ルツ記1
    脚注

    ルツ

    第1章

    1 さばきづかさがおさめているころ、くにきんがあったので、ひとりのひとがそのつまとふたりのおとこれてユダのベツレヘムをり、モアブのってそこに滞在たいざいした。

    2 そのひとはエリメレク、つまはナオミ、ふたりのおとこはマロンとキリオンといい、ユダのベツレヘムのエフラタびとであった。かれらはモアブのって、そこにおったが、

    3 ナオミのおっとエリメレクはんで、ナオミとふたりのおとこのこされた。

    4 ふたりのおとこはそれぞれモアブのおんなつまむかえた。そのひとりのはオルパといい、ひとりのはルツといった。かれらはそこに十ねんほどんでいたが、

    5 マロンとキリオンのふたりもまたんだ。こうしてナオミはふたりのおっととにさきだたれた。

    6 そのとき、ナオミはモアブので、しゅがそのたみかえりみて、すでに食物しょくもつをおあたえになっていることをいたので、そのよめともって、モアブのからふるさとへかえろうとした。

    7 そこで彼女かのじょいまいるところ出立しゅったつし、ユダのかえろうと、ふたりのよめれてみちすすんだ。

    8 しかしナオミはふたりのよめった、「あなたがたは、それぞれ自分じぶんははいえかえってきなさい。あなたがたが、んだふたりのとわたしに親切しんせつをつくしたように、どうぞ、しゅがあなたがたに、いつくしみをたまわりますよう。

    9 どうぞ、しゅがあなたがたにおっとあたえ、おっといえで、それぞれどころさせられるように」。こうって、ふたりのよめくちづけしたので、かれらはこえをあげてき、

    10 ナオミにった、「いいえ、わたしたちは一緒いっしょにあなたのたみのところへかえります」。

    11 しかしナオミはった、「むすめたちよ、かえってきなさい。どうして、わたしと一緒いっしょこうというのですか。あなたがたのおっととなるがまだわたしの胎内たいないにいるとおもうのですか。

    12 むすめたちよ、かえってきなさい。わたしはとしをとっているので、おっとをもつことはできません。たとい、わたしが今夜こんやおっとをもち、またのぞみがあるとしても、

    13 そのためにあなたがたは、どもの成長せいちょうするまでっているつもりなのですか。あなたがたは、そのためにおっとをもたずにいるつもりなのですか。むすめたちよ、それはいけません。しゅがわたしにのぞみ、わたしをめられたことで、あなたがたのために、わたしは非常ひじょうこころいためているのです」。

    14 かれらはまたこえをあげていた。そしてオルパはそのしゅうとめにくちづけしたが、ルツはしゅうとめをはなれなかった。

    15 そこでナオミはった、「ごらんなさい。あなたの相嫁あいよめ自分じぶんたみ自分じぶん神々かみがみのもとへかえってきました。あなたも相嫁あいよめのあとについてかえりなさい」。

    16 しかしルツはった、「あなたをて、あなたをはなれてかえることをわたしにすすめないでください。わたしはあなたのかれるところき、またあなたの宿やどられるところ宿やどります。あなたのたみはわたしのたみ、あなたのかみはわたしのかみです。

    17 あなたのなれるところでわたしもんで、そのかたわらにほうむられます。もしわかれでなく、わたしがあなたとわかれるならば、しゅよ、どうぞわたしをいくえにもばっしてください」。

    18 ナオミはルツが自分じぶん一緒いっしょこうと、かた決心けっしんしているのをたので、そのうえうことをやめた。

    19 そしてふたりはたびをつづけて、ついにベツレヘムにいた。かれらがベツレヘムにいたとき、まちはこぞってかれらのためにさわぎたち、おんなたちはった、「これはナオミですか」。

    20 ナオミはかれらにった、「わたしをナオミ(たのしみ)とばずに、マラ(くるしみ)とんでください。なぜなら全能者ぜんのうしゃがわたしをひどくくるしめられたからです。

    21 わたしはくときはゆたかでありましたが、しゅはわたしをからかえされました。しゅがわたしをなやまし、全能者ぜんのうしゃがわたしにわざわいをくだされたのに、どうしてわたしをナオミとぶのですか」。

    22 こうしてナオミは、モアブのからかえったよめ、モアブのおんなルツと一緒いっしょかえってきて、大麦おおむぎかりはじめにベツレヘムにいた。