手引きと召し
37.特殊なステーク,ワードおよび支部
脚注

Hide Footnotes

テーマ

「37.特殊なステーク,ワードおよび支部」『総合手引き—末日聖徒イエス・キリスト教会における奉仕』(2020年)

「37.特殊なステーク,ワードおよび支部」『総合手引き』

37.

特殊なステーク,ワードおよび支部

37.0

はじめに

本章で概説されているように,ステーク会長は会員のために,特殊なステークやワード,支部の設立を提案できます。伝道部内に特殊なユニットを設立することに関しては,36.3を参照してください。

ステーク会長は,『境界線および指導者の提案』を使って新しい提案に着手します。オンラインシステムを利用できない場合は,リンクをクリックして印刷用のフォームをダウンロードできます。大管長会だけが,この提案について承認できます。

アメリカ合衆国およびカナダで助けが必要な場合は,1-801-240-1007に連絡してください。アメリカ合衆国およびカナダ以外の地域では,エリアオフィスに連絡してください。

37.1

言語ワードおよび支部

ステーク会長は,ステークの会員のために,(1)地元の母国語を話さない会員,または(2)手話を使用する会員のために,言語ワードまたは支部の設立を提案できます。

また,ステーク会長は,一つまたは複数の近隣ステークの会員を対象とする言語ワードまたは支部の設立を提案できます。関係するステーク会長たちは,この提案の計画および調整に参加します。参加するステークの一つが,そのワードまたは支部に対する責任を負います。

ステーク内に言語ワードまたは支部を設立するための最低条件

ワード

支部

(活発およびあまり活発でない)会員の数

ワード

125人

支部

最低人数の規定なし

リーダーシップの責任で奉仕できる,什分の一を完納している活発なメルキゼデク神権者の数

ワード

(活発およびあまり活発でない)会員20人につき1人。最低15人。

支部

4人

言語ユニットの境界線は,一般に,従来のワード,支部,ステークの境界線に準じます。

言語ユニットに所属する子供や青少年は,望むならば,従来のユニットと合同でクラスを行うことができます(29.10参照)。

伝道部内の言語支部については36.3を参照してください。ワードと支部の命名に関する指針については,36.4.2を参照してください。

37.1.1

言語ワードまたは支部に所属する会員

  • 言語ワードまたは支部の会員は,その管轄区域内に住んでいなければなりません。

  • 会員は,言語ユニットの会員になるか,従来のユニットの会員になるか選択することができます。

  • 各自の会員記録は,その会員が出席しているユニットに置くべきです。

37.1.2

言語ワードまたは支部の指導者

  • 通常,ビショップや支部会長および顧問は,その言語ユニットの管轄区域内から召されます。指導者がそのユニットの管轄区域内には住んでいないが,責任を負うステーク内に住んでいる場合は,例外として認めることができます。

  • ビショップを召すには,事前に大管長会の承認が必要です。

  • 通常,そのほかの指導者や教師は,そのワードまたは支部の会員の中から召されます。

37.2

従来のステークにあるヤングシングルアダルトワードおよび支部

ステーク会長は,ヤングシングルアダルトワードまたは支部(18歳から30歳の会員対象)に出席することを望む活発なヤングシングルアダルトが十分にいる場合,ヤングシングルアダルトワードまたは支部の設立を提案できます。

ステーク会長はまた,一つまたは複数の近隣ステークの会員を含めたワードや支部の設立を提案することもできます。関係するステーク会長たちは,この提案の計画および調整に参加します。参加するステークの一つが,そのワードまたは支部に対する責任を負います。

