ヨブ記19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 そこでヨブはこたえてった、

    2 「あなたがたはいつまでわたしをなやまし、言葉ことばをもってわたしをくだくのか。

    3 あなたがたはすでに十度とたびもわたしをはずかしめ、わたしをわるくあしらってもなおじないのか。

    4 たといわたしが、まことにあやまったとしても、そのあやまちは、わたし自身じしんにとどまる。

    5 もしあなたがたが、まことにわたしにかってたかぶり、わたしのはじろんじるならば、

    6 かみがわたしをしえたげ、そのあみでわたしをかこまれたのだ』とるべきだ。

    7 よ、わたしが『暴虐ぼうぎゃく』とさけんでもこたえられず、たすけをもとめても、さばきはない。

    8 かれはわたしのみちにかきをめぐらして、えることのできないようにし、わたしのみちくらやみをかれた。

    9 かれはわたしのさかえをわたしからはぎり、わたしのこうべからかんむりうばい、

    10 四方しほうからわたしをりこわして、うせさせ、わたしののぞみをのようにり、

    11 わたしにかっていかりをやし、わたしをてきのひとりのようにおもわれた。

    12 その軍勢ぐんぜいがいっせいにて、るいきずいてせ、わたしの天幕てんまくのまわりにじんった。

    13 かれはわたしの兄弟きょうだいたちをわたしからとおはなれさせられた。わたしを人々ひとびとまったくわたしに疎遠そえんになった。

    14 わたしの親類しんるいおよびしたしいともはわたしを見捨みすて、

    15 わたしのいえ宿やどものはわたしをわすれ、わたしのはしためらはわたしを他人たにんのようにおもい、わたしはかれらの他国たこくじんとなった。

    16 わたしがしもべをんでも、かれこたえず、わたしはくちをもってかれわなければならない。

    17 わたしのいきはわがつまにいとわれ、わたしはおなはらたちにきらわれる。

    18 わらべたちさえもわたしをあなどり、わたしががれば、わたしをあざける。

    19 したしい人々ひとびとみなわたしをいみきらい、わたしのあいした人々ひとびとはわたしにそむいた。

    20 わたしのほねかわにくにつき、わたしはわずかにかわをもってのがれた。

    21 わがともよ、わたしをあわれめ、わたしをあわれめ、かみのみがわたしをったからである。

    22 あなたがたは、なにゆえかみのようにわたしをめ、わたしのにくをもって満足まんぞくしないのか。

    23 どうか、わたしの言葉ことばが、きとめられるように。どうか、わたしの言葉ことばが、書物しょもつにしるされるように。

    24 てつふでなまりとをもって、ながくいわきざみつけられるように。

    25 わたしはる、わたしをあがなうものきておられる、のちかれかならうえたれる。

    26 わたしのかわがこのようにほろぼされたのち、わたしはにくはなれてかみるであろう。

    27 しかもわたしの味方みかたとしてるであろう。わたしのものはこれ以外いがいのものではない。わたしのこころはこれをのぞんでこがれる。

    28 あなたがたがもし『われわれはどうしてかれめようか』とい、また『こと根源こんげんかれのうちにいだされる』とうならば、

    29 つるぎをおそれよ、いかりはつるぎのばつをきたらすからだ。これによって、あなたがたは、さばきのあることをるであろう」。