テサロニケ人への第一の手紙5
戻る 次へ

第5章

1 兄弟きょうだいたちよ。その時期じき場合ばあいとについては、きおくる必要ひつようはない。

2 あなたがた自身じしんがよくっているとおり、しゅ盗人ぬすびとよるくるようにる。

3 人々ひとびと平和へいわ無事ぶじだとっているその矢先やさきに、ちょうど妊婦にんぷみのくるしみがのぞむように、突如とつじょとしてほろびがかれらをおそってる。そして、それからのがれることはけっしてできない。

4 しかし兄弟きょうだいたちよ。あなたがたはくらやみのなかにいないのだから、そのが、盗人ぬすびとのようにあなたがたをおそうことはないであろう。

5 あなたがたはみなひかりであり、ひるなのである。わたしたちは、よるものでもやみのものでもない。

6 だから、ほかの人々ひとびとのようにねむっていないで、をさましてつつしんでいよう。

7 ねむものよるねむり、ものよるうのである。

8 しかし、わたしたちはひるものなのだから、信仰しんこうあいとの胸当むねあてにつけ、すくいのぞみのかぶとをかぶって、つつしんでいよう。

9 かみは、わたしたちをいかりにあわせるようにさだめられたのではなく、わたしたちのしゅイエス・キリストによってすくいるようにさだめられたのである。

10 キリストがわたしたちのためになれたのは、さめていてもねむっていても、わたしたちがしゅともきるためである。

11 だから、あなたがたは、いましているように、たがいなぐさい、相互そうごとくたかめなさい。

12 兄弟きょうだいたちよ。わたしたちはおねがいする。どうか、あなたがたのあいだろうし、しゅにあってあなたがたを指導しどうし、かつ訓戒くんかいしている人々ひとびとおもんじ、

13 かれらのはたらきをおもって、とくあいうやまいなさい。たがい平和へいわごしなさい。

14 兄弟きょうだいたちよ。あなたがたにおすすめする。怠惰たいだものいましめ、小心しょうしんものはげまし、よわものたすけ、すべてのひとたいして寛容かんようでありなさい。

15 だれもあくをもってあくむくいないようにこころがけ、おたがいに、またみんなにたいして、いつもぜんもとめなさい。

16 いつもよろこんでいなさい。

17 えずいのりなさい。

18 すべてのことについて、感謝かんしゃしなさい。これが、キリスト・イエスにあって、かみがあなたがたにもとめておられることである。

19 御霊みたましてはいけない。

20 預言よげんかろんじてはならない。

21 すべてのものを識別しきべつして、いものをまもり、

22 あらゆる種類しゅるいあくからとおざかりなさい。

23 どうか、平和へいわかみ自身じしんが、あなたがたをまったくきよめてくださるように。また、あなたがたのれいこころとからだとを完全かんぜんまもって、わたしたちのしゅイエス・キリストの来臨らいりんのときに、められるところのないものにしてくださるように。

24 あなたがたをされたかたは真実しんじつであられるから、このことをしてくださるであろう。

25 兄弟きょうだいたちよ。わたしたちのためにも、いのってほしい。

26 すべての兄弟きょうだいたちに、きよい接吻せっぷんをもって、よろしくつたえてほしい。

27 わたしはしゅによってめいじる。この手紙てがみを、みんなの兄弟きょうだいかせなさい。

28 わたしたちのしゅイエス・キリストのめぐみが、あなたがたとともにあるように。