ヤコブの手紙5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 んでいるひとたちよ。よくきなさい。あなたがたは、自分じぶんりかかろうとしているわざわいをおもって、さけぶがよい。

    2 あなたがたのとみて、着物きものはむしばまれ、

    3 金銀きんぎんはさびている。そして、そのさびのどくは、あなたがたのつみめ、あなたがたのにくのようにいつくすであろう。あなたがたは、おわりのときにいるのに、なおたからをたくわえている。

    4 よ、あなたがたが労働者ろうどうしゃたちにはたけ刈入かりいれをさせながら、支払しはらわずにいる賃銀ちんぎんが、さけんでいる。そして、刈入かりいれをしたひとたちのさけごえが、すでに万軍ばんぐんしゅみみたっしている。

    5 あなたがたは、地上ちじょうでおごりくらし、快楽かいらくにふけり、「ほふらるる」のために、おのがこころやしている。

    6 そして、義人ぎじんつみさだめ、これをころした。しかもかれは、あなたがたに抵抗ていこうしない。

    7 だから、兄弟きょうだいたちよ。しゅ来臨らいりんときまでしのびなさい。よ、農夫のうふは、たっとみのりを、まえあめのちあめとがあるまで、しのんでっている。

    8 あなたがたも、しゅ来臨らいりんちかづいているから、しのびなさい。こころつよくしていなさい。

    9 兄弟きょうだいたちよ。たがい不平ふへいってはならない。さばきをけるかもれないから。よ、さばきしゅが、すでに戸口とぐちっておられる。

    10 兄弟きょうだいたちよ。くるしみをしのぶことについては、しゅ御名みなによってかたった預言者よげんしゃたちを模範もはんにするがよい。

    11 しのいたひとたちはさいわいであると、わたしたちはおもう。あなたがたは、ヨブの忍耐にんたいのことをいている。また、しゅかれになさったことの結末けつまつて、しゅがいかに慈愛じあいとあわれみとにんだかたであるかが、わかるはずである。

    12 さて、わたしの兄弟きょうだいたちよ。なにはともあれ、ちかいをしてはならない。てんをさしても、をさしても、あるいは、そのほかのどんなちかいによっても、いっさいちかってはならない。むしろ、「しかり」を「しかり」とし、「いな」を「いな」としなさい。そうしないと、あなたがたは、さばきをけることになる。

    13 あなたがたのなかに、くるしんでいるものがあるか。そのひとは、いのるがよい。よろこんでいるものがあるか。そのひとは、さんびするがよい。

    14 あなたがたのなかに、んでいるものがあるか。そのひとは、教会きょうかい長老ちょうろうたちをまねき、しゅ御名みなによって、オリブそそいでいのってもらうがよい。

    15 信仰しんこうによるいのりは、んでいるひとすくい、そして、しゅはそのひとちあがらせてくださる。かつ、そのひとつみおかしていたなら、それもゆるされる。

    16 だから、たがいつみ告白こくはくい、また、いやされるようにおたがいのためにいのりなさい。義人ぎじんいのりは、おおいにちからがあり、効果こうかのあるものである。

    17 エリヤは、わたしたちとおな人間にんげんであったが、あめらないようにといのりをささげたところ、三ねん六かげつのあいだ、地上ちじょうあめらなかった。

    18 それから、ふたたびいのったところ、てんあめらせ、はそのをみのらせた。

    19 わたしの兄弟きょうだいたちよ。あなたがたのうち、真理しんりみちからまよものがあり、だれかがかれきもどすなら、

    20 かように罪人つみびとまよいのみちからきもどすひとは、そのたましいをからすくし、かつ、おおくのつみをおおうものであることを、るべきである。