ヨブ記34
    脚注
    Theme

    第34章

    1 エリフはまたこたえてった、

    2 「あなたがた知恵ちえある人々ひとびとよ、わたしの言葉ことばけ、あなたがた知識ちしきある人々ひとびとよ、わたしにみみかたむけよ。

    3 くち食物しょくもつあじわうように、みみ言葉ことばをわきまえるからだ。

    4 われわれはただしいことえらび、われわれのあいだことなにであるかをあきらかにしよう。

    5 ヨブはった、『わたしはただしい、かみはわたしの公義こうぎうばわれた。

    6 わたしはただしいにもかかわらず、いつわものとされた。わたしにはとががないけれども、わたしのきずはいえない』と。

    7 だれかヨブのようなひとがあろう。かれはあざけりをみずのようにみ、

    8 あくをなすものどもとまじわり、悪人あくにんともあゆむ。

    9 かれった、『ひとかみしたしんでも、なんのえきもない』と。

    10 それであなたがた理解りかいある人々ひとびとよ、わたしにけ、かみだんじてあくおこなうことなく、全能者ぜんのうしゃだんじて不義ふぎおこなうことはない。

    11 かみひとのわざにしたがってそのむくい、おのおののみちにしたがって、そのりかからせられる。

    12 まことにかみしきことおこなわれない。全能者ぜんのうしゃはさばきをまげられない。

    13 だれかこのかれにゆだねたものがあるか。だれかぜん世界せかいかれわせたものがあるか。

    14 かみがもしそのれいをご自分じぶんりもどし、そのいきをご自分じぶんりあつめられるならば、

    15 すべてのにくともほろび、ひとはちりにかえるであろう。

    16 もし、あなたにさとりがあるならば、これをけ、わたしのうところにみみかたむけよ。

    17 公義こうぎにくものおさめることができようか。ただしくちからあるものを、あなたは非難ひなんするであろうか。

    18 おうたるものかって『よこしまなもの』とい、つかさたるものかって、『しきもの』とうことができるであろうか。

    19 かみくんたるものをもかたよりられることなく、めるものまずしきものにまさってかえりみられることはない。かれらはみなのわざだからである。

    20 かれらはまたたくに、たみよるあいだわれて、えうせ、ちからあるもの人手ひとでによらずにのぞかれる。

    21 かみひとみちうえにあって、そのすべてのあゆみをられるからだ。

    22 あくおこなものにはかくすべきくらやみもなく、暗黒あんこくもない。

    23 ひとがさばきのためにかみまえるとき、かみひとのためにときさだめておかれない。

    24 かれちからあるものをも調しらべることなくほろぼし、人々ひとびとてて、これにえられる。

    25 このように、かみかれらのわざをり、かれらをくつがえされるので、かれらはやがてほろびる。

    26 かれ人々ひとびとところで、かれらをそのあくのためにたれる。

    27 これはかれらがそむいてかれしたがわず、そのみちまったかえりみないからだ。

    28 こうしてかれらはまずしきものさけびをかれのもとにいたらせ、なやめるものさけびをかれかせる。

    29 かれだまっておられるとき、だれが非難ひなんすることができようか。かれかおかくされるとき、だれがかれることができようか。一こくうえにも、一にんうえにも同様どうようだ。

    30 これはかみしんじないものおさめることがなく、たみをわなにかけることのないようにするためである。

    31 だれがかみかってったか、『わたしはつみおかさないのに、こらしめられた。

    32 わたしのないものをわたしにおしえられたい。もしわたしがわることをしたなら、かさねてこれをしない』と。

    33 あなたがこばむゆえに、かれはあなたのこのむようにむくいをされるであろうか。あなたみずからえらぶがよい、わたしはしない。あなたのるところをいなさい。

    34 さとりある人々ひとびとはわたしにうだろう、わたしにくところの知恵ちえあるひとうだろう、

    35 『ヨブのうところは知識ちしきがなく、その言葉ことばさとりがない』と。

    36 どうかヨブがおわりまでこころみられるように、かれ悪人あくにんのようにこたえるからである。

    37 かれ自分じぶんつみに、とがをくわえ、われわれのなかにあってをうち、かみさからって、その言葉ことばをしげくする」。