ゼカリヤ書14
    脚注

    第14章

    1 よ、しゅる。そのときあなたのうばわれたものは、あなたのなかかたれる。

    2 わたしは万国ばんこくたみあつめて、エルサレムをたせる。まちられ、いえはかすめられ、おんなおかされ、まちなかばはとらえられてく。しかしのこりのたみまちからたれることはない。

    3 そのときしゅてきて、いくさのにみずからたたかわれるときのように、それらのくにびととたたかわれる。

    4 そのにはかれあしが、ひがしほうエルサレムのまえにあるオリブやまうえつ。そしてオリブやまは、非常ひじょうひろい一つのたにによって、ひがしから西にしに二つにけ、そのやまなかばはきたに、なかばはみなみうつり、

    5 わがやまたにはふさがれる。けたやまたにが、そのかたわらに接触せっしょくするからである。そして、あなたがたはユダのおうウジヤのに、地震じしんけてげたようにげる。こうして、あなたがたのかみしゅはこられる、もろもろの聖者せいじゃともにこられる。

    6 そのには、さむさもしももない。

    7 そこにはなが連続れんぞくしたがある(しゅはこれをられる)。これにはひるもなく、よるもない。夕暮ゆうぐれになっても、ひかりがあるからである。

    8 そのには、けるみずがエルサレムからながて、そのなかばはひがしうみに、そのなかばは西にしうみながれ、なつふゆもやむことがない。

    9 しゅぜんおうとなられる。そのには、しゅひとり、その一つのみとなる。

    10 ぜんはゲバからエルサレムのみなみリンモンまで、平地へいちのようにかわる。しかしエルサレムはたかくなって、そのもとのところにとどまり、ベニヤミンのもんから、さきにあったもんところおよび、すみもんいたり、ハナネルのやぐらから、おうさかぶねにまでおよぶ。

    11 そのなかにはひとみ、もはやのろいはなく、エルサレムはやすらかにつ。

    12 エルサレムを攻撃こうげきしたもろもろのたみを、しゅわざわいをもってたれる。すなわちかれらはなおあしっているうちに、そのにくくされ、はそのあななかくされ、したはそのくちなかくされる。

    13 そのには、しゅかれらをおおいにあわてさせられるので、かれらはおのおのそのとなびととらえ、をあげてそのとなびとめる。

    14 ユダもまた、エルサレムにてきしてたたかう。その周囲しゅういのすべてのくにびとの財宝ざいほう、すなわち金銀きんぎん衣服いふくなどが、はなはだおおあつめられる。

    15 またうま、らくだ、ろば、およびその陣営じんえいにあるすべての家畜かちくにも、このわざわいのようなわざわいのぞむ。

    16 エルサレムにめてたもろもろのくにびとののこったものは、みな年々ねんねんのぼってて、おうなる万軍ばんぐんしゅおがみ、仮庵かりほまつりまもるようになる。

    17 しょぞくのうち、おうなる万軍ばんぐんしゅおがむために、エルサレムにのぼらないものうえには、あめらない。

    18 エジプトの人々ひとびとが、もしのぼってこないときには、しゅ仮庵かりほまつりまもるために、のぼってこないすべてのくにびとをたれるそのわざわいが、かれらのうえのぞむ。

    19 これが、エジプトびとのけるばつ、およびすべて仮庵かりほまつりまもるためにのぼってこないくにびとのけるばつである。

    20 そのには、うますずうえに「しゅせいなるもの」と、しるすのである。またしゅみやのなべは、祭壇さいだんまえはちのように、せいなるものとなる。

    21 エルサレムおよびユダのすべてのなべは、万軍ばんぐんしゅたいしてせいなるものとなり、すべて犠牲ぎせいをささげるものてこれをり、そのなか犠牲ぎせいにくることができる。そのには、万軍ばんぐんしゅみやに、もはや商人しょうにんはいない。