管理ビショップリック

管理ビショップリックは3人の男性で構成される評議会であり,大管長会の指示の下で働きます。人道支援や福祉プログラム,什分の一,断食献金,施設,会員記録の集約などの諸事を管理します。また,世界中の教会員にミニスタリングするために頻繁に各地を訪問します。

さらに,管理ビショップリックは教会のアロン神権を管理します。ほとんどのアロン神権者は若い男性であるため,管理ビショップリックの会員は中央若い男性会長会と協力して,教会の若い男性が自らの神権の義務を果たすのを助けます。

大管長会は管理ビショップを召し,顧問として奉仕する二人の男性を選びます。管理ビショップリックの会員は3人ともビショップの称号を保有します。これまで何年もの間,管理ビショップリックの会員は生涯を通してその責任を果たしてきましたが,現在,管理ビショップリックの任期は比較的短期間となっています。

教会の最初のビショップは1831年に召されました。これは教会が組織された1年後のことでした。ビショップのおもな責任は,教会の財務や資産を管理し,貧しい人々に手を差し伸べ,非常時のために余剰品の貯蔵をすることでした。現在,管理ビショップリックは同様の責任を教会全体のために果たしています。このことに加え,地元のビショップはそれぞれのユニットの貧しい人々や助けを必要としている人々に手を差し伸べ,アロン神権を管理します。