聖典
ホセア書1

ホセアしょ

第1章

1 ユダヤのおうウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの、イスラエルのおうヨアシのヤラベアムのに、ベエリのホセアにのぞんだしゅ言葉ことば

2 しゅ最初さいしょホセアによってかたられたときしゅはホセアにわれた、「って、淫行いんこうつまと、淫行いんこうによってうまれたらをけいれよ。このくにしゅにそむいて、はなはだしい淫行いんこうをなしているからである」。

3 そこでかれってデブライムのむすめゴメルをめとった。彼女かのじょはみごもっておとこんだ。

4 しゅはまたかれわれた、「あなたはそのをエズレルとづけよ。しばらくしてわたしはエズレルののためにエヒウのいえばっし、イスラエルのいえくにほろぼすからである。

5 その、わたしはエズレルのたにでイスラエルのゆみる」と。

6 ゴメルはまたみごもっておんなんだ。しゅはホセアにわれた、「あなたはそのをロルハマとづけよ。わたしはもはやイスラエルのいえをあわれまず、けっしてこれをゆるさないからである。

7 しかし、わたしはユダのいえをあわれみ、そのかみしゅによってこれをすくう。わたしはゆみ、つるぎ、戦争せんそううまおよび騎兵きへいによってすくうのではない」と。

8 ゴメルはロルハマを乳離ちばなれさせたとき、またみごもっておとこんだ。

9 しゅわれた、「そのをロアンミとづけよ。あなたがたは、わたしのたみではなく、わたしは、あなたがたのかみではないからである」。

10 しかしイスラエルの人々ひとびとかずうみすなのようにはかることも、かぞえることもできないほどになって、さきにかれらが「あなたがたは、わたしのたみではない」とわれたそのところで、「あなたがたはけるかみである」とわれるようになる。

11 そしてユダの人々ひとびととイスラエルの人々ひとびとともあつまり、ひとりのちょうてて、そのからのぼってる。エズレルのおおいなるものとなる。