歴代志下16
    脚注
    Theme

    第16章

    1 アサの治世ちせいの三十六ねんにイスラエルのおうバアシャはユダにのぼり、ユダのおうアサのところにだれをも出入でいりさせないためにラマをきずいた。

    2 そこでアサはしゅみやおういえ宝蔵ほうぞうから金銀きんぎんし、ダマスコにんでいるスリヤのおうベネハダデにおくってった、

    3 「わたしのちちとあなたのちちあいだのように、わたしとあなたのあいだ同盟どうめいむすびましょう。わたしはあなたに金銀きんぎんおくります。って、あなたとイスラエルのおうバアシャとの同盟どうめいやぶり、かれをわたしから撤退てったいさせてください」。

    4 ベネハダデはアサおううことをき、自分じぶん軍勢ぐんぜいちょうたちをつかわしてイスラエルの町々まちまちめ、イヨンとダンとアベル・マイムおよびナフタリのすべてのくらまちった。

    5 バアシャはこれをいて、ラマをきずくことをやめ、その工事こうじはいした。

    6 そこでアサおうはユダの全国ぜんこく人々ひとびとれ、バアシャがラマをてるためにもちいたいし木材もくざいはこんでこさせ、それをもってゲバとミヅパをてた。

    7 そのころ先見者せんけんしゃハナニがユダのおうアサのもとにった、「あなたがスリヤのおうたのんで、あなたのかみしゅたのまなかったので、スリヤおう軍勢ぐんぜいはあなたのからのがれてしまった。

    8 かのエチオピヤびとと、リビアびとは大軍たいぐんで、その戦車せんしゃ騎兵きへいは、はなはだおおかったではないか。しかしあなたがしゅたのんだので、しゅかれらをあなたのわたされた。

    9 しゅはあまねくぜんきめぐり、自分じぶんかってこころまっとうするもののためにちからをあらわされる。今度こんどことでは、あなたはおろかなことをした。ゆえにこののち、あなたに戦争せんそうのぞむであろう」。

    10 するとアサはその先見者せんけんしゃいかって、獄屋ごくやれた。このことのためにはげしくかれいかったからである。アサはまたそのころたみのあるものをしえたげた。

    11 よ、アサの始終しじゅう行為こういは、ユダとイスラエルのれつおうしょにしるされている。

    12 アサはその治世ちせいの三十九ねんあしみ、そのやまいはげしくなったが、そのやまいときにも、しゅもとめないで医者いしゃもとめた。

    13 アサは先祖せんぞたちとともねむり、その治世ちせいの四十一ねんんだ。

    14 人々ひとびとかれ自分じぶんのためにダビデのまちっておいたはかほうむり、せいこうじゅつをもってつくった様々さまざま香料こうりょうたしたとこよこたえ、かれのためにおびただしくこうをたいた。