歴代志下36
戻る 次へ

第36章

1 くにたみはヨシヤのエホアハズをて、エルサレムでそのちちかわっておうとならせた。

2 エホアハズはおうとなったとき二十三さいで、エルサレムで三つきあいだおさめたが、

3 エジプトのおうはエルサレムでかれはいし、かつぎん百タラント、きん一タラントの罰金ばっきんくにした。

4 そしてエジプトおうかれ兄弟きょうだいエリアキムをユダとエルサレムのおうとし、そのをエホヤキムとあらため、その兄弟きょうだいエホアハズをとらえてエジプトへいてった。

5 エホヤキムはおうとなったとき二十五さいで、十一ねんあいだエルサレムでおさめた。かれはそのかみしゅまえあくおこなった。

6 ときに、バビロンのおうネブカデネザルがかれところのぼり、かれをバビロンにいてこうとして、かせにつないだ。

7 ネブカデネザルはまたしゅみや器物うつわものをバビロンにはこんでって、バビロンにあるその宮殿きゅうでんにそれをおさめた。

8 エホヤキムのその行為こうい、そのったにくむべきことおよびかれがひそかにったことなどは、イスラエルとユダのれつおうしょにしるされている。そのエホヤキンがかれかわっておうとなった。

9 エホヤキンはおうとなったときさいで、エルサレムで三つきと十あいだおさめ、しゅまえあくおこなった。

10 としあらたまりはるになって、ネブカデネザルおうひとをつかわして、かれしゅみやたっと器物うつわものともにバビロンにれてかせ、その兄弟きょうだいゼデキヤをユダとエルサレムのおうとした。

11 ゼデキヤはおうとなったとき二十一さいで、十一ねんあいだエルサレムでおさめた。

12 かれはそのかみしゅまえあくおこない、しゅ言葉ことばつたえる預言者よげんしゃエレミヤのまえに、をひくくしなかった。

13 かれはまた、かれかみをさしてちかわせたネブカデネザルおうにもそむいた。かれ強情ごうじょうで、そのこころをかたくなにして、イスラエルのかみしゅかえらなかった。

14 祭司さいしのかしらたちおよびたみらもまた、すべて異邦人いほうじんのもろもろのにくむべき行為こういにならって、はなはだしくつみおかし、しゅがエルサレムに聖別せいべつしておかれたしゅみやけがした。

15 その先祖せんぞかみしゅはそのたみと、すみかをあわれむがゆえに、しきりに、その使者ししゃかれらにつかわされたが、

16 かれらがかみ使者ししゃたちをあざけり、その言葉ことばかろんじ、その預言者よげんしゃたちをののしったので、しゅいかりがそのたみかっておこり、ついにすくうことができないようになった。

17 そこでしゅはカルデヤびとのおうかれらにめこさせられたので、かれはその聖所せいじょいえでつるぎをもって若者わかものたちをころし、若者わかものをも、処女しょじょをも、老人ろうじんをも、しらがのものをもあわれまなかった。しゅかれらをことごとくかれわたされた。

18 かれかみみやのもろもろの大小だいしょう器物うつわものしゅみやざいおうとそのつかさたちのざいなど、すべてこれをバビロンにたずさえてき、

19 かみみやき、エルサレムの城壁じょうへきをくずし、そのうちの宮殿きゅうでんをことごとくき、そのうちのたっと器物うつわものをことごとくこわした。

20 かれはまたつるぎをのがれたものどもを、バビロンにとらえてって、かれとそのらの家来けらいとなし、ペルシャのくにおこるまで、そうしていた。

21 これはエレミヤのくちによってつたえられたしゅ言葉ことば成就じょうじゅするためであった。こうしてくにはついにその安息あんそくをうけた。すなわちこれはそのれているあいだ安息あんそくして、ついに七十ねんちた。

22 ペルシャおうクロスの元年がんねんあたり、しゅはエレミヤのくちによってつたえたしゅ言葉ことば成就じょうじゅするため、ペルシャおうクロスのれい感動かんどうされたので、おうはあまねく国中くにぢゅうにふれしめし、またそれをしめしてった、

23 「ペルシャのおうクロスはこうう、『てんかみしゅ地上ちじょう国々くにぐにをことごとくわたしにたまわって、しゅみやをユダにあるエルサレムにてることをわたしにめいじられた。あなたがたのうち、そのたみであるものみな、そのかみしゅたすけをのぼってきなさい』」。