青少年 メニュー

    悔い改めは現実のものです

    ジョシュア・J・パーキー 教会機関誌

    どんなことをしてしまったかに関係なく,平安と幸福に戻る道があります。

    皆さんは自分の罪は大きくてとても赦されないと感じたことはないでしょうか。皆さんだけではありません。息子アルマの息子で,伝道の業を離れて,シドンの地までイザベルを追いかけて行ったコリアントンについて考えてください。コリアントンは「神の道を説く務めを放棄し」ただけでなく(アルマ 39:3),純潔の律法を破ることに携わる罪をも犯しました。それは「……主の目から見て忌まわしい行いであること,まことに,罪のない者の血を流すことや聖霊を否定することを除いて,どのような罪よりも非常に忌まわしい行為」でした(アルマ39:5)。

    しかし,これで終わりではありませんでした。コリアントンのしたことのために,多くのゾーラム人たちは預言者であった彼の父親の教えを信じませんでした(アルマ39:11参照)。

    この若者は非常に厳しい訓戒を受けました。

    コリアントンがどのように感じたか想像してみてください。恐らくとても惨めだったことでしょう。彼の父親アルマは,息子が救いの計画,そしてどのように人生を生きるかによって,善と悪,祝福と裁きがあるという事実を理解できるように,とても熱心に教義を説きました。そしてまた,悔い改め,再び清くなることの素晴らしさについても教えました。

    コリアントンは父親を信頼することができました。アルマ自身もつらい悔い改めをしたからです。アルマが息子ヒラマンに説明したように,自分の罪の深さに気づいたとき,彼は「永遠の苦痛に責めさいなまれ」,「地獄の苦しみを味わ」いました(アルマ36:12–13)。アルマ自身こう語っています。「……神の御前に行くことを考えるだけで,わたしは言いようのない恐怖に責めさいなまれた。おお,そのときにわたしが思ったのは,自分が追放されて霊と肉体がともになくなってしまえば,神の御前に立たされて自分の行いを裁かれることはないだろうということであった」(アルマ36:14-15)。

    それ自体かなり厳しいですが,話はこれで終わりではありません。3日間,アルマは体を動かすことができないほどの耐え難い苦痛を受けました(アルマ36:16参照)。しかしその後,彼は救い主を思い出し,心の中で主に助けを求めて叫びました。

    「悔い改めは神の賜物であり,ほほえみをもって話すべき事柄なのです。悔い改めは,自由と確信,平安へと導いてくれます。悔い改めの賜物は,喜びの後に悲しみを運ぶようなものではなく,まことの喜びをもたらすものです。」 ――D・トッド・クリストファーソン長老

    「さて見よ,このことを思ったとき,わたしはもはや苦痛を忘れることができた。………… ​おお,何​と​いう​​喜び​で​あった​こと​か。何​と​いう​驚く​べき​光​を​わたし​は​見た​こと​か。まことに,わたし​は​前​に​感じた​苦痛​に​勝る​ほど​の​喜び​に​満たされた​の​で​ある。わが子よ,まことに,あなたに言うが,わたしはほかにあり得ないほど激しく,またつらい苦痛を味わった。また息子よ,わたしは言う。それとは反対に,わたしはほかにあり得ないほど麗しく,また快い喜びを味わった」(アルマ36:19-21)。

    コリアントンが,父親のように自分がほんとうに悔い改めることができるかと不安だっただろうかと考えたことはありませんか。ゆるされない,もしくは変えることはできない,とささやかれる偽りを信じてしまうほど罪が大きいとコリアントンは感じたと思いますか。

    そして,皆さんは自分についてこれまでにこのように感じたことがあるでしょうか。何か間違ったことをしてしまい,自分はだめだ,価値のない存在だという恐ろしい気持ち,もう諦めるしかない,という気持です。

    そのような偽りを信じないでください。それはサタンの持っている最も効果的な武器であり,まったく真実ではありません。

    救い主イエス・キリストの贖罪により授けられる悔い改めと神の恵みを通して,わたしたちは皆悔い改めることができます。これこそが福音の素晴らしさと奇跡です。わたしたちは皆変わることができます。わたしたちは皆,なるべき可能性を持っているものになることができるのです。

    このことがアルマと彼の息子の両方に功を奏したのです。すべての罪にもかかわらず,悔い改めにより苦しみはぬぐい去られ,アルマは再び平安と真の喜びを見出しました。多くの罪を犯したあとでさえも,コリアントンは悔い改めるよう勧められ,伝道の業に戻るように召されました(アルマ42:29–31)。

    そして,コリアントンはそれに応えました。悔い改めて,御言葉を述べ伝える業に戻ったのです(アルマ43:1–2参照)。

    彼は,わたしたち皆が学び覚えておく必要のあることを学びました。それは,イエス・キリストの贖いが現実のものだということです。キリストは,まさに私たちの罪のために苦しまれ,わたしたちが赦されるために道を備えて下さいました。悔い改めを通して,わたしたちは純粋で清く,ふさわしく感じ,満足と幸せを得ることができます。どんなことをしてしまっても,戻る道はあるのです。それは悔い改めです。それは現実のものです。

     

    フォームの提出中にエラーが発生しました。 すべての項目が正しく記入されているか確認し,もう一度試みてください。

     
    1000 残り字数

    自分の経験を分かち合う