ルツ記4
    脚注
    Theme

    第4章

    1 ボアズはまちもんのところへのぼっていって、そこにすわった。すると、さきにボアズがった親戚しんせきひととおぎようとしたので、ボアズはそのひとった、「ともよ、こちらへきて、ここにおすわりください」。かれはきてすわった。

    2 ボアズはまたまち長老ちょうろうにんまねいてった、「ここにおすわりください」。かれらがすわったとき

    3 ボアズは親戚しんせきひとった、「モアブのからかえってきたナオミは、われわれの親族しんぞくエリメレクの地所じしょろうとしています。

    4 それでわたしはそのことをあなたにらせて、ここにすわっている人々ひとびとと、たみ長老ちょうろうたちのまえで、それをいなさいと、あなたにおうとおもいました。もし、あなたが、それをあがなおうとおもわれるならば、あがなってください。しかし、あなたがそれをあがなわないならば、わたしにそうってらせてください。それをあがなうひとは、あなたのほかにはなく、わたしはあなたのつぎですから」。かれった、「わたしがあがないましょう」。

    5 そこでボアズはった、「あなたがナオミのからその地所じしょときには、んだものつまであったモアブのおんなルツをもって、んだものおこしてそのぎょうつたえなければなりません」。

    6 その親戚しんせきひとった、「それでは、わたしにはあがなうことができません。そんなことをすれば自分じぶんぎょうをそこないます。あなたがわたしにかわって、自分じぶんであがなってください。わたしはあがなうことができませんから」。

    7 むかしイスラエルでは、ものをあがなうことと、権利けんり譲渡じょうとについて、万事ばんじ決定けっていするときのならわしはこうであった。すなわち、そのひとは、自分じぶんのくつをいで、相手あいてひとわたした。これがイスラエルでの証明しょうめい方法ほうほうであった。

    8 そこで親戚しんせきひとがボアズにむかい「あなたが自分じぶんであがないなさい」とって、そのくつをいだので、

    9 ボアズは長老ちょうろうたちとすべてのたみった、「あなたがたは、きょう、わたしがエリメレクのすべてのものおよびキリオンとマロンのすべてのものをナオミのからいとったこと証人しょうにんです。

    10 またわたしはマロンのつまであったモアブのおんなルツをもって、わたしのつまとしました。これはあのんだものおこしてそのぎょうつたえ、んだものがその一族いちぞくから、またその郷里きょうりもんから断絶だんぜつしないようにするためです。きょうあなたがたは、その証人しょうにんです」。

    11 するともんにいたすべてのたみ長老ちょうろうたちはった、「わたしたちは証人しょうにんです。どうぞ、しゅがあなたのいえにはいるおんなを、イスラエルのいえをたてたラケルとレアのふたりのようにされますよう。どうぞ、あなたがエフラタでとみ、ベツレヘムでげられますように。

    12 どうぞ、しゅがこのわかおんなによってあなたにたまわる子供こどもにより、あなたのいえが、かのタマルがユダにんだペレヅのいえのようになりますように」。

    13 こうしてボアズはルツをめとってつまとし、彼女かのじょのところにはいった。しゅ彼女かのじょをみごもらせられたので、彼女かのじょはひとりのおとこんだ。

    14 そのとき、おんなたちはナオミにった、「しゅはほむべきかな、しゅはあなたを見捨みすてずに、きょう、あなたにひとりの近親きんしんをおさづけになりました。どうぞ、そのがイスラエルのうちにたかげられますように。

    15 かれはあなたのいのちをあらたにし、あなたの老年ろうねんやしなものとなるでしょう。あなたをあいするあなたのよめ、七にんのむすこにもまさる彼女かのじょかれんだのですから」。

    16 そこでナオミはそのをとり、ふところにいて、やしなそだてた。

    17 近所きんじょおんなたちは「ナオミにおとこうまれた」とって、かれをつけ、そのをオベデとんだ。かれはダビデのちちであるエッサイのちちとなった。

    18 さてペレヅの子孫しそんつぎのとおりである。ペレヅからヘヅロンがうまれ、

    19 ヘヅロンからラムがうまれ、ラムからアミナダブがうまれ、

    20 アミナダブからナションがうまれ、ナションからサルモンがうまれ、

    21 サルモンからボアズがうまれ、ボアズからオベデがうまれ、

    22 オベデからエッサイがうまれ、エッサイからダビデがうまれた。