聖典
詩篇55
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第55篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってことをもってうたわせたダビデのマスキールのうた

1 かみよ、わたしのいのりみみかたむけてください。わたしのねがいをけてかくさないでください。

2 わたしにみこころをとめ、わたしにこたえてください。わたしはなやみによってよわりはて、

3 てきこえと、しきもののしえたげとによってくるいそうです。かれらはわたしになやみをのぞませ、いかってわたしをくるしめるからです。

4 わたしのこころはわがうちにもだえくるしみ、おそれがわたしのうえちました。

5 おそれとおののきがわたしにのぞみ、はなはだしいおそれがわたしをおおいました。

6 わたしはいます、「どうか、はとのようにつばさをもちたいものだ。そうすればわたしはってやすきをるであろう。

7 わたしはとおくのがれって、宿やどろう。〔セラ

8 わたしはいそ避難ひなんして、はやてとあらしをのがれよう」と。

9 しゅよ、かれらのはかりごとをやぶってください。かれらのした混乱こんらんさせてください。わたしはまちのうちに暴力ぼうりょくあらそいとをるからです。

10 かれらはひるよるまち城壁じょうへきうえあるきめぐり、まちのうちには害悪がいあくなやみとがあります。

11 またほろぼすことまちのうちにあり、しえたげとあざむきとはその市場いちばはなれることがありません。

12 わたしをののしるものてきではありません。もしそうであるならばしのぶことができます。わたしにむかってたかぶるものはあだではありません。もしそうであるならばかくしてかれけることができます。

13 しかしそれはあなたです、わたしとおなもの、わたしの同僚どうりょう、わたしのしたしいともです。

14 われらはたがいにたのしくかたらい、つれだってかみみやのぼりました。

15 どうぞ、かれらにのぞませ、きたままで陰府よみくだらせ、おそれをもってかれらをはからせてください。

16 しかしわたしがかみばわれば、しゅはわたしをすくわれます。

17 ゆうべに、あしたに、真昼まひるにわたしがなげきうめけば、しゅはわたしのこえかれます。

18 たといわたしをめるものおおくとも、しゅはわたしがたたかうたたかいからわたしをやすらかにすくされます。

19 むかしからみくらにしておられるかみいてかれらをなやまされるでしょう。〔セラかれらはおきてをまもらず、かみおそれないからです。

20 わたしのともはそのしたしきものばして、その契約けいやくやぶった。

21 そのくち牛酪ぎゅうらくよりもなめらかだが、そのこころにはたたかいがある。その言葉ことばあぶらよりもやわらかだが、それはいたつるぎである。

22 あなたのしゅにゆだねよ。しゅはあなたをささえられる。しゅただしいひとうごかされるのをけっしてゆるされない。

23 しかししゅよ、あなたはかれらをほろびのあなれられます。ながものあざむものとはおのがなかばもきながらえることはできません。しかしわたしはあなたにたのみます。