伝道の書4
戻る 次へ

第4章

1 わたしはまた、したおこなわれるすべてのしえたげをた。よ、しえたげられるものなみだを。かれらをなぐさめるものはない。しえたげるものには権力けんりょくがある。しかしかれらをなぐさめるものはいない。

2 それで、わたしはなおきている生存者せいぞんしゃよりも、すでにんだ死者ししゃを、さいわいなものおもった。

3 しかし、この両者りょうしゃよりもさいわいなのは、まだうまれないもので、したおこなわれるしきわざをないものである。

4 また、わたしはすべての労苦ろうくと、すべてのたくみなわざをたが、これはひとたがいにねたみあってなすものである。これもまたくうであって、かぜとらえるようである。

5 おろかなるものをつかねて、自分じぶんにくう。

6 片手かたてものたして平穏へいおんであるのは、両手りょうてものたして労苦ろうくし、かぜとらえるのにまさる。

7 わたしはまた、したくうなることのあるのをた。

8 ここにひとがある。ひとりであって、なかもなく、もなく、兄弟きょうだいもない。それでもかれ労苦ろうくきわまりなく、そのとみくことがない。またかれわない、「わたしはだれのためにろうするのか、どうして自分じぶんたのしませないのか」と。これもまたくうであって、くるしいわざである。

9 ふたりはひとりにまさる。かれらはその労苦ろうくによってむくいをるからである。

10 すなわちかれらがたおれるときには、そのひとりがそのともたすおこす。しかしひとりであって、そのたおれるとき、これをたすおこもののないものはわざわいである。

11 またふたりが一緒いっしょればあたたかである。ひとりだけで、どうしてあたたかになりようか。

12 ひとがもし、そのひとりをったなら、ふたりで、それにあたるであろう。三つよりのつなはたやすくはれない。

13 まずしくてかしこいわらべは、いておろかで、もはや、いさめをいれることをらないおうにまさる。

14 たとい、そのおう獄屋ごくやからて、王位おういについたものであっても、また自分じぶんくにまずしくうまれて王位おういについたものであっても、そうである。

15 わたしはしたあゆむすべてのたみが、かのわらべのようにおうかわってつのをた。

16 すべてのたみてしがない。かれはそのすべてのたみみちびいた。しかしのちものかれよろこばない。たしかに、これもまたくうであって、かぜとらえるようである。