ゼカリヤ書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 レバノンよ、おまえのもんひらき、おまえの香柏こうはくほろぼさせよ。

    2 いとすぎよ、さけべ。香柏こうはくたおれ、みごとなは、そこなわれたからである。バシャンのかしよ、さけべ。しげったはやしたおれたからである。

    3 け、牧者ぼくしゃさけこえを。かれらのさかえがったからである。け、ししのほえるこえを。ヨルダンのくさむらがてたからである。

    4 わがかみしゅはこうおおせられた、「ほふらるべきひつじれの牧者ぼくしゃとなれ。

    5 これをものは、これをほふってもばっせられない。これをものう、『しゅはほむべきかな、わたしはんだ』と。そしてその牧者ぼくしゃは、これをあわれまない。

    6 わたしは、もはやこの住民じゅうみんをあわれまないと、しゅわれる。よ、わたしはひとをおのおのその牧者ぼくしゃわたし、おのおのそのおうわたす。かれらはあらす。わたしはかれらのからこれをすくさない」。

    7 わたしはひつじ商人しょうにんのために、ほふらるべきひつじれの牧者ぼくしゃとなった。わたしは二ほんのつえをり、その一ぽんめぐみとづけ、一ぽんむすびとづけて、そのひつじぼくした。

    8 わたしは一かげつ牧者ぼくしゃにんほろぼした。わたしはかれらに、がまんしきれなくなったが、かれらもまた、わたしをみきらった。

    9 それでわたしはった、「わたしはあなたがたの牧者ぼくしゃとならない。ものに、ほろびるものほろび、のこったものはたがいにそのにくいあうがよい」。

    10 わたしはめぐみというつえをって、これをった。これはわたしがもろもろのたみむすんだ契約けいやくを、はいするためであった。

    11 そしてこれは、そのはいされた。そこで、わたしにそそいでいたひつじ商人しょうにんらは、これがしゅ言葉ことばであったことをった。

    12 わたしはかれらにかって、「あなたがたがもし、よいとおもうならば、わたしに賃銀ちんぎんはらいなさい。もし、いけなければやめなさい」とったので、かれらはわたしの賃銀ちんぎんとして、ぎん三十シケルをはかった。

    13 しゅはわたしにわれた、「かれらによって、わたしがられたそのたっとあたいを、みやのさいせんはこれよ」。わたしはぎん三十シケルをって、これをしゅみやのさいせんはこれた。

    14 そしてわたしはむすびというだい二のつえをった。これはユダとイスラエルのあいだの、兄弟きょうだい関係かんけいはいするためであった。

    15 しゅはわたしにわれた、「おまえはまたおろかな牧者ぼくしゃうつわれ。

    16 よ、わたしはにひとりの牧者ぼくしゃおこす。かれほろぼされるものかえりみず、まよえるものたずねず、きずついたものをいやさず、すこやかなものやしなわず、えたものにくらい、そのひずめをさえものである。

    17 そのひつじれをてるおろかな牧者ぼくしゃはわざわいだ。どうか、つるぎがそのうでち、そのみぎつように。そのうでまったおとろえ、そのみぎまったえなくなるように」。