セミナリー
ステークのセミナリー卒業式ガイド
戻る 次へ

「ステークのセミナリー卒業式ガイド」『セミナリーとインスティテュートの卒業式ガイド』

「ステークのセミナリー卒業式ガイド」『セミナリーとインスティテュートの卒業式ガイド』

ステークのセミナリー卒業式ガイド

卒業式ガイド

  • 卒業式は,すべてのセミナリー生徒が払った努力と,彼らの達成した事柄をたたえる一つの手段です。

  • 卒業式は毎年ステークレベルで行ってください。

  • セミナリーの卒業条件として,生徒は8学期分を修了し,宗教指導者の推薦を受けなければなりません。

    • コースを修了するには,クラス出席率75パーセント以上,コースの聖典を学期期間中の少なくとも75パーセントにあたる日数読み,学習理解度調査で75パーセント以上の成績を取得する必要があります。

    • これらの3つの要件を満たしていない生徒には,埋め合わせをする機会が与えられます。

  • セミナリーの卒業証書には,教会教育管理会会長と宗教教育セミナリー・インスティテュート(SI)教育長の署名のみが事前に印刷されます。

  • 可能であれば,セミナリーの卒業式は年度の終了よりも前に行わず,証書を式で渡せるようにします。証書はステークの代表(通常担当の高等評議員)に届けられ,ステークのセミナリー卒業式で渡します。

  • 年度の終了よりも前にセミナリーの卒業式を行う場合,空の証書カバーを渡すことができます。証書が届いたら,卒業生に郵送するかステークやワードの指導者に渡すことができます。

  • 宗務指導者による推薦を受けていない生徒への証書は,後日授与できるよう,ビショップに渡しておきます。推薦を受けていないセミナリーの生徒が卒業式で表彰されることはありません。

修了証書

修了証書は,クラスの出席率75パーセント以上,コースの聖典を学期日数の少なくとも75パーセントにあたる日数分読み,学習理解度調査で75パーセント以上の成績を取得する必要があります。

ステークの必要に応じて,地元のセミナリープログラム管理者はステークの指導者と相談して,修了証書を印刷して渡すべきか,それをいつ,どこで行うかについて決定します。修了証書は学期ごと,または年度ごと印刷して渡すことも,渡さずに済ますこともできます。証書はセミナリーの卒業式で渡すことも,セミナリーのクラスやほかの方法で渡すこともできます。

役割と責任

ステーク会長:

  • ステークのセミナリー卒業式プログラムを準備,計画するために,割り当てを受けたステークのセミナリー校長またはコーディネーターと相談する。

  • 宗務指導者による卒業見込み者の推薦を監督する。

  • ステークのセミナリー卒業式プログラムを調整するために,ステークのセミナリースーパーバイザーか高等評議員に割り当てを与える。

ビショップ:

  • セミナリー卒業見込みの各生徒を推薦するか決める生徒の推薦状況はセミナリープログラムと共有しない。

  • 推薦しない生徒には理由を知らせる。また,ビショップはセミナリー卒業式に生徒が参加しない場合,生徒の両親や保護者に特別な配慮をする。

  • ステークの卒業式プログラムに掲載できるように,推薦する生徒のリストをステーク会長に報告する。

セミナリーにおける宗務指導者による推薦

ステーク会長およびビショップ:

  • ビショップが生徒のセミナリー卒業を推薦することは,「生徒がふさわしいことと,福音の標準に従って生活する決意があることを証明するものです。」(『総合手引き—末日聖徒イエス・キリスト教会における奉仕』15.1.5ChurchofJesusChrist.org

  • ビショップまたはビショップリック顧問は定期的に行う青少年との面接を,卒業見込みの生徒を推薦するかどうかを決める基準にすることができる。これらの生徒に対し,宗務指導者による推薦のための面接を別個に行う必要はない。

  • 卒業見込みの各生徒を推薦するかどうかは,ビショップの判断に任されている

  • セミナリーの校長またはコーディネーターは,宗務指導者による推薦がセミナリーを卒業するための要件であることを,すべてのステーク会長が確実に理解できるようにする。

  • ステーク会長は,宗務指導者による推薦がインスティテュートを卒業するための要件であることを,ビショップおよび支部会長が確実に理解できるようにする。

  • ステークのセミナリー卒業式では,推薦を受け証書を受ける資格を満たした生徒だけを表彰の対象とする。

セミナリー卒業式プログラム案

〔ステーク名称〕

セミナリー卒業式

〔開催日/開催時刻(推奨時間—1時間)〕

〔場所〕

管理者:

司会者:

伴奏者:

指揮者:

歓迎のあいさつ:

開会の賛美歌:

開会の祈り:

セミナリープログラムに参加することについての話:

生徒の話(一人以上):

音楽の発表:

生徒の話(一人以上):

S&I代表者の短い話:

ステーク会長会の一員の話

セミナリー卒業証書の授与:

閉会の賛美歌:

閉会の祈り:

プログラムに名前を印刷するよう推奨されている人々は以下のとおり: