ユダの手紙1
    脚注
    Theme

    ユダの手紙てがみ

    第1章

    1 イエス・キリストのしもべまたヤコブの兄弟きょうだいであるユダから、ちちなるかみあいされ、イエス・キリストにまもられているされた人々ひとびとへ。

    2 あわれみと平安へいあんあいとが、あなたがたにゆたかにくわわるように。

    3 あいするものたちよ。わたしたちがともにあずかっているすくいについて、あなたがたにきおくりたいとこころからねがっていたので、聖徒せいとたちによって、ひとたびつたえられた信仰しんこうのためにたたかうことをすすめるように、手紙てがみをおくる必要ひつようかんじるにいたった。

    4 そのわけは、信仰しんこう人々ひとびとがしのびんできて、わたしたちのかみめぐみを放縦ほうじゅう生活せいかつえ、唯一ゆいいつきみであり、わたしたちのしゅであるイエス・キリストを否定ひていしているからである。かれらは、このようなさばきをけることに、むかしから予告よこくされているのである。

    5 あなたがたはみな、じゅうぶんにっていることではあるが、しゅたみをエジプトのからすくしてのち信仰しんこうものほろぼされたことを、おもおこしてもらいたい。

    6 しゅは、自分じぶんたちの地位ちいまもろうとはせず、そのおるべきところった御使みつかいたちを、おおいなるのさばきのために、永久えいきゅうにしばりつけたまま、くらやみのなかめておかれた。

    7 ソドム、ゴモラも、まわりの町々まちまちも、同様どうようであって、おなじように淫行いんこうにふけり、不自然ふしぜん肉欲にくよくはしったので、永遠えいえん刑罰けいばつけ、人々ひとびとせしめにされている。

    8 しかし、これとおなじように、これらの人々ひとびとは、ゆめまよわされてにくけがし、権威けんいあるものたちをかろんじ、栄光えいこうあるものたちをそしっている。

    9 御使みつかいのかしらミカエルは、モーセの死体したいについて悪魔あくまろんあらそったとき相手あいてをののしりさばくことはあえてせず、ただ、「しゅがおまえをいましめてくださるように」とっただけであった。

    10 しかし、この人々ひとびと自分じぶんりもしないことをそしり、また、分別ふんべつのない動物どうぶつのように、ただ本能ほんのうてき知識ちしきにあやまられて、みずからの滅亡めつぼうまねいている。

    11 かれらはわざわいである。かれらはカインのみちき、のためにバラムのまどわしにまより、コラのような反逆はんぎゃくをしてほろんでしまうのである。

    12 かれらは、あなたがたのあいさんくわわるが、それをけがし、無遠慮ぶえんりょ宴会えんかい同席どうせきして、自分じぶんはらやしている。かれらは、いわば、かぜきまわされるみずなきくもみのらないてて、てられたあき

    13 自分じぶんはじをあわにしてうみ荒波あらなみ、さまようほしである。かれらには、まっくらなやみが永久えいきゅう用意よういされている。

    14 アダムから七代目だいめにあたるエノクもかれらについて預言よげんしてった、「よ、しゅ無数むすう聖徒せいとたちをひきいてこられた。

    15 それは、すべてのものにさばきをおこなうためであり、また、不信心ふしんじんものが、信仰しんこう無視むししておかしたすべての不信心ふしんじんなしわざと、さらに、不信心ふしんじん罪人つみびとしゅにそむいてかたったすべての暴言ぼうげんとをめるためである」。

    16 かれらは不平ふへいをならべ、不満ふまんらすものであり、自分じぶんよくのままに生活せいかつし、そのくち大言たいげんき、のためにひとにへつらうものである。

    17 あいするものたちよ。わたしたちのしゅイエス・キリストの使徒しとたちが予告よこくした言葉ことばおもしなさい。

    18 かれらはあなたがたにこうった、「おわりのときに、あざけるものたちがあらわれて、自分じぶん不信心ふしんじんよくのままに生活せいかつするであろう」。

    19 かれらは分派ぶんぱをつくるものにくぞくするもの御霊みたまたないものたちである。

    20 しかし、あいするものたちよ。あなたがたは、もっと神聖しんせい信仰しんこううえみずからをきずげ、聖霊せいれいによっていのり、

    21 かみあいなかみずからをたもち、永遠えいえんのいのちをあてとして、わたしたちのしゅイエス・キリストのあわれみをのぞみなさい。

    22 うたがいをいだく人々ひとびとがあれば、かれらをあわれみ、

    23 なかからしてすくってやりなさい。また、そのほかのひとたちを、おそれのこころをもってあわれみなさい。しかし、にくけがれたものたいしては、その下着したぎさえもみきらいなさい。

    24 あなたがたをまもってつまずかないものとし、また、その栄光えいこうのまえにきずなきものとして、よろこびのうちにたせてくださるかた、

    25 すなわち、わたしたちの救主すくいぬしなる唯一ゆいいつかみに、栄光えいこう大能たいのうちから権威けんいが、わたしたちのしゅイエス・キリストによって、世々よよはじめにも、いまも、また、世々よよかぎりなく、あるように、アァメン。