ピリピ人への手紙1
    脚注
    Theme

    ピリピびとへの手紙てがみ

    第1章

    1 キリスト・イエスのしもべたち、パウロとテモテから、ピリピにいる、キリスト・イエスにあるすべての聖徒せいとたち、ならびに監督かんとくたちと執事しつじたちへ。

    2 わたしたちのちちなるかみしゅイエス・キリストから、めぐみと平安へいあんとが、あなたがたにあるように。

    3 わたしはあなたがたをおもうたびごとに、わたしのかみ感謝かんしゃし、

    4 あなたがた一同いちどうのためにいのるとき、いつもよろこびをもっていのり、

    5 あなたがたが最初さいしょから今日こんにちいたるまで、福音ふくいんにあずかっていることを感謝かんしゃしている。

    6 そして、あなたがたのうちにいわざをはじめられたかたが、キリスト・イエスのまでにそれを完成かんせいしてくださるにちがいないと、確信かくしんしている。

    7 わたしが、あなたがた一同いちどうのために、そうかんがえるのは当然とうぜんである。それは、わたしがごくとらわれているときにも、福音ふくいん弁明べんめい立証りっしょうするときにも、あなたがたをみな、ともめぐみにあずかるものとして、わたしのこころふかめているからである。

    8 わたしがキリスト・イエスの熱愛ねつあいをもって、どんなにふかくあなたがた一同いちどうおもっていることか、それを証明しょうめいしてくださるかたはかみである。

    9 わたしはこういのる。あなたがたのあいが、ふか知識ちしきにおいて、するどい感覚かんかくにおいて、いよいよくわわり、

    10 それによって、あなたがたが、なに重要じゅうようであるかを判別はんべつすることができ、キリストのそなえて、純真じゅんしんめられるところのないものとなり、

    11 イエス・キリストによるたされて、かみ栄光えいこうとほまれとをあらわすにいたるように。

    12 さて、兄弟きょうだいたちよ。わたしのおこったことが、むしろ福音ふくいん前進ぜんしん役立やくだつようになったことを、あなたがたにってもらいたい。

    13 すなわち、わたしがごくとらわれているのはキリストのためであることが、兵営へいえい全体ぜんたいにもそのほかのすべての人々ひとびとにもあきらかになり、

    14 そして兄弟きょうだいたちのうちおおくのものは、わたしの入獄にゅうごくによってしゅにある確信かくしんおそれることなく、ますます勇敢ゆうかんに、かみことばかたるようになった。

    15 一方いっぽうでは、ねたみや闘争とうそうしんからキリストをつたえるものがおり、他方たほうでは善意ぜんいからそうするものがいる。

    16 後者こうしゃは、わたしが福音ふくいん弁明べんめいするためにてられていることをり、あいこころでキリストをつたえ、

    17 前者ぜんしゃは、わたしの入獄にゅうごくくるしみにさら患難かんなんくわえようとおもって、純真じゅんしんこころからではなく、党派心とうはしんからそうしている。

    18 すると、どうなのか。えからであるにしても、真実しんじつからであるにしても、ようするに、つたえられているのはキリストなのだから、わたしはそれをよろこんでいるし、またよろこぶであろう。

    19 なぜなら、あなたがたのいのりと、イエス・キリストのれいたすけとによって、このことがついには、わたしのすくいとなることをっているからである。

    20 そこで、わたしが切実せつじつおもいでのぞむことは、わたしが、どんなことがあってもじることなく、かえって、いつものようにいまも、大胆だいたんかたることによって、きるにもぬにも、わたしのによってキリストがあがめられることである。

    21 わたしにとっては、きることはキリストであり、ぬことはえきである。

    22 しかし、肉体にくたいにおいてきていることが、わたしにとってはみのおおはたらきになるのだとすれば、どちらをえらんだらよいか、わたしにはわからない。

    23 わたしは、これら二つのもののあいだいたばさみになっている。わたしのねがいをえば、このってキリストとともにいることであり、じつは、そのほうがはるかにのぞましい。

    24 しかし、肉体にくたいにとどまっていることは、あなたがたのためには、さらに必要ひつようである。

    25 こう確信かくしんしているので、わたしはきながらえて、あなたがた一同いちどうのところにとどまり、あなたがたの信仰しんこうすすませ、そのよろこびをさせようとおもう。

    26 そうなれば、わたしがふたたびあなたがたのところにくので、あなたがたはわたしによってキリスト・イエスにあるほこりすことになろう。

    27 ただ、あなたがたはキリストの福音ふくいんにふさわしく生活せいかつしなさい。そして、わたしがってあなたがたにうにしても、はなれているにしても、あなたがたが一つのれいによってかたち、一つこころになって福音ふくいん信仰しんこうのためにちからわせてたたかい、

    28 かつ、何事なにごとについても、敵対てきたいするものどもにろうばいさせられないでいる様子ようすを、かせてほしい。このことは、かれらにはほろびのしるし、あなたがたにはすくいのしるしであって、それはかみからるのである。

    29 あなたがたはキリストのために、ただかれしんじることだけではなく、かれのためにくるしむことをもたまわっている。

    30 あなたがたは、さきにわたしについていままたわたしについていているのとおな苦闘くとうを、つづけているのである。