ヤコブの手紙4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 あなたがたのなかたたかいやあらそいは、いったい、どこからおこるのか。それはほかではない。あなたがたの肢体したいなか相戦あいたたか欲情よくじょうからではないか。

    2 あなたがたは、むさぼるがられない。そこで人殺ひとごろしをする。熱望ねつぼうするがれることができない。そこであらそたたかう。あなたがたは、もとめないからられないのだ。

    3 もとめてもあたえられないのは、快楽かいらくのために使つかおうとして、わるもとほうをするからだ。

    4 不貞ふていのやからよ。ともとするのは、かみへの敵対てきたいであることを、らないか。おおよそともとなろうとおもものは、みずからをかみてきとするのである。

    5 それとも、「かみは、わたしたちのうちまわせたれいを、ねたむほどにあいしておられる」と聖書せいしょいてあるのは、むなしい言葉ことばだとおもうのか。

    6 しかしかみは、いやしにめぐみをたまう。であるから、「かみたかぶるものをしりぞけ、へりくだるものめぐみをたまう」とある。

    7 そういうわけだから、かみしたがいなさい。そして、悪魔あくまちむかいなさい。そうすれば、かれはあなたがたからるであろう。

    8 かみちかづきなさい。そうすれば、かみはあなたがたにちかづいてくださるであろう。罪人つみびとどもよ、をきよめよ。二心ふたごころものどもよ、こころきよくせよ。

    9 くるしめ、かなしめ、け。あなたがたのわらいをかなしみに、よろこびをうれいにえよ。

    10 しゅのみまえにへりくだれ。そうすれば、しゅは、あなたがたをたかくしてくださるであろう。

    11 兄弟きょうだいたちよ。たがい悪口わるぐちってはならない。兄弟きょうだい悪口わるぐちったり、自分じぶん兄弟きょうだいをさばいたりするものは、律法りっぽうをそしり、律法りっぽうをさばくやからである。もしあなたが律法りっぽうをさばくなら、律法りっぽう実行じっこうものではなくて、その審判者しんぱんしゃなのである。

    12 しかし、立法りっぽうしゃであり審判者しんぱんしゃであるかたは、ただひとりであって、すくうこともほろぼすこともできるのである。しかるに、となひとをさばくあなたは、いったい、何者なにものであるか。

    13 よくきなさい。「きょうか、あす、これこれのまちき、そこに一かねん滞在たいざいし、商売しょうばいをしてひともうけしよう」とものたちよ。

    14 あなたがたは、あすのこともわからぬなのだ。あなたがたのいのちは、どんなものであるか。あなたがたは、しばしのあいだあらわれて、たちまちきりにすぎない。

    15 むしろ、あなたがたは「しゅのみこころであれば、わたしはきながらえもし、あのことこのこともしよう」とうべきである。

    16 ところが、あなたがたはほこたかぶっている。このような高慢こうまんは、すべてあくである。

    17 ひとが、なすべきぜんりながらおこなわなければ、それはかれにとってつみである。