ヨハネの第一の手紙3
    脚注
    Theme

    第3章

    1 わたしたちがかみばれるためには、どんなにおおきなあいちちからたまわったことか、よくかんがえてみなさい。わたしたちは、すでにかみなのである。がわたしたちをらないのは、ちちらなかったからである。

    2 あいするものたちよ。わたしたちはいまかみである。しかし、わたしたちがどうなるのか、まだあきらかではない。かれあらわれるとき、わたしたちは、自分じぶんたちがかれるものとなることをっている。そのまことの御姿みすがたるからである。

    3 かれについてこののぞみをいだいているものみなかれがきよくあられるように、みずからをきよくする。

    4 すべてつみおかものは、不法ふほうおこなものである。つみ不法ふほうである。

    5 あなたがたがっているとおり、かれつみをとりのぞくためにあらわれたのであって、かれにはなんらのつみがない。

    6 すべてかれにおるものは、つみおかさない。すべてつみおかものかれたこともなく、ったこともないものである。

    7 たちよ。だれにもまどわされてはならない。かれ義人ぎじんであると同様どうように、おこなもの義人ぎじんである。

    8 つみおかものは、悪魔あくまからものである。悪魔あくまはじめからつみおかしているからである。かみあらわれたのは、悪魔あくまのわざをほろぼしてしまうためである。

    9 すべてかみからうまれたものは、つみおかさない。かみたねが、そのひとのうちにとどまっているからである。また、そのひとは、かみからうまれたものであるから、つみおかすことができない。

    10 かみ悪魔あくまとの区別くべつは、これによってあきらかである。すなわち、すべておこなわないものは、かみからものではない。兄弟きょうだいあいさないものも、同様どうようである。

    11 わたしたちはたがいあいうべきである。これが、あなたがたのはじめからいていたおとずれである。

    12 カインのようになってはいけない。かれしきものからて、その兄弟きょうだいころしたのである。なぜ兄弟きょうだいころしたのか。かれのわざがわるく、その兄弟きょうだいのわざはただしかったからである。

    13 兄弟きょうだいたちよ。があなたがたをにくんでも、おどろくにはおよばない。

    14 わたしたちは、兄弟きょうだいあいしているので、からいのちへうつってきたことを、っている。あいさないものは、のうちにとどまっている。

    15 あなたがたがっているとおり、すべて兄弟きょうだいにくもの人殺ひとごろしであり、人殺ひとごろしはすべて、そのうちに永遠えいえんのいのちをとどめてはいない。

    16 しゅは、わたしたちのためにいのちをててくださった。それによって、わたしたちはあいということをった。それゆえに、わたしたちもまた、兄弟きょうだいのためにいのちをてるべきである。

    17 とみっていながら、兄弟きょうだいこまっているのをて、あわれみのこころじるものには、どうしてかみあいが、かれのうちにあろうか。

    18 たちよ。わたしたちは言葉ことばくちさきだけであいするのではなく、おこないと真実しんじつとをもってあいし合おうではないか。

    19 それによって、わたしたちが真理しんりからたものであることがわかる。そして、かみのみまえにこころやすんじていよう。

    20 なぜなら、たといわたしたちのこころめられるようなことがあっても、かみはわたしたちのこころよりもおおいなるかたであって、すべてをごぞんじだからである。

    21 あいするものたちよ。もしこころめられるようなことがなければ、わたしたちはかみたいして確信かくしんつことができる。

    22 そして、ねがもとめるものは、なんでもいただけるのである。それは、わたしたちがかみいましめをまもり、みこころにかなうことを、おこなっているからである。

    23 そのいましめというのは、かみイエス・キリストの御名みなしんじ、わたしたちにめいじられたように、たがいあいうべきことである。

    24 かみいましめをまもひとは、かみにおり、かみもまたそのひとにいます。そして、かみがわたしたちのうちにいますことは、かみがわたしたちにたまわった御霊みたまによってるのである。