2010–2019
本質的な真理に従って行動する
戻る 次へ

本質的な真理に従って行動する

最初の示現と預言者ジョセフ・スミスは,この世の人生における幸福と昇栄に欠かすことができないさらなる知識と真理をもたらしました。

わたしが7歳のころ,母にこう聞きました。「お母さんとぼくが死んで天国に行っても,お母さんはやっぱりぼくのお母さんなの?」母はそのような質問を受けるとは思っていなかったでしょう。でも,母は知りうる限りの知識でこう答えたのです。「いいえ,天国でわたしたちは兄弟姉妹になるの。わたしはあなたのお母さんではなくなるのよ。」それは,わたしが期待していた答えではありませんでした。

そのような短い会話の後しばらくして,二人の若い男性がわたしの家の門のところにやって来ました。何らかの奇跡があって,父は彼らが家に入るのを許しました。彼らは,末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師だと言いました。

この長老たち(あとからそう呼ぶことが分かりました)は,わたしたちの家族を教え始めました。彼らがわたしたちの家に来たときはいつも,幸せな気持ちと心の高まりを感じたのをはっきりと覚えています。彼らは,一人の青年がどの教会が正しいかを神に尋ねるために森に入り,神とイエス・キリストにまみえた,と話しました。1長老たちはその示現の絵を見せてくれました。それを見たとき,ジョセフ・スミスがほんとうに父なる神とイエス・キリストにまみえたことが分かりました。宣教師は,この示現が始まりとなり,イエス・キリストの真実の教会がこの地上に再び存在することになったと言いました。2

宣教師は神の幸福の計画についても教え,宗教に関するわたしたち家族の質問に答えました。彼らは,この人生が終わった後に,家族は,父,母,息子,娘としてほんとうに一緒に住むことができると教えたのです。

わたしたち家族はバプテスマを受けました。古い習慣を変え,伝統を捨て,教会の活発な会員になるという道は,時として平坦ではありませんでした。しかし,神の憐れみと愛のおかげで,そして多くの指導者や会員の助けによって,チャレンジに満ちた最初の数年間を乗り越えました。

すでに教会に加入している大勢の人々は,毎週改宗してバプテスマを受けている多くの人と同様に,最初の示現に関する証を得ています。わたしたちがイエス・キリストの福音の簡潔な真理に従って生きようと努力するとき,聖霊はわたしたち一人一人に何度も繰り返しこの証を与えてくださいます。

最初の示現と預言者ジョセフ・スミスは,この世の人生における幸福と神の御前における昇栄に欠かすことができないさらなる知識と真理をもたらしました。一人の少年がひざまずいて誠実な祈りをささげたことによって,わたしたちが得ている3つの真理と,それに従って行動しなければならないことについて話したいと思います。

わたしたちを導くために,神は預言者を召される

最初の示現と預言者ジョセフ・スミスから学べる本質的な真理は,神は預言者,3聖見者,啓示者を召されて,わたしたちを教え,導き,戒められるということです。4これらの人々は,この地上における神の代弁者であり,5主の御名によって語り,行動する権能を持っています。6これらの人々の勧告に厳密に従うことにより,わたしたちは守られて,この地上における旅路においてえりすぐりの祝福を受けるのです。

わたしが若い独身の帰還宣教師としてブリガム・ヤング大学で学んでいたとき,テンプルスクウェアのタバナクルで総大会の神権部会に出席しました。当時教会の大管長であったエズラ・タフト・ベンソン大管長は,すべての帰還宣教師に,結婚について真剣に考え,自分の人生の最優先事項とするように強く勧めました。7その部会の後,わたしは自分に悔い改めが求められていて,預言者の勧告に従って行動する必要があることを実感しました。

こうして,わたしの妻となる人を探すために故郷のブラジルに帰る決意をしました。2か月のインターンシップのためにブラジルに帰る前,わたしは母と数人の友人に電話し,妻となる可能性のある10人ほどの若い女性の名前を挙げたリストを作りました。

ブラジルにいる間に,よく考えて祈ってから,リストにある若い女性の一人と会い,デートをし,婚約し,結婚する日を決めました。ユタ州のプロボにいる学生がデートをして婚約するほどの記録的な速さではなかったのですが,ブラジルの基準では速い進展でした。

数か月後,わたしはイレーヌと結婚しました。彼女はわたしにとって最愛の人であり,えりすぐりの祝福です。

わたしは,だれもが同じようなリストを作るべきであると言っているのではありませんが,提案したいのは,多分提案以上のことですが,生ける預言者が語ることを常に行うということです。

今日の神の預言者はトーマス・S・モンソン大管長であり,わたしたちはモンソン大管長の勧告にしっかりと従うことにより祝福を受けるのです。

神の真の特質に関する知識

最初の示現と預言者ジョセフ・スミスから学べるもう一つの真理は,神の真の特質です。神がわたしたちと同じ触れることのできる骨肉の体を持った御方であられると知ること,8また神が実在され,わたしたちが理解できる御方であられ,古代とこの末日の両方の預言者に御自身とその御子の御姿を現された神を礼拝できることは,何とすばらしい祝福でしょうか。9神は,わたしたちの祈りを聞いて答えてくださる御方です。10天上からわたしたちを見守っておられる神,11わたしたちの霊的およびこの世的な福利にいつも関心を持っておられる神です。強制によらず,神と神の戒めに自分で従って決める選択の自由を与えてくださった神です。12わたしたちに祝福を与えられ,成長して神に似た者となるようにわたしたちが試練に遭うことを許された神です。

神は一つの計画を準備され,その計画を通してわたしたちがこの世の人生と永遠において幸福を享受できるようにしてくださった愛にあふれる神です。

イエス・キリストはわたしたちの救い主であられる

最初の示現と預言者ジョセフ・スミスから,わたしたちは,わたしたちの宗教の隅のかしら石であられる主イエス・キリストの実在と,その神聖な使命に関する知識を受けています。

この世に死がもたらされたので,わたしたちは,今生きていることが確かなように,皆いつの日か死を迎えます。死の影響の一つは肉体を永久に失うことです。わたしたちにはそれを取り戻すすべがありません。さらに,わたしたちは皆地上での旅路の間に罪を犯すので,天の御父のみもとに戻ることは決してできないでしょう。

皆さんは,神の前から追い出され,再び肉体を持たないという結末について想像することができるでしょうか。

死と罪からわたしたちを解放するために救い主,贖い主が必要でした。天の御父の指示の下に,イエス・キリストが地上に来られ,苦しまれ,十字架上で亡くなられ,復活されました。それは,わたしたちも復活し,心から悔い改めを行って神聖な聖約を交わして守ることによって,もう一度神のみもとに戻れるようにするためなのです。

ヤコブはこう説明しています。「おお,神の慈しみの何と深いことか。わたしたちがこの恐ろしい怪物に捕まらないように,神は逃れる道を備えてくださっている。まことに,その恐ろしい怪物とは死と地獄であり,わたしはそれを肉体の死および霊の死と呼ぶ。」13

イエスは約束されたメシヤ,立法者,イスラエルの聖者,わたしたちの主,わたしたちの救い主,贖い主,王,そして,わたしたちのすべてです。

神とその愛する御子に従順に従い,わたしたちが皆これらの本質的な真理と知識に従って行動し続けることができますように。イエス・キリストの御名により,アーメン。