ヤングシングルアダルトステークと管轄区域が重なる従来のステークは,独自にヤングシングルアダルトのユニットを持つべきではありません。

ステーク内にヤングシングルアダルトユニットを設立するための最低条件

ワード

支部

活発会員の数

ワード

125人

支部

50人

リーダーシップの責任で奉仕できる,什分の一を完納している活発なメルキゼデク神権者の数

ワード

(活発およびあまり活発でない)会員20人につき1人。最低15人。

支部

4人

ヤングシングルアダルトワードは通常,活発会員が225人を超えるべきではありません。

ワードと支部の命名に関する指針については,36.4.2を参照してください。

37.2.1

従来のステーク内にあるヤングシングルアダルトのワードまたは支部の会員

  • ヤングシングルアダルトのワードまたは支部の会員は,その管轄区域内に住むヤングシングルアダルト(18-30歳)でなければなりません。

  • ヤングシングルアダルトは,ヤングシングルアダルトユニットの会員になるか,従来のユニットの会員になるか選択することができます。

  • 各自の会員記録は,その会員が出席しているユニットに置くべきです。

  • ステーク会長は,ステーク内のあまり活発でないヤングシングルアダルトの助けになると感じる場合,従来のユニットからヤングシングルアダルトのユニットに会員記録を移すことを承認できます。あまり活発でない会員が活発になった場合,その会員はヤングシングルアダルトのユニットに出席するか,従来のユニットに出席するか選択することができます。

  • 家庭に子供を持つ親であるヤングシングルアダルト(18-30歳)は,従来のユニットにとどまります。そのような親は,ヤングシングルアダルトユニットの活動に参加することができます。

  • 会員が結婚するか,31歳に達した場合,ヤングシングルアダルトユニットには出席しません。31歳から45歳のシングルアダルト会員については,37.5を参照してください。

37.2.2

従来のステーク内のヤングシングルアダルトワードまたは支部の指導者

  • ビショップまたは支部会長は,成熟した判断力と経験を持つ既婚男性でなければなりません。ビショップを召すには,事前に大管長会の承認が必要です。

  • ビショップの顧問には,若い既婚男性や年配の既婚男性を召すことができますが,大祭司でなければなりません。第一顧問は通常,より経験豊富な指導者がなります。支部会長とその顧問には,大祭司または長老を召すことができます。

  • 通常,ビショップまたは支部会長およびその顧問は,ヤングシングルアダルトユニットの管轄区域内から召されます。総合大学や単科大学のためのヤングシングルアダルトユニットの場合,例外を認めることができます。

  • そのほかの指導者や教師は,ユニットの会員であるヤングシングルアダルトの中から召されます。

37.3

ヤングシングルアダルトステークとそのワードおよび支部

総合大学や単科大学の近くなど,大勢のヤングシングルアダルトが一つの地域に住んでいる場合,一つまたは複数のヤングシングルアダルトステークを組織することができます。

ヤングシングルアダルトステーク,ワード,支部を設立するための最低条件

ヤングシングルアダルトステーク

  • 1,500人(活発およびあまり活発でない会員)

  • 5つのワード

ヤングシングルアダルトステーク内のヤングシングルアダルトワード

  • 125人(活発会員)

  • (活発およびあまり活発でない)会員20人につき,指導的役職で奉仕できる,什分の一を完納している活発なメルキゼデク神権者1人。最低15人。

ヤングシングルアダルトステーク内のヤングシングルアダルト支部

  • 50人(活発会員)

  • リーダーシップの責任で奉仕できる,什分の一を完納している活発なメルキゼデク神権者4人

ヤングシングルアダルトステークと管轄区域が重なる従来のステークは,独自にヤングシングルアダルトのユニットを持つべきではありません。

従来のステーク内にあるヤングシングルアダルトのユニットは,以下の場合に限り,ヤングシングルアダルトステークに移管することができます。

  • 管轄区域がヤングシングルアダルトステークに隣接している。

  • 両ステークの会長が移管を推薦している。

ステークとワードの命名に関する指針については,36.4.1および36.4.2を参照してください。

37.3.1

ヤングシングルアダルトステークとそのワードまたは支部に所属する会員

  • ヤングシングルアダルトのワードまたは支部の会員は,その管轄区域内に住むヤングシングルアダルト(18-30歳)でなければなりません。

  • ステークの管轄区域内で親と同居していない活発およびあまり活発でないヤングシングルアダルトは全員,従来のユニットへの出席を選択しない限り,ヤングシングルアダルトステークの会員となります。

