聖典
士師記4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 エホデがんだのち、イスラエルの人々ひとびとがまたしゅまえあくをおこなったので、

2 しゅは、ハゾルでおさめていたカナンのおうヤビンのかれらをりわたされた。ヤビンの軍勢ぐんぜいちょうはハロセテ・ゴイムにんでいたシセラであった。

3 かれてつ戦車せんしゃ九百りょうをもち、二十ねんあいだイスラエルの人々ひとびとはげしくしえたげたので、イスラエルの人々ひとびとしゅかってばわった。

4 そのころラピドテのつまおんな預言者よげんしゃデボラがイスラエルをさばいていた。

5 彼女かのじょはエフライムの山地さんちのラマとベテルのあいだにあるデボラのしゅろのしたし、イスラエルの人々ひとびと彼女かのじょのもとにのぼってきて、さばきをうけた。

6 デボラはひとをつかわして、ナフタリのケデシからアビノアムのバラクをまねいてった、「イスラエルのかみしゅはあなたに、こうめいじられるではありませんか、『ナフタリの部族ぶぞくとゼブルンの部族ぶぞくから一万にんひきい、って、タボルやまじんをしけ。

7 わたしはヤビンの軍勢ぐんぜいちょうシセラとその戦車せんしゃ軍隊ぐんたいとをキションかわせて、あなたにあわせ、かれをあなたのにわたすであろう』」。

8 バラクは彼女かのじょった、「あなたがもし一緒いっしょってくだされば、わたしはきます。しかし、一緒いっしょってくださらないならば、きません」。

9 デボラはった、「かならずあなたと一緒いっしょきます。しかしあなたはいまみちではほまれないでしょう。しゅはシセラをおんなにわたされるからです」。デボラはってバラクと一緒いっしょにケデシにった。

10 バラクはゼブルンとナフタリをケデシにあつめ、一万にんしたがえてのぼった。デボラもかれとものぼった。

11 ときにケニびとヘベルはモーセのしゅうとホバブの子孫しそんであるケニびとからわかれて、ケデシにちかいザアナイムのかしのまでもとおって天幕てんまくっていた。

12 アビノアムのバラクがタボルやまのぼったと、人々ひとびとがシセラにげたので、

13 シセラは自分じぶん戦車せんしゃ全部ぜんぶすなわちてつ戦車せんしゃ九百りょうと、自分じぶんともにおるすべてのたみをハロセテ・ゴイムからキションかわあつめた。

14 デボラはバラクにった、「さあ、ちあがりなさい。きょうはしゅがシセラをあなたのにわたされるです。しゅはあなたに先立さきだってられるではありませんか」。そこでバラクは一万にんしたがえてタボルやまからくだった。

15 しゅはつるぎをもってシセラとすべての戦車せんしゃおよび軍勢ぐんぜいをことごとくバラクのまえやぶられたので、シセラは戦車せんしゃからびおり、徒歩とほった。

16 バラクは戦車せんしゃ軍勢ぐんぜいとを追撃ついげきしてハロセテ・ゴイムまでった。シセラの軍勢ぐんぜいはことごとくつるぎにたおれて、のこったものはひとりもなかった。

17 しかしシセラは徒歩とほって、ケニびとヘベルのつまヤエルの天幕てんまくった。ハゾルのおうヤビンとケニびとヘベルのいえとはたがいにむつまじかったからである。

18 ヤエルはてきてシセラをむかえ、かれった、「おはいりください。しゅよ、どうぞうちへおはいりください。おそれるにはおよびません」。シセラが天幕てんまくにはいったので、ヤエルは毛布もうふをもってかれをおおった。

19 シセラはヤエルにった、「どうぞ、わたしにみずすこませてください。のどがかわきましたから」。ヤエルはちちかわぶくろひらいてかれませ、またかれをおおった。

20 シセラはまたヤエルにった、「天幕てんまく入口いりぐちっていてください。もしひとがきて、あなたに『だれか、ここにおりますか』とうならば『おりません』とこたえてください」。

21 しかしかれつかれて熟睡じゅくすいしたとき、ヘベルのつまヤエルは天幕てんまくのくぎをり、つちたずさえてかれしのり、こめかみにくぎをんでとおしたので、かれいきえてんだ。

22 バラクがシセラをってきたとき、ヤエルはかれ出迎でむかえてった、「おいでなさい。あなたがもとめているひとをおせしましょう」。かれがヤエルの天幕てんまくにはいってると、シセラはこめかみにくぎをたれてたおれてんでいた。

23 こうしてそのかみはカナンのおうヤビンをイスラエルの人々ひとびとまえやぶられた。

24 そしてイスラエルの人々ひとびとはますますカナンびとのおうヤビンのうえおもくなって、ついにカナンのおうヤビンをほろぼすにいたった。