなたがたとともにいますであろう。

    10 さて、わたしがしゅにあっておおいによろこんでいるのは、わたしをおもこころが、あなたがたにいままたついにばえてきたことである。じつは、あなたがたは、わたしのことをこころにかけてくれてはいたが、よい機会きかいがなかったのである。

    11 わたしはとぼしいから、こううのではない。わたしは、どんな境遇きょうぐうにあっても、ることをまなんだ。

    12 わたしはひんしょするみちっており、とみにおるみちっている。わたしは、くことにもえることにも、むことにもとぼしいことにも、ありとあらゆる境遇きょうぐうしょするけつを心得こころえている。

    13 わたしをつよくしてくださるかたによって、何事なにごとでもすることができる。

    14 しかし、あなたがたは、よくもわたしと患難かんなんともにしてくれた。

    15 ピリピのひとたちよ。あなたがたもっているとおり、わたしが福音ふくいん宣伝せんでんはじめたころ、マケドニヤからかけてったときもののやりとりをしてわたしのはたらきに参加さんかした教会きょうかいは、あなたがたのほかにはまったかった。

    16 またテサロニケでも、一再いっさいならず、ものおくってわたしの欠乏けつぼうおぎなってくれた。

    17 わたしは、おくものもとめているのではない。わたしのもとめているのは、あなたがたの勘定かんじょうをふやしていく果実かじつなのである。

    18 わたしは、すべてのものけてありあまるほどである。エパフロデトから、あなたがたのおくものをいただいて、りている。それは、かんばしいかおりであり、かみよろこんでけてくださるそなものである。

    19 わたしのかみは、ご自身じしん栄光えいこうとみなかから、あなたがたのいっさいの必要ひつようを、キリスト・イエスにあってたしてくださるであろう。

    20 わたしたちのちちなるかみに、栄光えいこう世々よよかぎりなくあるように、アァメン。

    21 キリスト・イエスにある聖徒せいとのひとりびとりに、よろしく。わたしと一緒いっしょにいる兄弟きょうだいたちから、あなたがたによろしく。

    22 すべての聖徒せいとたちから、とくにカイザルのいえものたちから、よろしく。

    23 しゅイエス・キリストのめぐみが、あなたがたのれいともにあるように。