  • 親と同居しているヤングシングルアダルトは,ヤングシングルアダルトユニットの会員になるか,従来のユニットの会員になるか選択することができます。

  • 各自の会員記録は,その会員が出席しているユニットに置くべきです。

  • 家庭に子供を持つ親であるヤングシングルアダルト(18-30歳)は,従来のユニットにとどまります。そのような親は,ヤングシングルアダルトユニットの活動に参加することができます。

  • 会員が結婚するか,31歳に達した場合,ヤングシングルアダルトユニットには出席しません。シングルアダルトの会員(31-45歳)については,37.5を参照してください。

37.3.2

ヤングシングルアダルトステークおよびそのワードまたは支部の指導者

  • ステーク会長会,高等評議員,ステーク祝福師,ビショップリック,支部会長会,ステーク扶助協会会長会は,成熟した判断力と経験のある既婚者でなければなりません。ビショップを召すには,事前に大管長会の承認が必要です。

  • ビショップや支部会長の顧問には,既婚学生や若い既婚男性,年配の既婚男性を召すことができます。顧問には,大祭司または長老を召すことができます。第一顧問は通常,より経験豊富な指導者がなります。支部会長とその顧問には,大祭司または長老を召すことができます。

  • 地域会長会の判断により,ステーク会長会や高等評議員,ステーク祝福師,ビショップリック,支部会長会,ステーク扶助協会会長会は,ステークの管轄区域を越えた広範囲のエリアから召すことができます。そのような召しを行う人は,まず本人のステーク会長と評議して承認を得る必要があります。指針については,第30章を参照してください。

  • 祝福師を召すには,事前に十二使徒定員会の承認が必要です。

  • ワードや支部におけるそのほかの指導者や教師は,ユニットの会員であるヤングシングルアダルトの中から召されます。

37.4

既婚学生ステークおよびワード

既婚学生ステークやワードは,総合大学や単科大学の近くに住む既婚学生会員のために設立することができます。

既婚学生ステークまたはワードを設立するための最低条件

既婚学生ステーク

  • 1,500人(活発およびあまり活発でない会員)

  • 5つのワード

既婚学生ワード

  • 125人(活発およびあまり活発でない会員)

  • (活発およびあまり活発でない)会員20人につき,指導的役職で奉仕できる,什分の一を完納している活発なメルキゼデク神権者1人。最低15人。

ステークとワードの命名に関する指針については,36.4.1および36.4.2を参照してください。

37.4.1

既婚学生ステークとワードに所属する会員

  • 既婚学生ワードの会員は,その管轄区域内に住む既婚学生でなければなりません。

  • 既婚学生は,既婚学生ワードの会員になるか,従来のユニットの会員になるか選択することができます。

  • 会員記録は,家族が出席しているユニットに置くべきです。

37.4.2

既婚学生ステークとワードの指導者

37.3.2を参照して,同じ方針を適用してください。

37.5

シングルアダルトワード

通常,シングルアダルトの会員(31-45歳)は,従来のユニットに所属するのが最善です。例外として,ステーク会長は,シングルアダルトワードの設立を提案できます。

ステーク会長はまた,一つまたは複数の近隣ステークの会員を含めたシングルアダルトワードの設立を提案することもできます。関係するステーク会長たちは,この提案の計画および調整に参加します。参加ステークの一つが,そのワードに対して責任を負います。

