伝道の書12
    脚注
    Theme

    第12章

    1 あなたのわかに、あなたのつくぬしおぼえよ。しきがきたり、としって、「わたしにはなんのたのしみもない」とうようにならないまえに、

    2 またひかりや、つきほしくらくならないまえに、あめのちにまたくもかえらないうちに、そのようにせよ。

    3 そのになると、いえまもものふるえ、ちからあるひとはかがみ、ひきこなすおんなすくないためにやすみ、まどからのぞくものはかすみ、

    4 まちもんざされる。そのときひきこなすおとひくくなり、ひととりこえによってきあがり、うたむすめたちはみなひくくされる。

    5 かれらはまたたかいものをおそれる。おそろしいものがみちにあり、あめんどうははなき、いなごはそのをひきずりあるき、その欲望よくぼうおとろえ、ひと永遠えいえんいえこうとするので、ひとが、ちまたをあるきまわる。

    6 そののちぎんのひもはれ、きんさらくだけ、みずがめはいずみのかたわらでやぶれ、くるま井戸いどのかたわらでくだける。

    7 ちりは、もとのようにつちかえり、れいはこれをさづけたかみかえる。

    8 伝道者でんどうしゃう、「くうくう、いっさいはくうである」と。

    9 さらに伝道者でんどうしゃ知恵ちえがあるゆえに、知識ちしきたみおしえた。かれはよくかんがえ、たずねきわめ、あまたの箴言しんげんをまとめた。

    10 伝道者でんどうしゃうるわしい言葉ことばようとつとめた。またかれ真実しんじつ言葉ことばただしくきしるした。

    11 知者ちしゃ言葉ことばぼうのようであり、またよくったくぎのようなものであって、ひとりの牧者ぼくしゃから言葉ことばあつめられたものである。

    12 わがよ、これら以外いがいことにもこころもちいよ。おおくのしょつくれば際限さいげんがない。おおまなべばからだがつかれる。

    13 ことするところは、すべてわれた。すなわち、かみおそれ、その命令めいれいまもれ。これはすべてのひと本分ほんぶんである。

    14 かみはすべてのわざ、ならびにすべてのかくれたこと善悪ぜんあくともにさばかれるからである。