ゼカリヤ書一二
    脚注

    第一二章

    託宣たくせんイスラエルについてのしゅ言葉ことば。すなわちてんをのべ、もといをすえ、ひとれいをそのなかつくられたしゅは、こうおおせられる、

    よ、わたしはエルサレムを、その周囲しゅういにあるすべてのたみをよろめかすさかずきにしようとしている。これはエルサレムのかこまれるとき、ユダにもおよぶ。

    そのには、わたしはエルサレムをすべてのたみたいしておもいしとする。これをちあげるものはみなだいきずける。国々くにぐにたみみなあつまって、これをめる。

    しゅわれる、そのには、わたしはすべてのうまっておどろかせ、そのってくるわせる。しかし、もろもろのたみうまを、ことごとくって、めくらとするとき、ユダのいえたいしては、わたしのひらく。

    そのときユダのしょぞくは、そのこころなかに『エルサレムの住民じゅうみんは、そのかみ万軍ばんぐんしゅによって力強ちからづよくなった』とう。

    そのには、わたしはユダのしょぞくを、たきぎのなか火皿ひざらのようにし、むぎたばなかのたいまつのようにする。かれらはみぎひだりに、その周囲しゅういにあるすべてのたみを、ほろぼす。しかしエルサレムはなお、そのもとのところ、すなわちエルサレムで、ひとところとなる。

    しゅはまずユダの幕屋まくやすくわれる。これはダビデのいえ光栄こうえいと、エルサレムの住民じゅうみん光栄こうえいとが、ユダの光栄こうえいにまさることのないようにするためである。

    そのしゅはエルサレムの住民じゅうみんまもられる。かれらのなかよわものも、そのには、ダビデのようになる。またダビデのいえかみのように、かれらにさきだつしゅ使つかいのようになる。

    そのには、わたしはエルサレムにめて国民こくみんを、ことごとくほろぼそうとつとめる。

    一〇 わたしはダビデのいえおよびエルサレムの住民じゅうみんに、めぐみといのりれいとをそそぐ。かれらはそのしたものとき、ひとりのためになげくようにかれのためになげき、ういごのためにかなしむように、かれのためにいたくかなしむ。

    一一 そのには、エルサレムのなげきは、メギドの平野へいやにあったハダデ・リンモンのためのなげきのようにおおきい。

    一二 くにじゅう、氏族しぞくおのおのわかれてなげく。すなわちダビデのいえ氏族しぞくわかれてなげき、そのつまたちもわかれてなげく。ナタンのいえ氏族しぞくわかれてなげき、そのつまたちもわかれてなげく。

    一三 レビのいえ氏族しぞくわかれてなげき、そのつまたちもわかれてなげく。シメイの氏族しぞくわかれてなげき、そのつまたちもわかれてなげく。

    一四 その氏族しぞくみなわかれてなげき、そのつまたちもわかれてなげくのである。