ステーク内にシングルアダルトワードを設立するための最低条件

(活発およびあまり活発でない)会員の数

125人

リーダーシップの責任で奉仕できる,什分の一を完納している活発なメルキゼデク神権者の数

(活発およびあまり活発でない)会員20人につき1人。最低15人。

ワードの命名に関する指針については,36.4.2を参照してください。

37.5.1

シングルアダルトワードに所属する会員

  • シングルアダルトワードの会員は,その管轄区域内に住むシングルアダルト(31-45歳)でなければなりません。

  • シングルアダルトは,シングルアダルトワードの会員になるか,従来のユニットの会員になるか選択することができます。

  • 各自の会員記録は,その会員が出席しているユニットに置くべきです。

  • 家庭に子供を持つ親であるシングルアダルト(31-45歳)は,従来のユニットにとどまります。そのような親は,シングルアダルトワードの活動に参加することができます。

  • 会員が結婚するか,46歳に達した場合,シングルアダルトワードの活動には参加しません。

37.5.2

シングルアダルトワードの指導者

  • ビショップと顧問は,成熟した判断力と経験を持つ既婚の大祭司でなければなりません。ビショップを召すには,事前に大管長会の承認が必要です。

  • そのほかの指導者や教師は,ワードの会員であるシングルアダルトの中から召されます。

37.6

特別な状況にある会員のためのワードと支部

ステーク会長は,介護センターや治療施設,刑務所など,特別な状況にある会員のためにワードや支部の設立を提案することができます。

通常,これらのユニットで奉仕するために召される指導者は,そのユニットの責任を負うステーク内に住んでいる必要があります。

ヤングシングルアダルト,シングルアダルト,地元の母国語を話さない会員,介護センターや治療施設,刑務所,軍隊などにいる会員を対象とする,伝道部内の支部に関する情報については,36.3を参照してください。

ワードと支部の命名に関する指針については,36.4.2を参照してください。

37.7

ステーク,伝道部,地域内のグループ

グループとは,承認を受けた小規模な会員の集まりで,ビショップや支部会長,または伝道部会長が監督します。ステーク会長や伝道部会長は,以下のような場合に,グループの設立を推薦することができます。

  • ワードや支部の見込み会員が教会まで通うことが困難である。

  • 少数の会員が,ワードや支部の会員とは異なる言語を話す。

  • 軍務に就いている会員は,グループに所属することが最善です(38.10参照)。

グループの設立を提案するには,ステーク会長または伝道部会長が地域会長会に申請を提出します。地域会長会だけが,この申請を承認できます。

一つのグループには,少なくとも二人の会員が必要です。一人はふさわしいアロン神権の祭司またはふさわしいメルキゼデク神権者でなければなりません。

ステークでは,ステーク会長が,グループを組織して監督する割り当てをビショップまたは支部会長に与えます。伝道部では,伝道部会長が,グループを組織して監督する割り当てを支部会長に与えます。

通常,ステークまたは地方部内の一つまたは複数のユニットに住む会員のためにグループを設立することができます。グループの会員は,対象となるユニットの管轄区域内に住んでいる人に限られます。グループは,ステークや地方部の境界線を越えることはありません。

ステーク会長,伝道部会長,ビショップ,または支部会長は,グループリーダーを召して任命します。グループリーダーは,聖餐の執行を含めて,グループの集会を計画,準備し,司会をします。

グループリーダーは神権の鍵を持っていません。また,以下の事柄を行う権限もありません。

  • 什分の一と献金の受領。

  • 重大な罪に関する会員への助言。

  • 略式または公式の会員資格の制限。

  • 神権の鍵を必要とするそのほかの責務の遂行。

一般的に,グループは「基本ユニット・プログラム」を使用します(36.6参照)。

グループの会員の会員記録は,そのグループを監督するワードまたは支部で保管します。

教会本部は,グループにユニット番号を割り当てることはありません。

グループが条件を満たした場合,ステーク会長または伝道部会長は,そのグループを支部にすることを提案できます。

37.8

軍事施設の教会ユニット

軍事施設で集会を開くワードや支部,軍人会員グループの設立に関する指示については,38.10.4を参照してください。