聖典
歴代志下34
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第34章

1 ヨシヤは八さいのときおうとなり、エルサレムで三十一ねんあいだおさめた。

2 かれしゅしとられることをなし、そのちちダビデのみちあゆんで、みぎにもひだりにもまがらなかった。

3 かれはまだわかかったが、その治世ちせいだいねんちちダビデのかみもとめることをはじめ、その十二ねんにはたかところ、アシラぞうきざんだぞうぞうなどをのぞいて、ユダとエルサレムをきよめることをはじめ、

4 もろもろのバアルの祭壇さいだんを、自分じぶんまえちこわさせ、そのうえっていたこう祭壇さいだんたおし、アシラぞうきざんだぞうぞうくだいて粉々こなごなにし、これらのぞう犠牲ぎせいをささげたものどものはかうえにそれをまきらし、

5 祭司さいしらのほねをそのもろもろの祭壇さいだんうえき、こうしてユダとエルサレムをきよめた。

6 またマナセ、エフライム、シメオンおよびナフタリのれた町々まちまちにもこのようにし、

7 もろもろの祭壇さいだんをこわし、アシラぞうおよびもろもろのきざんだぞう粉々こなごなくだき、イスラエル全国ぜんこくこう祭壇さいだんをことごとくたおして、エルサレムにかえった。

8 ヨシヤはその治世ちせいの十八ねんに、くにみやとをきよめたとき、そのかみしゅみやつくろわせようと、アザリヤのシャパン、まちのつかさマアセヤおよびヨアハズの史官しかんヨアをつかわした。

9 かれらはだい祭司さいしヒルキヤのもとへって、かみみやにはいったかねわたした。これはもんまもるレビびとがマナセ、エフライムおよびそののすべてのイスラエル、ならびにユダとベニヤミンのすべてのひと、およびエルサレムの住民じゅうみんからあつめたものである。

10 かれらはこれをしゅみや監督かんとくする職工しょっこうらのわたしたので、しゅみやはたら職工しょっこうらは、これをみやつくろなおすために支払しはらった。

11 すなわち、大工だいくおよび建築者けんちくしゃにこれをわたして、ユダのおうたちがやぶった建物たてもののために、いしおよび骨組ほねぐみ材木ざいもくわせ、はりざいととのえさせた。

12 その人々ひとびと忠実ちゅうじつ仕事しごとをした。その監督かんとくしゃはメラリの子孫しそんであるレビびとヤハテとオバデヤ、およびコハテびとの子孫しそんであるゼカリヤとメシュラムであって、工事こうじをつかさどった。また楽器がっきたくみなレビびとがこれにともなった。

13 かれらはまたもの監督かんとくし、様々さまざま仕事しごとはたらくすべてのものをつかさどった。またのレビびとは書記しょきとなり、役人やくにんとなり、また門衛もんえいとなった。

14 さてかれらがしゅみやにはいったかねりだしたとき祭司さいしヒルキヤはモーセのつたえたしゅ律法りっぽうしょ発見はっけんした。

15 そこでヒルキヤは書記官しょきかんシャパンにった、「わたしはしゅみや律法りっぽうしょ発見はっけんしました」と。そしてヒルキヤはそのしょをシャパンにわたした。

16 シャパンはそのしょおうのもとにってき、さらにおう復命ふくめいしてった、「しもべらはゆだねられたことをことごとくなし、

17 しゅみやにあったかねをあけて、監督かんとくしゃおよび職工しょっこうわたしました」。

18 書記官しょきかんシャパンはまたおうげて、「祭司さいしヒルキヤはわたしに一つの書物しょもつわたしました」とい、シャパンはそれをおうまえんだ。

19 おうはその律法りっぽう言葉ことばいてころもいた。

20 そしておうはヒルキヤおよびシャパンのアヒカムとミカのアブドンと書記官しょきかんシャパンとおう家来けらいアサヤとにめいじてった、

21 「あなたがたはって、この発見はっけんされた書物しょもつ言葉ことばについてわたしのために、またイスラエルとユダののこりのもののためにしゅいなさい。われわれの先祖せんぞたちがしゅ言葉ことばまもらず、すべてこの書物しょもつにしるされていることをおこなわなかったので、しゅはわれわれにおおいなるいかりをそそがれるからです」。

22 そこでヒルキヤおよびおうのつかわした人々ひとびとは、シャルムのつまであるおんな預言者よげんしゃホルダのもとへった。シャルムはハスラのであるトクハテので、衣装いしょうまもものである。ときにホルダは、エルサレムのだいんでいた。かれらはホルダにその趣意しゅいかたったので、

23 ホルダはかれらにった、「イスラエルのかみしゅはこうおおせられます、『あなたがたをわたしにつかわしたひとげなさい。

24 しゅはこうおおせられます。よ、わたしはユダのおうまえんだ書物しょもつにしるされているもろもろののろい、すなわちわざわいをこのところと、ここにものくだす。

25 かれらはわたしをてて、神々かみがみこうをたき、自分じぶんつくったもろもろのものをもって、わたしのいかりをおこそうとしたからである。それゆえ、わたしのいかりは、このところそそがれてえない。

26 しかしあなたがたをつかわして、しゅわせるユダのおうにはこういなさい。イスラエルのかみしゅはこうおおせられる。あなたがいた言葉ことばについては、

27 このところと、ここにものめるかみ言葉ことばを、あなたがいたときこころい、かみまえをひくくし、わたしのまえにへりくだり、ころもいて、わたしのまえいたので、わたしもまた、あなたにいた、としゅわれる。

28 よ、わたしはあなたを先祖せんぞたちのもとにあつめる。あなたはやすらかにあなたのはかあつめられる。あなたはわたしがこのところと、ここにものくだすもろもろのわざわいることがない』と」。かれらはおう復命ふくめいした。

29 そこでおうひとをつかわしてユダとエルサレムの長老ちょうろうをことごとくあつめ、

30 そしておうしゅみやのぼってった。ユダのすべての人々ひとびと、エルサレムの住民じゅうみん祭司さいし、レビびと、およびすべてのたみは、いたものわかものもことごとくかれしたがった。そこでおうしゅみや発見はっけんした契約けいやくしょ言葉ことばを、ことごとくかれらのみみかせ、

31 そしておう自分じぶんところって、しゅまえ契約けいやくて、しゅしたがってあゆみ、こころをつくし、精神せいしんをつくして、そのいましめと、あかしとさだめとをまもり、このしょにしるされた契約けいやく言葉ことばおこなおうとい、

32 エルサレムおよびベニヤミンの人々ひとびとみなこれにくわわらせた。エルサレムの住民じゅうみん先祖せんぞかみであるそのかみ契約けいやくにしたがってった。

33 ヨシヤはイスラエルの人々ひとびとぞくするすべてのから、にくむべきものをことごとくのぞき、イスラエルにいるすべてのひとをそのかみしゅつかえさせた。ヨシヤがにあるあいだは、かれらは先祖せんぞかみしゅしたがってはなれなかった。