歴代志下5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 こうしてソロモンはしゅみやのためにしたすべての工事こうじおわった。そしてソロモンはちちダビデがささげたもの、すなわち金銀きんぎんおよびもろもろの器物うつわものたずさえてってかみみや宝蔵ほうぞうおさめた。

    2 ソロモンはしゅ契約けいやくはこをダビデのまちシオンからかつぎのぼろうとして、イスラエルの長老ちょうろうたちと、すべての部族ぶぞくのかしらたちと、イスラエルの人々ひとびと氏族しぞくちょうたちをエルサレムにあつめた。

    3 イスラエルの人々ひとびとみながつまつりおうのもとにあつまった。

    4 イスラエルの長老ちょうろうたちがみなきたので、レビびとたちははこげた。

    5 かれらははこと、会見かいけん幕屋まくやと、幕屋まくやにあるすべてせいなるうつわをかつぎのぼった。すなわち祭司さいしとレビびとがこれらのものをかつぎのぼった。

    6 ソロモンおうおよびかれのもとにあつまったイスラエルの会衆かいしゅうみなはこまえひつじうしをささげたが、そのかずおおくて、調しらべることもかぞえることもできなかった。

    7 こうして祭司さいしたちはしゅ契約けいやくはこをその場所ばしょにかつぎれ、みや本殿ほんでんである至聖所しせいじょのうちのケルビムのつばさしたいた。

    8 ケルビムはつばさはこところうえべていたので、ケルビムはうえからはことそのさおをおおった。

    9 さおはながかったので、さおのはし本殿ほんでんまえ聖所せいじょからえた。しかし外部がいぶにはえなかった。さおは今日こんにちまでそこにある。

    10 はこうちには二まいいたのほかなにもなかった。これはイスラエルの人々ひとびとがエジプトからたとき、しゅかれらと契約けいやくむすばれ、モーセがホレブでそれをおさめたものである。

    11 そして祭司さいしたちが聖所せいじょからたとき(ここにいた祭司さいしたちはみな、そのくみじゅんにかかわらずきよめた。

    12 またレビびとのうたうたうもの、すなわちアサフ、ヘマン、エドトンおよびかれらのたちと兄弟きょうだいたちはみな亜麻あまぬの、シンバルと、立琴たてごとと、ことをとって祭壇さいだんひがしち、百二十にん祭司さいしかれらと一緒いっしょってラッパをいた。

    13 ラッパものうたうたうものとは、ひとりのようにこえわせてしゅをほめ、感謝かんしゃした)、そしてかれらがラッパと、シンバルとその楽器がっきをもってこえをふりあげ、しゅをほめて「しゅめぐみあり、そのあわれみはとこしえにえることがない」とったとき、くもはそのみやすなわちしゅみやちた。

    14 祭司さいしたちはくものゆえにってつとめをすることができなかった。しゅ栄光えいこうかみみやちたからである。