ペテロの第一の手紙5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 そこで、あなたがたのうちの長老ちょうろうたちにすすめる。わたしも、長老ちょうろうのひとりで、キリストの苦難くなんについての証人しょうにんであり、また、やがてあらわれようとする栄光えいこうにあずかるものである。

    2 あなたがたにゆだねられているかみひつじれをぼくしなさい。しいられてするのではなく、かみしたがってみずかすすんでなし、ずべき利得りとくのためではなく、本心ほんしんから、それをしなさい。

    3 また、ゆだねられたものたちのうえ権力けんりょくをふるうことをしないで、むしろ、れの模範もはんとなるべきである。

    4 そうすれば、大牧者だいぼくしゃあらわれるときには、しぼむことのない栄光えいこうかんむりけるであろう。

    5 おなじように、わかひとたちよ。長老ちょうろうたちにしたがいなさい。また、みなたがい謙遜けんそんにつけなさい。かみたかぶるものをしりぞけ、へりくだるものめぐみをたまうからである。

    6 だから、あなたがたは、かみ力強ちからづよもとに、みずからをひくくしなさい。ときればかみはあなたがたをたかくしてくださるであろう。

    7 かみはあなたがたをかえりみていてくださるのであるから、自分じぶんおもいわずらいを、いっさいかみにゆだねるがよい。

    8 つつしみ、をさましていなさい。あなたがたのてきである悪魔あくまが、ほえたけるししのように、いつくすべきものをもとめてあるまわっている。

    9 この悪魔あくまにむかい、信仰しんこうにかたくって、抵抗ていこうしなさい。あなたがたのよくっているとおり、ぜん世界せかいにいるあなたがたの兄弟きょうだいたちも、おなじようなくるしみの数々かずかずっているのである。

    10 あなたがたをキリストにある永遠えいえん栄光えいこうまねれてくださったあふるるめぐみのかみは、しばらくのくるしみののち、あなたがたをいやし、つよめ、ちからづけ、不動ふどうのものとしてくださるであろう。

    11 どうか、ちから世々よよかぎりなく、かみにあるように、アァメン。

    12 わたしは、忠実ちゅうじつ兄弟きょうだいとして信頼しんらいしているシルワノのによって、このみじか手紙てがみをあなたがたにおくり、すすめをし、また、これがかみのまことのめぐみであることをあかしした。このめぐみのうちに、かたくっていなさい。

    13 あなたがたとともえらばれてバビロンにある教会きょうかい、ならびに、わたしのマルコから、あなたがたによろしく。

    14 あい接吻せっぷんをもってたがいにあいさつをかわしなさい。キリストにあるあなたがた一同いちどうに、平安へいあんがあるように。