聖典
ペテロの第一の手紙4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 このように、キリストはにくにおいてくるしまれたのであるから、あなたがたもおな覚悟かくごこころ武装ぶそうをしなさい。にくにおいてくるしんだひとは、それによってつみからのがれたのである。

2 それは、にくにおけるのこりの生涯しょうがいを、もはや人間にんげん欲情よくじょうによらず、かみ御旨みむねによってごすためである。

3 った時代じだいには、あなたがたは、異邦人いほうじんこのみにまかせて、好色こうしょく欲情よくじょう酔酒すいしゅ宴楽えんらく暴飲ぼういんままな偶像ぐうぞう礼拝れいはいなどにふけってきたが、もうそれで十分じゅうぶんであろう。

4 いまはあなたがたが、そうしたごした乱行らんぎょうくわわらないので、かれらはおどろきあやしみ、かつ、ののしっている。

5 かれらは、やがてけるものねるものとをさばくかたに、もうひらきをしなくてはならない。

6 死人しにんにさえ福音ふくいんつたえられたのは、かれらはにくにおいては人間にんげんとしてさばきをけるが、れいにおいてはかみしたがってきるようになるためである。

7 万物ばんぶつおわりがちかづいている。だから、こころたしかにし、つつしんで、つとめていのりなさい。

8 なによりもまず、たがいあいあつたもちなさい。あいおおくのつみをおおうものである。

9 不平ふへいわずに、たがいにもてなしいなさい。

10 あなたがたは、それぞれ賜物たまものをいただいているのだから、かみのさまざまなめぐみの管理人かんりにんとして、それをおたがいのためにやくてるべきである。

11 かたものは、かみ御言みことばかたものにふさわしくかたり、奉仕ほうしするものは、かみからたまわるちからによるものにふさわしく奉仕ほうしすべきである。それは、すべてのことにおいてイエス・キリストによって、かみがあがめられるためである。栄光えいこうちからとが世々よよかぎりなく、かれにあるように、アァメン。

12 あいするものたちよ。あなたがたをこころみるためにりかかってのような試錬しれんを、なにおもいがけないことがおこったかのようにおどろきあやしむことなく、

13 むしろ、キリストのくるしみにあずかればあずかるほど、よろこぶがよい。それは、キリストの栄光えいこうあらわれるさいに、よろこびにあふれるためである。

14 キリストののためにそしられるなら、あなたがたはさいわいである。そのときには、栄光えいこうれいかみれいが、あなたがたに宿やどるからである。

15 あなたがたのうち、だれも、人殺ひとごろし、盗人ぬすびとあくおこなもの、あるいは、他人たにん干渉かんしょうするものとしてくるしみにうことのないようにしなさい。

16 しかし、クリスチャンとしてくるしみをけるのであれば、じることはない。かえって、このによってかみをあがめなさい。

17 さばきがかみいえからはじめられるときがきた。それが、わたしたちからまずはじめられるとしたら、かみ福音ふくいんしたがわない人々ひとびとすえは、どんなであろうか。

18 また義人ぎじんでさえ、かろうじてすくわれるのだとすれば、不信ふしんなるもの罪人つみびとは、どうなるであろうか。

19 だから、かみ御旨みむねしたがってくるしみをける人々ひとびとは、ぜんをおこない、そして、真実しんじつであられる創造者そうぞうしゃに、自分じぶんのたましいをゆだねるがよい。