聖典
ヨハネの第一の手紙4
戻る 次へ

第4章

1 あいするものたちよ。すべてのれいしんじることはしないで、それらのれいかみからたものであるかどうか、ためしなさい。おおくのにせ預言者よげんしゃてきているからである。

2 あなたがたは、こうしてかみれいるのである。すなわち、イエス・キリストが肉体にくたいをとってこられたことを告白こくはくするれいは、すべてかみからているものであり、

3 イエスを告白こくはくしないれいは、すべてかみからているものではない。これは、はんキリストのれいである。あなたがたは、それがるとかねていていたが、いまやすでににきている。

4 たちよ。あなたがたはかみからものであって、かれらにうちったのである。あなたがたのうちにいますのは、にあるものよりもおおいなるものなのである。

5 かれらはからたものである。だから、かれらはのことをかたり、かれらのうことをくのである。

6 しかし、わたしたちはかみからたものである。かみっているものは、わたしたちのうことをき、かみからないものは、わたしたちのうことをかない。これによって、わたしたちは、真理しんりれいまよいのれいとの区別くべつるのである。

7 あいするものたちよ。わたしたちはたがいあいし合おうではないか。あいは、かみからたものなのである。すべてあいするものは、かみからうまれたものであって、かみっている。

8 あいさないものは、かみらない。かみあいである。

9 かみはそのひとりにつかわし、かれによってわたしたちをきるようにしてくださった。それによって、わたしたちにたいするかみあいあきらかにされたのである。

10 わたしたちがかみあいしたのではなく、かみがわたしたちをあいしてくださって、わたしたちのつみのためにあがないのそなものとして、御子みこをおつかわしになった。ここにあいがある。

11 あいするものたちよ。かみがこのようにわたしたちをあいしてくださったのであるから、わたしたちもたがいあいうべきである。

12 かみものは、まだひとりもいない。もしわたしたちがたがいあいうなら、かみはわたしたちのうちにいまし、かみあいがわたしたちのうちにまっとうされるのである。

13 かみ御霊みたまをわたしたちにたまわったことによって、わたしたちがかみにおり、かみがわたしたちにいますことをる。

14 わたしたちは、ちち御子みこ救主すくいぬしとしておつかわしになったのをて、そのあかしをするのである。

15 もしひとが、イエスをかみ告白こくはくすれば、かみはそのひとのうちにいまし、そのひとかみのうちにいるのである。

16 わたしたちは、かみがわたしたちにたいしてっておられるあいり、かつしんじている。かみあいである。あいのうちにいるものは、かみにおり、かみかれにいます。

17 わたしたちもこのにあってかれのようにきているので、さばきの確信かくしんってつことができる。そのことによって、あいがわたしたちにまっとうされているのである。

18 あいにはおそれがない。完全かんぜんあいおそれをとりのぞく。おそれにはらしめが伴い、かつおそれるものには、あいまっとうされていないからである。

19 わたしたちがあいうのは、かみがまずわたしたちをあいしてくださったからである。

20 かみあいしている」といながら兄弟きょうだいにくものは、いつわものである。げんている兄弟きょうだいあいさないものは、えないかみあいすることはできない。

21 かみあいするものは、兄弟きょうだいをもあいすべきである。このいましめを、わたしたちはかみからさずかっている。