聖典
ネヘミヤ書6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第6章

1 サンバラテ、トビヤ、アラビヤびとガシムおよびそののわれわれのてきは、わたしが城壁じょうへききずおわって、一つのやぶれものこらないといた。(しかしそのときにはまだもんのとびらをつけていなかったのである。)

2 そこでサンバラテとガシムはわたしに使者ししゃをつかわしてった、「さあ、われわれはオノの平野へいやにある一つのむら会見かいけんしよう」と。かれらはわたしに危害きがいくわえようとかんがえていたのである。

3 それでわたしはかれらに使者ししゃをつかわしてわせた、「わたしはおおいなる工事こうじをしているからくだってくことはできない。どうしてこの工事こうじをさしおいて、あなたがたのところくだってき、そのかん工事こうじをやめることができようか」。

4 かれらは四までこのようにわたしにひとをつかわしたが、わたしはおなじようにかれらにこたえた。

5 ところが、サンバラテは五度目どめにそのしもべをまえのようにわたしにつかわした。そのには開封かいふう手紙てがみたずさえていた。

6 そのなかつぎのようにしるしてあった、「しょ国民こくみんあいだつたえられ、またガシムもっているが、あなたはユダヤひととも反乱はんらんくわだて、これがために城壁じょうへききずいている。またそのうところによれば、あなたはかれらのおうになろうとしている。

7 またあなたは預言者よげんしゃてて、あなたのことをエルサレムにのべつたえさせ、『ユダにおうがある』とわせているが、そのことはこの言葉ことばのとおりおうきこえるでしょう。それゆえ、いまおいでなさい。われわれはとも相談そうだんしましょう」。

8 そこでわたしはかれひとをつかわしてわせた、「あなたのうようなことはしていません。あなたはそれを自分じぶんこころからつくしたのです」と。

9 かれらはみな「かれらのよわって工事こうじをやめるようになれば、工事こうじ成就じょうじゅしないだろう」とかんがえて、われわれをおどそうとしたのである。しかしかみよ、どうぞいまわたしのつよめてください。

10 さてわたしはメヘタベルのデラヤのシマヤのいえったところ、かれじこもっていてった、「われわれはかみみやすなわち神殿しんでんなか会合かいごうし、神殿しんでんじておきましょう。かれらはあなたをころそうとしてるからです。きっとよるのうちにあなたをころそうとしてるでしょう」。

11 わたしはった、「わたしのようなものがどうしてげられよう。わたしのようなものでだれが神殿しんでんにはいっていのちまっとうすることができよう。わたしははいらない」。

12 わたしはさとった。かみかれをつかわされたのではない。かれがわたしにむかってこの預言よげんつたえたのは、トビヤとサンバラテがかれ買収ばいしゅうしたためである。

13 かれ買収ばいしゅうされたのはこのことのためである。すなわちわたしをおそれさせ、わたしにこのようにさせて、つみおかさせ、わたしに悪名あくめいをきせて侮辱ぶじょくするためであった。

14 わがかみよ、トビヤ、サンバラテおよびおんな預言者よげんしゃノアデヤならびにその預言者よげんしゃなど、すべてわたしをおそれさせようとするものたちをおぼえて、かれらがったこれらのわざにむくいてください。

15 こうして城壁じょうへきは五十二にちて、エルルのつきの二十五にち完成かんせいした。

16 われわれのてきみなこれをいたとき、われわれの周囲しゅうい異邦人いほうじんはみなおそれ、おおいに面目めんぼくうしなった。かれらはこの工事こうじが、われわれのかみたすけによって成就じょうじゅしたことをさとったからである。

17 またそのころ、ユダのたっと人々ひとびとおおくの手紙てがみをトビヤにおくった。トビヤの手紙てがみもまたかれらにきた。

18 トビヤはアラのシカニヤの婿むこであったので、ユダのうちのおおくのものかれちかいをてていたからである。トビヤのヨハナンもベレキヤのメシュラムのむすめつまにめとった。

19 かれらはまたトビヤの善行ぜんこうをわたしのまえかたり、またわたしの言葉ことばかれつたえた。トビヤはたびたび手紙てがみおくって、わたしをおそれさせようとした。